千葉県公立入試、クセが強すぎる国語の傾向と対策

千葉県の高校入試

 
 
 
 雪が降らなくてホッとしているなまはげおじさんです、こんにちは。さくら塾のブログへようこそ。

 
 
 
 今日は千葉県公立入試前期選抜の国語について、以前書いた記事を整理してみようと思います。読者として想定しているのは、1・2年生の保護者のみなさまです。

 次年度から千葉県公立入試はシステムを一新します。英語などは試験時間が延長されて60分になります。しかし、ほかの教科については目立ったアナウンスはありません。おそらく大きな変更はないのでしょう。

 ですから、これから3年生が挑もうとしている公立入試について知っておくことはプラスになるはず。そう考えました。1・2年生の保護者のみなさま、ちょっとしたお勉強のつもりで読んでみてくださいね。
 
 
 

千葉県の国語の特徴

 現在の千葉県公立入試は、国数英理社の5教科それぞれを50分・100点満点で行っています。県によっては60点満点なんてところや、50分ではないところもありますが、千葉県はいたってオーソドックス。 出題も基礎・基本に沿ったものばかりです。

 しかし、国語は別。

 出題がかなり独特なのです。どのように説明すればもっともわかりやすく伝わるか悩んだのですが、ここはやはり近隣の都県と比較をしてみるのがいいかなということで、表にまとめてみました。
 
 

 
 
 神奈川県の出題スタイルが、保護者のみなさまのイメージする国語、ではないでしょうか。 漢字などの基礎知識・説明文・物語文・古文 。これが昔からあるパターンですよね。東京都埼玉県では、それに加えて条件付き作文が出題されます。現行の学習指導要領を意識したものなのでしょう。

 そして我らが千葉県は、さらにそこに聞き取り検査まで加えてしまいました。どこも同じ50分間で行うテストなのに。うん、欲張りすぎですね。どうかしています。
 
 
 

 まとめますと、

 漢字などの基礎知識
 説明文
 物語文
 古文

 これらに加えて、千葉県の国語では、条件付き作文聞き取り検査があるのです。
 
 
 

条件付き作文について

 前期選抜では、前段・後段の二段落構成による200字作文が課せられます。配点は、12点。

 かなり時間のかかる大問なので、あえて作文はやらずにほかの大問だけに絞ろうか、などと考えたくなりますが、なにせ配点が12点です。非常に大きいですよ、12点は。合否に直結するだけの大きさです。この条件付き作文を捨てるのは、あまり賢い選択ではありません。くらいつかねばならないのです。
 
 
 

 ここからは、受検指導の最前線からの意見です。

 「私は作文なら得意だから大丈夫」なんて人でも、甘く見てはダメ。この条件付き作文については、対策をすることが絶対に必要です。理由は2つあります。
 

 まず、短い時間で、テーマに沿った内容を、条件を満たして書きあげることは、中学生には決して簡単なことではないからです。次の画像をご覧ください。
 
 

 
 
 これが実際の出題です。国語は著作権の関係でネット掲載不可なことが多いので、初めて見る方も多いかもしれませんね。いかがでしょうか。

 作文というよりは、いくつかの短文を並べて、筋の通ったまとまった内容にまとめる能力が問われているような出題なんです。中学生には簡単ではありませんよ。対策せずに本番で書ききるのは至難の業と言えるでしょう。
 

 「条件付き作文は対策をすべきである」というもうひとつの理由は、条件付き作文を書いた経験があまりない人が多いから。そもそも作文は苦手な人が多いです。めんどうだったり、掲示されるのが恥ずかしいなどの理由で、文を書くことを嫌がる中学生は少なくありません。書いたとしても、それは行事のまとめとして書くような、出来事やそのときの気持ちを好きに書いてよい作文ばかり。また、学校の国語の授業で「条件付き作文を熱心に指導してもらった」なんて話は聞いたことがありません。30人以上の作文を添削するのは大変ですからね、これはしょうがないのかな。一言でまとめると、圧倒的に経験不足。
 
 
 

 対策必須の条件付き作文ですが、実は部分点アリです。ですから、しっかりとした対策をすることさえできれば、誰でも本番で得点することは可能!

 ポイントは、過去問をやったら必ず誰かに添削してもらうこと。そして、アドバイスを参考にその文を書き直し、もう一度添削してもらうのです。このサイクルをくり返して回数を重ねていくと、だんだん千葉県式の条件付き作文に慣れてきますよ。3年さくらっ子も、みんなだいぶ上達してきました。特に毎日最低1つは私に作文を提出してきた人がいるのですが、かなり安定してきましたよ。オススメです。

※塾に通っていない3年生で、このブログを目にしたあなたへ。国語の先生にお願いして、添削してもらうのはどうでしょうか。丁寧にお願いすれば、引き受けてくださると思います。「うまく書けないから恥ずかしい」などとしり込みしていると、どんどん時間がなくなってしまいますよ。勇気を出して動き出しましょう!
 
   
 

聞き取り検査について

 聞き取り検査自体は、決して難しいものではありません。落ち着いて聞くことができて、メモができれば、誰でも得点できます。

 対策も必要ありません。毎日、クラスの担任の先生のお話や教科担任の先生の説明をちゃんと聞けているのであれば、それで十分です。
   
 
   

 ……対策は必要ないのですが、聞き取り検査で心配なのは、最初であること。ちょっとイメージしてください。
 
 
  

 あなたは今、第一志望の高校にいます。

 前期選抜のまさに当日です。

 見慣れない制服のライバルたち、

 みんなひどく賢く見えてきます。

 最初の教科は国語。

 心に余裕なんてありません、

 緊張でガチガチです。

 あ、放送が流れ始めた……!
 
 
 

 聞き取り検査で怖いのは、公立入試全体の最初の1問であること。精神的に落ち着かない状態で入ってしまうと事故を起こす可能性があるのです。それがコワイところです。
 
 
 

千葉の国語はクセが強い

 ここまで読んでくださった方ならお気づきかと思いますが、千葉県公立入試の国語は時間とのたたかいです。

 聞き取り検査がだいたい6~8分間程度でしょうか。結構奪われるんですよね。残り40数分で、漢字に説明文に物語文に古文、そして最後に控えている条件付き作文までやっつけねばならないのです。なかなかひどい話でしょう?

 時間に追われると、成績優秀な人であっても、国語が得意な人であっても、どんな人でもひどく慌てることになりがちです。落ち着かないこころは焦りを呼び、普段ならすぐに見つかる答えにも気づくことができず、時間がどんどん過ぎていってしまいます。千葉県公立入試の国語は、焦りとのたたかいとも言えます。

 パニックになりそうなこころをどうにかコントロールしつつ、必死に答案を仕上げていきます。なにせ最初の教科です、ここで大崩れしてしまったら・・・大変、ですからね。


 

 千葉県公立入試の国語は、時間とのたたかい、焦りとのたたかい

 
 
 
 時間に余裕をもって終わらせて、落ち着いて見直しをすることのできるような受験生は、おそらくほとんどいないのではないでしょうか。

 何と言いますか、千葉県公立入試の国語は、基礎力を問うというよりは精神力を問われるような(笑)、そんな非常にクセの強い構成になっているのです。
 
 
  

千葉県の国語、最近の傾向

 とにかく千葉県の国語は得点しにくいものだったのです。詰め込み過ぎですもん。県教委の先生方もさすがにやりすぎと感じたのか、実は最近の出題はかなりマイルドなものに変わってきています。

 こちらのグラフを見れば一目瞭然です。国語の前期選抜の平均点の推移です。
 
  

 
 
 100点満点のテストで、平均点が44.7(H25)はひどすぎますものね。定期テストでそんな平均点になってしまったら、問題を作成した先生が「いったいどうなってるんだぁー」と校長先生や教頭先生や学年主任の先生から怒られてしまいます(笑)。

 県教委としては、おそらく平均を黄色いラインにしたいのではないでしょうか。それより上だと、上位校の受験生に差が出にくくなりますし、下だと逆の現象が起きてしまいます。ここ数年は、ちょっと難易度を落とし過ぎ(=平均点が上がり過ぎ)かもしれません。

 今年の国語は、平均が55点前後になるのかな。どうかな。
 
 
 
 
 

 以上、千葉県公立入試の国語についてのお話でした。以前公開したときに比べると、文字数がほぼ2倍になっています。長すぎますな。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。
 
 
 

この記事についてのコメント

  1. いつも、楽しくブログを拝見させていただいています。
    今回の期末テストの範囲表で、一年生の国語で、聞き取りと、課題作文 160~180字 で、出題 される予定みたいです。その他、物語文、説明文、漢文、言語、漢字、
    盛り沢山、、、。 時間内に終わるかどうか、、、、。それよりも、課題作文 対策はしてくれてるのか、、、。
    他の教科も 範囲が広くて、テスト迄に範囲が終わるかどうか、息子も 心配してる様子。子供よりも、親の方が あたふたしてます。笑

    • コメントありがとうございます。
      ああ、あの学校の1年生ですね(笑)。1月の復習確認テストの平均点がまずいことになっていますから、学年スタッフの先生方もかなり気合いを入れていらっしゃるようですね。「期末テストの出題範囲表、もう配られたの!?」なんて会話をしたばかりです。
      課題作文ですが、「提出物・ポイント」の欄を見る限り、おそらく授業で事前指導があるものと思われます。
       
      今回、、5科計の平均点は、相当まずいものになりますぞ。英語・理科・社会が広すぎますもん。

タイトルとURLをコピーしました