あの人気私立高校が大改革するらしい!?

千葉県の高校入試

 
 
 
 なまはげおじさんです、こんにちは。

 さくら塾のブログへようこそ。

 今日は地元私立高校のお話です。
 
 
 

木更津総合、大改革!?

 君津学園ってわかります?

 木更津総合と市原中央だけでなく、

 清和大学や清和短大、

 そして3つの附属幼稚園を擁する学校法人です。
 

 先日、その君津学園の入試センターの鈴木先生が訪問してくださいまして、いろいろお話を聞かせてくださいました。

 私と同じ高校・同じ大学のご出身だそうで、勝手に親近感を抱いてしまいました。顔は向こうの方がカッコイイですが、顔の大きさなら私の勝ちです。

 さて、みなさんにも情報をシェアしますね。
 
 
 

木総合、変わります!

 地理的に市原中央を志望校に含めている人は多くないと思うので(鈴木先生ゴメンナサイ)、木更津総合に絞ってまとめますぞ。
 

 現在、木総合は「特別進学コース(2クラス)」と「総合コース」に分かれています。

 これを新年度から、「特別進学コース(1クラス)」「進学コース(2クラス)」「総合コース」の3つにするそうです。

 「進学コース」、新設です
 
 

 「特別進学コース」、こちらはみなさんご存じですな。今春は、現役で千葉大に合格者を出したそうです。大学進学における木総合の顔。

 新設される「進学コース」は、その「特別進学コース」と同じカリキュラムを受けられるそうです。ターゲットは、中堅国公立・私立大学とのこと。

 ふぅむ。

 これはあれですかね、

 木総合は大学進学実績をこれまで以上に重視していくぞ、という決意の表れですかね。
 

 「私立を受けるならどこにする?」というアンケートを地元の中学生にしたら、間違いなくNo.1はこの木総合。

 生徒がたくさんいる、
 (自分にあう友だちが見つかる)

 いろんな部活がある、

 施設が整っている、

 卒業後の進路が豊富、

 そんな中学生を引き付けるよう要素がたくさんありますからね。
 

 その人気私立校が、大学進学をこれまで以上に重視する姿勢を打ち出すのなら、地域全体への波及効果は相当なものになるのはないでしょうか。

 これはずいぶんと大きな改革ですぞ。

 木総合の3年後が楽しみです。
 
 
 

出題教科・出題範囲

 はい、入試情報です。
 

 出題教科はこれまでどおりの国語・数学・英語だそうです。

 それに加えて面接アリ。

 まぁオーソドックスなセットですな。
 
 

 出題範囲は、公立のそれに合わせることになるようです。

 つまり、数学の「標本調査」のみカット。

 うむ、予想通り。 

 もし、秋から冬にかけて中学校が再び休校になるようなことがあったら、変更もあるかもしれません。
 
 
 
 
  

 以上、君津学園の木更津総合についてのお話でした。ちなみに市原中央からは、現役で千葉大医学部に合格した生徒が出たそうです。大ニュースですよね! ・・・中学生にはピンとこないかな。どう表現すれば伝わるかなぁ・・・県千葉でも3人しかいないんですよ、千葉大の医学部に現役合格なんて。市原中央に入学してから、グングン学力を伸ばしたってことですね。・・・ただ君津からだと遠いんだよなぁ(涙)。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました