トップページ 19/12/03

本日のブログ NEW!

【2019】千葉県公立高校の過去問集の選び方講座

君津 進学塾

君津 進学塾

 
 

さくら塾は木高・君高をはじめとする公立上位校に本気で進学したい人のための進学塾です

 木高・君高への進学塾などと書くと、なんだか大手の●●塾君津校のような、たくさんの生徒と若々しい先生方みたいなイメージを与えるかもしれません。違うのです、顔の長いおじさんが1人で教えているちっちゃな塾なんです。

 『少人数一斉』『じっくり数学』『基礎徹底』の3つを柱にすえて、毎日さくらっ子とわいわい頑張っています。

 木高・君高に進学するための3つの柱、さっそくご紹介します。
 
  

さくら塾の特長その1;少人数一斉

  大きな塾が「質問しづらく、『その他大勢』のひとりとして扱われている気がする」のは、教室の生徒が多すぎてひとりひとりを見られないからです。

 先生が頻繁に交代しがちなのが『個別指導あるある』。「ウチの子を本当に理解して指導してくれているのか心配」と不安の声を伺うことも……。

 さくら塾の少人数一斉指導には、仲間と刺激し合える集団授業の良さがあります。また、ひとりひとりの表情を見て名前を呼んで、丁寧にアドバイスできる個別指導の良さも併せ持っています。シンプルですが非常に学習効果が高いのです。
 

さくら塾の特長その2;じっくり数学

 木高・君高などの学区上位校を目指す上で最大の壁になるのは、積み上げ型の教科である数学です。理科や社会のように単元ごとにやり直しのできる教科とは違い、一度つまずくと学校の授業についていくことが難しくなり、通知票でも厳しい評価をされてしまいます。

 そこでさくら塾では、授業時間のほぼ半分を数学に使い、基礎・基本を身につけられるようじっくり指導しています。
 

さくら塾の特長その3;基礎徹底

 公立高校入試では、すべて教科書に記載されている内容から出題されます。一見難しく見える問題も、基礎・基本の複合でしかないのです。ですから、さくら塾では基礎・基本の指導にこだわっています。
 

基礎徹底1;自分で説明できなければダメ

 理解できたかの判断基準は、自分の言葉で説明できるかどうか。
 「なぜそうなるのか、説明できる?
 と、しょっちゅうさくらっ子に問いかけています。
 

基礎徹底2;宿題は反復の第一歩

 毎回必ず宿題が出ます。宿題をやることがそのまま授業の復習になりますから、丁寧に取り組むよう指導しています。

 さくらっ子に大量の宿題を出せば短期的に成績を上げることは可能ですが、それは自学自習とはいえません。そう考えて、大量の宿題を出すのはやめました。

 量こそ少ないですが、 宿題は徹底反復の1周目
 宿題をしっかりやることは、まさに基礎徹底です。
 

基礎徹底3;授業最初にミニテスト

 時間になったらすぐに新しい内容の学習を始めるわけではありません。
 さくら塾では、授業の初めにミニテストを行います。

 公立入試の配点を意識して、毎回30点満点で作ってあります。
 得点は教室に掲示され、その結果によって翌月の座席が変更されます。
 目に見える切磋琢磨の部分ですね。

 出題は、前回の授業内容から。
 つまり、宿題として復習してきた内容が、そのままテストになっているわけです。
 満点とって当たり前なのです。

 家でしっかり復習して前回内容を身につけることができているのか、その定着の度合いが数値化されます。言い換えれば、どれだけ質の高い自学自習ができたかが点数化されるということ。成績が好調なさくらっ子ほど、ミニテストの得点にこだわる傾向があります。
 

基礎徹底4;単元末には『ブルームテスト』

 通称ブルテ、単元末テストです。
 公立入試に必要になる基礎・基本に絞って作成しています。

 このブルテ、実は合格できるまでその教科の授業に参加できなくなってしまいます。そのためさくらっ子は必死で勉強してきます。

 苦手な単元のときなどは、授業日以外に自習室に来て、何度も追試に挑戦することになります。すると、結果としてたくさんの基礎問題を解くことになりますから、基礎力がめきめきと向上していきます。

 ブルテを通じて、さくらっ子はその単元の基礎力を確実に向上させているのです。
 

基礎徹底5;定期テスト対策も全力で取り組みます

 全力で取り組むなどと書くと誤解を生みそうですが、 テスト勉強の具体的な指示はなるべく控えています。できるだけ口出ししないで、さくらっ子自身にどのような方法で勉強すべきかを考えさせながら、自学自習を進めさせています。

  定期テストは結果ももちろん大切ですが、自学自習を試行錯誤する機会という意味で、過程こそが重視されるべきと考えています。
 ですから、過去問の配布などの禁じ手は一切行っておりません。そんなことをしてしまうと、自学自習のやり方が身につかないので、いざ受験勉強となってもその進め方がわからず、大事なところで苦しむことになるからです。

 定期テスト対策として、1週間前には『学校のワーク1周目』の点検をし、また『英語教科書チャレンジ』で教科書学習の仕上げをします。直前の土日は全員でテスト勉強をする『桜吹雪の日』で徹底的に反復しています。
 

基礎徹底6;ひとりひとりをしっかり見ています

 ちっちゃな塾の最大の長所です。

 ひとりひとりの表情を見て、名前を呼んで、ほめて、叱って、励まして。
 その成長に感激して。

 なまはげおじさん、毎日大忙しです。
 

基礎・基本の徹底反復に勝るものなし

 さくら塾の学習サイクルをざっとまとめると、・・・

  1. さくら塾の授業
  2. 宿題など自学自習
  3. 『ブルテ』
  4. 学校の授業
  5. 学校のワーク1周目
  6. テスト前に『桜吹雪の日』での徹底反復
  7. 定期テスト
  8. 間違えた問題の解き直し

 これがさくら塾の基礎・基本の徹底です。
 

さらに詳しく・・・

 こちらのサイトでは、『さくら塾の自己紹介』というシリーズで、より詳しくさくら塾を説明しています。
 順次記事を追加しておりますので、どうぞご覧ください。
 

こんな塾です
さくら塾って、どんな塾なの? こちらの自己紹介記事をご覧いただき、イメージをつかんでいただけたらうれしいです。


図書館のすぐそばです

 さくら塾は、君津中央図書館のすぐそばにあります。
 君津市役所のすぐそばですね。 
 住所は、君津市久保2-6-7 です。   
 

  
 大通りを入ったところですので、落ち着いた雰囲気です。
 エトワール君津という大きなマンションの目の前です。  
 目立つ看板などはありませんが、1Fですので迷うことはないかと思います。 
 (駐車場がございませんのでご注意ください。)
 

お問い合わせ
 さくら塾へのお問い合わせは、こちらからお願いします。 なお、お電話の対応は平日の 14:00 - 17:00 とさせていただきます。 

 

さくら塾のブログを読む