【平成31年度入試】後期選抜 志願者数確定【過去データ】

千葉県の高校入試

君津の進学塾、さくら塾のブログへようこそ。この記事は、2019年2月27日に投稿したもののリライトです。

 

  後期選抜の『志願変更』が締め切られました。これ以上、その高校の志願者が増えることはありません。 
 さっそくデータを見ていきましょう。
 千葉県は高校の数もかなり多いですから、全日制だけに絞ってあります。あらかじめご了承ください。       
 

二極化する公立入試

 まず、「二極化」をキーワードに、全県のようすを見ていきましょう。

 「二極化」の軸は、人気校と不人気校、
 そして、都市部と郡部です。
 

二極化する人気校と不人気校

  まずはこちら、志願倍率が2倍以上の学校です。
        

  
 実に14校。
 公立高校の入試で倍率が2倍以上の学校が14校もあるなんて、昔じゃ考えられませんよね。よその県と比べても、珍しいんじゃないかなぁ。
 特定の高校・学科だけに受験生が集中しているようすがよくわかるデータだと思います。  

  逆に、席に余裕があるにもかかわらず、定員を満たすことのできなかった学校・学科は、49も出てしまいました。多すぎて掲載できません。

 驚かされたのが、安房高校です。
 第8学区の一番手校( こちらでいうところの木高のような存在ですね )までもが大きく定員割れしてしまいました。後期定員96に対して志願者数が84。えーッていう感じですよね。   

 二極化する人気校と不人気校。
 リストの学校名を見ていて気づくのが、地域格差です。     
  

二極化する都市部と郡部

  志願倍率2倍以上の高校のほとんどが、都市部にあることにお気づきでしょうか。2倍には届かないまでも高倍率の高校のリストには、千葉市・船橋市・柏市などの高校がずらっと並びます。

  一方、定員割れを起こした高校のリストには、郡部の高校ばかりが揃っています。第9学区の南に隣接する第8学区では、安房高校だけでなく、すべての学校・学科で定員割れという非常に深刻な結果になってしまいました。   

 都市部と郡部という、高校入試における地域による難易度の二極化が、おそろしいスピードで進んでいます。   

 いまの時点で、必死に努力しなければ志望校に進学できない都市部と、のんびり過ごしていても高校入試で苦労しない郡部、そんな違いができてしまっています。同じ県とは思えないほどです。もはや文化が違うというレベルかもしれません。   

 こうなってしまうと、高校進学後の学習環境の二極化も進むことでしょう。   

 入試で苦労した人の集まる高校では、そこが第一志望であってもなくても、大学進学を意識して勉強に力を注ぐ人も多いはず。この意味で、学習環境に期待が持てます。切磋琢磨できることでしょう。 
 そうではない高校は、……いろいろと、大変に、なるかもしれませんね。    

 さて、千葉市(=第1学区)と南房総市(=第8学区)とにはさまれた、我らが第9学区のようすをチェックしましょうか。 
      

第9学区のようす

 君津市・木更津市・富津市・袖ヶ浦市・市原市。東京湾沿いの県央5市が、第9学区です。第9学区の受験生は、第9学区および隣接学区(第1学区の千葉市など)の公立高校を受験することができます。
 

第9学区 平均倍率以上

 今回も、県千葉千葉東幕張総合の千葉市3校を加えました。
 人気の集まった高校のリストです。      
  

  
 表中の矢印は、昨年度比で大きく変化したことを表しています。

 今年の木更津はラクな倍率ではありませんが、去年に比べるとまだマシです。君津はその逆で、受験生が集まりましたね。これまでのデータから、現2年生の受験ではそれぞれ反動があるものと思われます。

  最上位校の県千葉を除けば、全体的に倍率は去年より低めになりました。    
   

第9学区 おだやかな倍率

  定員割れは起こさなかったけれど、全県平均倍率には届かなかった、そんなおだやかな倍率の高校です。       
 

 
 市原市4校が揃って倍率を落としたのが印象的です。少子化の影響でしょう。次年度、定員を変更することはありえるかな。どうだろ。 
  

 ここでわき道にそれますね。
 理数科について。 

 木更津理数科だけでなく、郡部の理数科は軒並み低空飛行です。       
 

 
 柏理数科は前期選抜のみで募集終了、県船理数科・市千葉理数科は毎年大人気。ここまでがいわゆる都市部です。

 佐倉は地域の伝統校で、ここの理数科もいつも受験生が集まります。長生理数科は今年だけ集まってしまいましたが、例年もっとおだやかです。……その他郡部の理数科、なかなかひどいことになっているでしょう? 

 やはり郡部は理数科をなくしてもいいんじゃないでしょうかね。 第9学区についていえば、木更津高専もありますし。  
     

第9学区 定員割れ

  最後はこちらです。       
 

  
 この4校6学科については、二次募集を行うことはもう確定しています。ですから、入学を許可できない、そう判断される受験生はバンバン落とされてしまいます。絶対に合格できるなんて思い込むのは、大変危険ですよ。油断厳禁。   
  

合格発表は3月6日

 後期選抜の合格発表は、3月6日(水)です。
 
 

以上、平成31年度後期選抜の志願者数確定のお話でした。

 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました