ブレーキ役も保護者の役目、強制的に休ませてください

さくら塾日記

 
 
 
 どなたか房総半島を覆う巨大な日傘を開発してくれませんかね。こんにちは、なまはげおじさんです。

 さくら塾のブログへようこそ。

 今日は保護者のみなさまに向けた内容のブログです。
 
 
 

ブレーキ役も保護者の役目

 2学期最初の1週間が終わりました。

 暑かったですなぁ・・・。
 
 

 今年は、休校の関係で、例年より1週間早く2学期が始まっています。

 まだ8月中旬の酷暑でのスタート。

 去年までならクーラーの効いた部屋でやり過ごせていたこのひどい暑さ、今年は学校で勉強したりさまざまな活動をしながら過ごしているわけです。

 いくら元気な10代とはいえ、そろそろカラダに何らかのダメージが出てもおかしくはありません。実際、今週、川崎市の小学校で、授業中に児童6人が病院に搬送されています。
 
 

 熱中症、

 お子さんは大丈夫ですか?
 
 

 ダウンする前兆として知られているのが、・・・
 

・いつもより動きがにぶい(=立ちくらみを起こしている、体がだるそう)

顔がほてっている(=熱がある、体温がいつもより高い)

トイレに行く回数が多い(=お腹の調子が悪そう、吐き気がある)

がやたらに出る、汗がまったく出ない

 ・・・といったところ。
 

 体育祭が終わるまでの間は、いつも以上にお子さんのようすを注意深く観察するようにしてあげてください。これまでに見聞きしてきたところでは、本人は危険な状態になりつつあることに気がついていないケースが多いのです。
 

 そう、本人はまったくの無自覚で、突然バッターンとひっくり返ることもあるんですよ。
 

 もし、
 

ママン
ママン

(あ、これはアカン!)

 
 となったら、勇気を出して、強制的に休ませましょう

 ブレーキ役も、保護者の役目ですぞ。
 
 
 

3年保護者のみなさまへ

 この時期の3年生はとってもハードです。

 昼、最後の体育祭だからと気持ちを入れまくって活動。

 夜、テスト対策や受験勉強で必死に机にかじりつく。

 そして今日、この暑さの中で、君津高校の学校説明会。
 

 もうね、熱中症でひっくり返る可能性が高いのではないかと、大変心配しております。

 特に今日。

 君高から帰宅したあと。

 熱が、カラダにこもっているかも・・・。
 

 勉強しなきゃと机に向かっていても、ちょっとでも違和感があったら保護者権限で強制的に休ませてください。

 ちゃんと休めば、明日には復活できるはず。

 焦ることはありません。
 
 
 

1・2年保護者のみなさまへ

 さくらっ子によると、新人戦を実際に行うかどうかはまだ不透明のようですが、だんだんと部活動が活発になっているようです。

 新チームでレギュラーになりたい、

 そう意気込んでがんばる人が多い時期です。

 目標を持って一心不乱に打ち込むことは素晴らしいですし、そうした経験こそが後の人生にプラスになるのは間違いありません。
 

 しかし、だからこそ、周りの大人は、ブレーキ役にならねばなりません。多少の不調もガマンしてがんばっちゃうのが中学生ですから。

 本人は「多少の不調」程度で休んでいられない、なんてハナイキ荒く構えているかもしれませんが、熱中症を軽く見てはいけません。

 熱中症って、命を落とすこともあるのです。
 

 ガンバルゾーと部活に向かおうとしていても、ちょっとでも違和感があったら保護者権限で強制的に休ませてください。
 
 
 
 
 

 以上、熱中症のお話でした。甘く見てはいけませんぞ!

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました