人は本気で話を聞こうとすると、瞳からビームが出る

さくら塾日記

 
 
 
 なまはげおじさんです、こんにちは。さくら塾のブログへようこそ。

 今日のブログは短めに。昨日の教室のお話です。
 
 
 

そうだ、この目だよ

 昨日の夕方、玄関のガラス戸が静かに開くのに気づきまして。おや、とパソコン画面から顔を上げると、2人の顔が見えたのです。
 
 

 あらまぁ。

 この3月に卒業していったさくらっ子OBじゃないですか。
 

おー! 久しぶりー!

 
 あ、2人とも、なんだか複雑な表情をしてる。

 数ヶ月前まで毎日のように通っていた空間だけど、今はもう、昔の話なわけで。きっと、ガラス戸を開ける前にイメージしていたことが、過去の思い出になってしまったことに気づかされたんだろうな。

 それとも、数メートル先の自習ブースで黙々と自習している後輩さくらっ子の後ろ姿を見て、不安を振り払うように自学に没頭していた数ヶ月前の自分がフラッシュバックしたのかもしれない。あれは、いつかの私だ。そんなことを思ってたのかも。
 
 
 

 近寄って話しかけたら、人懐こい笑顔が。

 おぉ、変わってない(笑)。
 

 ん?

 いやいや、変わったところを発見。

 ヘアスタイル、なるほど、それが高校生バージョンか(笑)。
 
 
 

 私はおじさんなので、正直に告白すると高校生の制服に疎い。よくわからない。街を歩く生徒を見ても、どこの高校に通っているのかサッパリだったりする。特に私立については制服変更がしょっちゅうなので、私にとっては難易度がかなり高い。難易度って何だ。

 そんな私でも、見た瞬間に高校名がわかるのが、木高の制服だ。なにせ母校なので3年間見続けたからさすがに忘れない。昨日OBが着ていたので久しぶりに間近で見たけど、懐かしいなぁ、ずっとデザイン変わらないんだねぇ。なんていうか、シュッとしててカッコイイよね。とても似合っていたし、なんだかまぶしく見えたなぁ。

 千葉東の制服は、おそらく初めて見た・・・と思う。いやいや、そんなはずはないか。西千葉駅に4年間通っていたので、ほぼ毎日目に入っていたはずだもの。しかし、やっぱり記憶にはないんだよなぁ。おじさんだけど、仕事柄もう少し制服に興味を持たないとアカンなぁ。いかにも賢そうな制服でステキでしたが、夏服にニットは暑そうな気も・・・そんなことないのかな。
 
 

 高校でも、ランチはみんな前を向いて、黙々と食べているそうで。うーん、今はそれが当たり前なのかもしれないけれど、友だちづくりが難航しそう。2人は笑顔で、それは大丈夫と言ってくれてホッとした。なんだかんだうまくやれているみたい。表情からもそれは伝わってくる。いいね!
 
 

 千葉東は文化祭が中止とのこと。昨年の東雲祭を見学に行って、キラキラと輝くような表情でそのようすを教えてくれてたっけ。なんだか、いろいろとガマンを強いられる学年だよね。本当に残念。来年は開催できるといいんだけどな。

 木更津は、なんと木高祭をどうするかいまだに検討中らしい。ホームページの行事予定には一切記載がないので、てっきり中止になったものかと思いこんでいたおじさんはビックリである。幕総の文化祭は外部シャットアウト方式で開催するそうだが、木高祭を行うならぜひ受験生には見学させていただきたい・・・ムリかな。
 
 
 

 別れ際。

 学習面についてのアドバイスをした。

 ごくごく短い、時間にして30秒に満たないもの。
 

3月の「ケーキを食べる会」で言い忘れちゃったことなんだけど・・・

 
 と語り始めた途端。
 

 2人の目が、

 ギンッ!

 まるでスイッチが入って、瞳からビームが出ているかのよう(笑)。
 

 そうだった!

 懐かしい!

 この目だよ。

 授業ではいつもこうだったっけ。

 つい数秒前まで笑い転げてたのに、自分でカチッと切り替えるんだよね、未来の自分を切り拓くモードに。それが目に表れるんだ。

 「あ、私にとって大事な話だ!」

 「よし、吸収するぞ!」

 「自分のものにするぞ!」

 そうやって3年間過ごしてきたんだよね。
 

 うん、変わってない!

 君たちなら、きっと高校でも大丈夫。
 

 またいつか遊びに来てね。
 
 
 
 
 

 以上、OBが顔を出してくれたお話でした。現役3年さくらっ子も、最近、似たような目で話を聞くようになってきました。少しずつ、受験生になってきてるのかなぁ・・・。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました