君津駅から短い時間で通える公立高校ランキング!

千葉県の高校入試

 
 
 
 こんにちは、なまはげおじさんです。こちらは千葉県君津市のさくら塾。全国に似た名前の塾がたくさんありますのでお間違えなきよう。さくら塾のブログへようこそ。
 
 
 

 今日のブログは、以前書いた公立高校について記事、データを更新したものです。

 テーマは、通学時間
 

 中学生のみなさんが、
 

さくらっ子
さくらっ子

この学校でセイシュンしたいなぁ・・・!

 
 とあこがれてしまうような高校を見つけられたとしても、通うのにあまりに時間がかかるのであれば、進学するのは勧められません。 

 放課後に友達みんなと遊んでいても、ひとりだけ途中で切り上げて帰らないといけないかもしれません。帰宅時間が遅くなってしまうため、部活動に参加することをあきらめなければならない、なんてこともあるかもしれません。大学進学を考えて塾や予備校に通おうとしても、その時間をとることが難しくなるかもしれません。 

 高校を選ぶときの条件には、通学時間を加えることをオススメします。

 ・・・というわけで、今回の特集を企画したのであります。君津駅からどれだけ時間がかかるかのランキングでございます。
 
 
 

ランキング、今回のルール

 地図上で見るとそれほど遠くないのに、実際に移動するのはとんでもなく時間がかかる、なんてこともありますよね。それは高低差のある地形の影響だったり、または公共交通手段がなかったりと、理由はさまざまです。

 社会の地理の教科書に載っていますね。「時間距離」。そこにたどり着くのにどれだけ時間がかかるかで距離を表す考え方。実生活では、直線距離よりも時間距離で考えるべき場面が多々あるものです。通学時間とは、まさに時間距離でもあります。今回は時間距離のランキングということですね。

 以下のルールで調べてみました。
 
 

スタートは君津駅に06:30とする

 今回のデータは、君津駅からどれくらい時間がかかるのかについてまとめたものです。

 googlemapでは、内房線には各駅停車のほかに快速電車も走っています。時刻によって検索結果が変わるんですな。そこで今回は、朝06:30に君津駅のホームに立っている状態からスタートするものとします。

 そうそう、君津市民のみなさん、自宅から君津駅までにかかる時間も考慮してくださいね。君津駅まで5分程度で十分という周西南中生もいれば、たっぷり20分はかかるという八重原中生もいるはず。実際に自分がその高校に通うことになったら朝何時に家を出ればいいのか、そんなことを考えながら読んでみてください。
 
 

すべてgoogle先生基準とする

 今回の資料はすべてgooglemapで調べたものです。あくまでも参考程度でお願いします。

 その高校に現役で通っている生徒のみなさん、
 

近道があるので実はもっと短い時間で行けるよ

 
 などの情報をお持ちでしたら、そおっと教えてください。

 なお、google先生が示す「徒歩」とは、分速80mのようです。800mを10分間で移動する速さですが、google先生には疲れるとかペースが落ちるとかいう概念がないので、そのあたりのことも含めて、だいたいこれくらいかかるんだなぁ、と見ていただければ助かります。
 
 

乗り換えの時間は考慮しないものとする

 電車の接続は、結構厄介なんですよね。時間帯によってかなり状況が変わるものです。都会と違って内房線の電車の本数は多くありませんから、高校生が駅のホームで電車が来るのをぼんやりと待っている、それが日常の風景でもあります。

 そこで、今回のデータでは、乗り換えの電車待ちの時間は一切考慮しないものとしました。

 たとえば、蘇我駅で乗り換えるとします。電車が駅へ着いてドアが開き、トコトコ歩いて別のホームへ移動したら、乗り換える電車は必ず到着していて、それに乗り込んだ瞬間に扉が閉まって発車する・・・

 という条件のもとでデータを作成しました。理科でいうところの「なお、空気抵抗はないものとする」「なお、摩擦はないものとする」と同じです。もう空想の世界のお話ですね(笑)。

 電車だけではなく、バスも同じでございます。バス停には必ずバスが待っていて、乗り込んだ瞬間に「ぷっしゅーっ」と扉が閉まって発車するものとしています。
 
 
 

今回のエントリー選手の紹介

 それではさっそく今回のエントリー選手をご紹介いたします。第9学区と、それに隣接する第1・7・8学区の公立高校のみなさんです。

 校名を上げていくと結構大変なので、地図でご紹介しますね。☆のマークがついているところに、公立高校があります。 はいどうぞ!
 
 

 
 
 (しまった、こんなにあったのか)

 通いやすいかどうかを気にしなければ、第9学区の中学生が受験できる公立高校って、意外に選択肢は多いんですね。

 すべて調べたつもりですが、抜けもあるかもしれません。特に第1学区。学校の数が多いんですよー。お気づきの方は優しく教えてくださいね(笑)。
  
  
 

君津駅からどれだけかかるの?

 まずは学区ごとに紹介していきますね。どの学区においても、時間のかかる順に掲載しました。
 
 

第1学区の部

 
 
 第1学区、千葉市ですね。

 さすがは県庁所在地、都会であります。公立高校の数が、とーっても多い。電車にバスにモノレールと交通の便は良さそうですが、そうだとしても、君津からは遠かった・・・。

 以下、君津駅から時間がかかる順です。
 

 泉高校    109分(内房線千葉駅+モノレール+バス+徒歩1分)

 柏井高校    88分(内房線+総武線津田沼駅+新京成線+京成本線+バス+徒歩11分)

 千葉南高校  85分(内房線本千葉駅+バス+徒歩11分)

 犢橋高校   81分(内房線+総武線稲毛駅+バス+徒歩7分)

 若松高校   79分(内房線+成田線都賀駅+徒歩17分)

 千葉北高校  75分(内房線+総武線稲毛駅+バス+徒歩6分)

 磯部高校   73分(内房線+京葉線検見川浜駅+徒歩20分)

 幕張総合高校 73分(内房線+京葉線海浜幕張駅+徒歩16分)

 千葉西高校  71分(内房線+京葉線検見川浜駅+徒歩18分)

 市立稲毛高校 71分(内房線+京葉線稲毛海岸駅+徒歩20分)

 千城台高校  70分(内房線+成田線都賀駅+モノレール+徒歩5分)

 市立千葉高校 66分(内房線+総武線稲毛駅+徒歩15分)

 土気高校   65分(内房線+外房線土気駅+徒歩14分)

 千葉女子高校 62分(内房線+総武線稲毛駅+徒歩11分)

 検見川高校  61分(内房線+京葉線検見川浜駅+徒歩8分)

 千葉東高校  58分(内房線+総武線西千葉駅+徒歩10分)

 生浜高校   55分(内房線浜野駅+徒歩21分)

 千葉高校   54分(内房線本千葉駅+徒歩11分)

 
 自宅から君津駅までの時間などを考慮すると、第1学区の高校への通学時間はどこも1時間程度かかるようです。毎日往復で2時間から3時間失うことになります。うーん・・・。
 
 
 

第7学区の部

 
 
 第7学区、外房地域です。

 第9学区の東隣。ルール上、このエリアの公立高校にも進学することは可能です。通学することが現実的なのか、さっそく調べてみましょう。

 君津駅からの直線距離はそれほどでもないのですが、自家用車で乗りつけるわけにはいきませんので、時間距離はなかなかのものになっていますよ。
 

 大原高校   121分(内房線+外房線大原駅+徒歩13分)

 大多喜高校  107分(内房線+小湊鐵道上総牛久駅+バス+徒歩9分)

 茂原高校   104分(内房線+外房線茂原駅+バス+徒歩10分)

 一宮商業高校 91分(内房線+外房線上総一宮駅+徒歩8分)

 長生高校   86分(内房線+外房線茂原駅+徒歩12分)

 茂原樟陽高校 85分(内房線+外房線新茂原駅+徒歩15分)

 
 これはもう旅ですね。日帰り旅。テレ東の旅番組のロケを見学できるかもしれません。

 電車の本数自体も少ないので、実際にはもっともっと時間がかかるものと思われます。君津駅周辺の中学生が通うのは、現実的ではないですね。
 
 
 

第8学区の部

 
 
 第8学区、南房地域です。

 第9学区の南隣、公立高校の数は4校です。君津駅からかかる時間は、以下のとおりとなりました。
 

 長狭高校   113分(内房線安房鴨川駅+徒歩11分)

 安房拓心高校 96分(内房線南三原駅+徒歩9分)

 館山総合高校 85分(内房線館山駅+徒歩19分)

 安房高校    77分(内房線館山駅+徒歩10分)

 
 たしかにひどく時間がかかるんですが、乗り換えの必要がないのはいいですね。寝ていられますし、やろうと思えば勉強もできますし。

 余談その1。
 ここ数年、第8学区の最上位層の中には、安房高校ではなく第9学区の木更津高校を目指す人がじわじわと増えているようです。ライバルは、南からやってくる、のかもしれない。

 余談その2。
 第9学区最南端の富津市南部・浜金谷駅周辺に住んでいる中学生について。最上位層は県千葉か木高のどちらかを目指すでしょう。千葉東のある西千葉駅はあまりにも遠すぎますし。
 そこに届かない層にも、選択肢が2つ考えられます。浜金谷駅から下り電車に乗って安房高校のある館山駅までが26分、浜金谷駅から上り電車に乗ると君高のある君津駅まで32分。
 安房高校も、現実的な選択肢になるんですよね。そのあたりが、君津駅周辺とは異なるところです。
 
 
 

第9学区の部

 
 
 お待たせしました、われらが第9学区でございます。

 昨年度のデータをあらためて調べ直したら、時間が短縮される高校がたくさんあって驚きました。中には20分ほど短くなった高校も! ランキングがずいぶん入れ替わりましたよ。

 なお、次年度吸収合併される上総高校はリストから外しました。あらかじめご了承ください。
 

 市原高校   64分(内房線+小湊線上総牛久駅+徒歩8分)

 京葉高校   51分(内房線姉崎駅+バス+徒歩17分)

 市原八幡高校 51分(内房線八幡宿駅+徒歩20分)

 市原緑高校  48分(内房線五井駅+バス+徒歩0分)

 姉崎高校   45分(内房線姉崎駅+徒歩23分)

 天羽高校   44分(内房線上総湊駅+徒歩16分)

 袖ヶ浦高校  35分(内房線袖ヶ浦駅+徒歩21分)

 君津商業高校 26分(内房線大貫駅+徒歩11分)

 木更津高校  22分(内房線木更津駅+徒歩16分)

 君津高校   19分(徒歩19分)

 
 市原市は本当に広い!南北にも、東西にも。同じ第9学区とはいえ、君津駅からだとやっぱり市原市にある高校は時間がかかります。しかも5校すべてが駅から遠いときた(笑)。

 駅から遠いといえば袖ヶ浦が有名でしたが、今回の調査では徒歩21分と出ました。昨年は30分だったのに、えらく縮まりましたね。google先生、さては近道を見つけましたな?
 
 
 

君津駅から短い時間で通える公立高校ベストテン!

 以上4つの学区をまとめますよ!

 君津駅から短い時間で通える公立高校ベストテン、こちらです!
 

 1位 君津高校   19分(19分)

 2位 木更津高校  22分(16分)

 3位 君津商業高校 26分(11分)

  4位 袖ヶ浦高校  35分(21分)

  5位 天羽高校   44分(16分)

  6位 姉崎高校   45分(23分)

  7位 市原緑高校  48分(0分)

  8位 市原八幡高校 51分(20分)

  8位 京葉高校   51分(17分)

  10位 千葉高校   54分(11分)

 
 カッコ内は最寄駅からその高校までに徒歩でかかる時間です。

 優勝は、やっぱり君津高校でした(パチパチパチパチ)。そりゃそうですよね、地元ですもん。公共交通機関を使いませんし。
 
 
 

通学時間が短い=自由に使える時間が多い

 通学に時間がかからないというのはいいですよ。それだけ自由に使える時間が多くなるということですから。部活動に燃えるにしろ、大学受験に向けて勉強するにしろ、自由に使える時間が十分になければ、なかなかできることではありませんものね。
 
 
 
 
 

 以上、各公立高校が君津駅からどれだけ時間がかかるかというお話でした。中学生のみなさん、充実した高校生活を送りたければ、ぜひ通学時間にも興味を持ってくださいね。進学した高校で、思い切りセイシュンできるように、ね。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました