千葉県公立入試の記述問題の攻め方講座

千葉県の高校入試

 
 
 
 成人式→私立高校入試→大学入学共通テストとビッグな行事が連発する中の緊急事態宣言に胃の痛みが増しているなまはげおじさんです、こんにちは。

 さくら塾のブログへようこそ。

 今日は、入試の記述問題についての特集です。
 
 
 

記述問題について

 千葉県公立入試では、国語の作文だけでなく、どの教科にも記述問題があります。

 記述問題が苦手な人?
 

はーい

はーい

 
 うむ、結構多いんですよね。
 

大丈夫、そんなに難しいことが求められているわけじゃないんだよ

 
 千葉県公立入試の記述問題、実際に解いてみましょう。
 
 
 

実際の入試問題は?

 記述問題の具体例として今日扱うのは、令和2年度(現高1)千葉県公立入試前期選抜、社会の大問2(3)です。この問題は、下の画像だけで十分解答できるものです。
 

 
 それでは解いてみましょう。

①指定された語で短文を作る

 ことばの指定がありますね。今回は2語です。「2語だから、おそらく2文必要なのだろう」と考えるのがコツです(例外もあります)。さっそく2文作ってみましょう。

・移動時間 → 移動時間が短くなった
・活発 → 人の行き来や物流が活発になった
 

②接続語でつなぐ

 次は、これらを接続語を用いてつなぎましょう。今回は接続助詞でこうしてみます。

移動時間が短くなり、人の行き来や物流が活発になった
 

③空欄に合うよう語尾の調整

 さらに、空欄に違和感なく合うように、語尾を調整しましょう。今回は、「~になりました」にスムーズにつながればOKですね。こんな感じでしょうか。

移動時間が短くなり、人の行き来や物流が活発
 

④字数指定に沿って整える

 最後に、字数指定に沿うように整えます。今回は20字以内という指定ですが、数えてみると21字もあります。いけません、これではオーバーしています。

移動時間が短くなり、人の行き来や物流が活発

 さて困りましたよ。たった1字縮めるだけですが、単純に何かを削るのは無理そうです。

 こういうときは、言い換えです。ほぼ同じ意味で別の表現の単語に言い換えてしまいましょう。

 今回はそうだなぁ……「行き来」を言い換えるのがよさそうです。ほぼ同じ意味で、2語の別の単語に変更しましょう。例えば、「往来」とか、「移動」などが思い当たりますね。

移動時間が短くなり、人の移動や物流が活発

 これでぴったり20字、完成です。

 県教委発表の正答は……
 

 
 うむ、これならどこの高校でもマルがもらえるでしょう。
 
 
 

公立入試の記述問題

 まとめるとこうなります。

・指定語の数だけ短文を作る
・それらを接続語でつなぐ
・語尾を出題文につながるように調整する
・指定字数以内に整える(言い換え)

 ね? それほど難しいものではないでしょう?

 がんばろうね、受験生!
 
 
 
 
 

 以上、記述問題についてのお話でした。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました