高校の普通科が、4つに分割される???

千葉県の高校入試

 
 
 
 あなたの身近に泣く子はいませんか? 紳士的ななまはげおじさんです、こんにちは。

 さくら塾のブログへようこそ。

 今日も高校のお話、これで5日連続ですな。コロナ禍で教育現場が大騒ぎになる中、文部科学省はその先を見つめて、高校改革を進めるようですぞ。
 
 
 

高校の普通科、分割されるかも

 今朝の某新聞より。
 

 
 実は、昨日のwebニュースでおおまかなところを聞いていたのですが、その私でもこの記事はなんだかわかりくい(笑)。

 それでは、私なりにこのニュースを解説してみます。
 
 
 

今の高校は3種類ある

 これね、高校の学科の種類についてのお話なんです。
 

 高校の学科が2種類だけだった時期から、話を始めましょう。

 昔の高校は、大きく分けて2つの学科がありました。

【昔の高校】

普通科

専門学科
 工業科
 商業科
 園芸科など

 
 高校には、普通科と専門学科がある・・・今でもこういうイメージでとらえている方がいるかもしれませんね。

 実は違うんです。

 今は、下のように変わっているんです。

【現在の高校】

普通科

総合学科
 普通科+専門学科のイメージ
 幕張総合や君津青葉など

専門学科
 工業科
 商業科
 園芸科など

 
 社会の変化に合わせて、総合学科ができたのです。普通教育と専門教育の両方を受けられるというもの。君津青葉などはイメージしやすいかもしれません。元・君津農林です。農業や林業についても学ぶことができます。幕総はまったくのナゾですが。普通教育と「部活動の専門教育」かな???
 
 
 

数年後、普通科が分割される

 さてさて。

 現在、日本の高校生の7割は普通科に通っています。これについて文科省は、「高校ごとの特色が薄く、画一的な教育が生徒の意欲をそいでいる」ととらえているようです。

 そこで、改革をするのだそうです。
 

 普通科を、次の4つに分割! 

 今までと同じ「普通科」、文系・理系の枠組みを超えて学ぶ「学際融合学科(仮)」、そして少子高齢化など地域社会の課題解決などを学ぶ「地域探求学科(仮)」、最後に「スポーツ・芸術科(仮)」。
 

 ・・・とまぁ、そういう内容の記事だったわけです。

 つまり、数年後にはこうなるわけですな。
 

【数年後の高校】

普通科
 普通科
 学際融合学科
 地域探求学科
 スポーツ・芸術科

総合学科
 普通科+専門学科のイメージ
 幕張総合や君津青葉など

専門学科
 工業科
 商業科
 園芸科など

 
 

高校卒業後を考えた志望校選択を

 複数の記事を読み比べて感じたことをまとめます。 

 文科省はこんなイメージかな???
 

 高校受験で志望校を選ぶときに、
 

とりあえず普通科にしとこう

 
 という選び方はさせたくない。

 自分自身の進路を考えて、
 

大学に行きたいから普通科!

大学進学はしないので学際融合!

高校卒業後に地域に貢献したいので地域探求!

部活命なのでスポーツ科!

 
 そんな進路選択をしてほしい、

 ということではないかな?

 学際融合学科(仮)がどんな授業を行うのか、私にはさっぱりイメージがわきません。ここでは「大学に行かないので」としましたが、ひょっとしたらそうではないかもしれません。あしからず。
 
 

 ・・・みなさん、G型・L型って、覚えてます?

 グローバルな人材を育成する大学と、ローカル(地域)に貢献する人材を育成する大学に分けるという考え方。調べたら、あれ2014年のお話でした。もう6年も経ったんですなぁ。

 今回の高校普通科改編、大学のG型・L型のお話を連想してしまいました。
 
 
 
 
 

 以上、高校普通科を文科省がいじろうとしているというお話でした。私がもっとも気になったのは、記事の最後です。
 

 文科省は同年(21年)3月までに省令を改正し、21年度から新学科の生徒募集、22年度から設置をできるようにする方針だ。

 
 22年度の新入生は、学際融合学科(仮)や地域探求学科(仮)の初年度生になるわけですか。ずいぶん急な話だなぁ。

 22年度の新入生って・・・現中2!?

 あまりに急では!?
 
 
 

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました