強引な進路指導はいたしません

こんな塾です
この記事は約4分で読めます。

 
 
 
なまはげおじさんです、こんにちは。

君津のさくら塾のブログへようこそ。

今日のブログは、さくら塾の進路指導についてです。
 
 
 

さくら塾の進路指導方針

まず最初に結論を。

さくら塾は公立上位校を目指す人のための塾ですが、強引な進路指導はいたしません。

そんなお話です。
 
 
 

●●高校▲▲名合格!

ちょっとだけ前のお話、としておきます。
ところどころぼかしながら進めますね。
 

電話で転塾のご相談を受けたんです、お子さんを大手塾に通わせている方でした。
 

若い先生がたくさんいるし、

友達もみんな通っているしで、

お子さんも気に入っていた大手塾。
 

しかし、受験生である3年生になる頃様子が変わり、だんだん行き渋るようになったそうです。

心配してその理由を尋ねると……
 

進路指導があまりにも強引!

 
だったことだそうで。
 

お子さんのお気に入りは■■高校。

家から近く、身近に感じていたこともあり、幼いころから憧れていました。

しかし、何度も何度も「指導」があり、
※ランクが上の●●高校への進路変更

ほとほと困り果てていたのだそうです。
 

かわいそうに……
そりゃイヤになるよなぁ……

 
『●●高校▲▲名合格!』

という華々しい掲示物は魅力的。
※それが入塾の決め手だったのだそう

しかし、入塾してわかったのは、背伸びをしてチャレンジ受験に挑み、不合格になった生徒も多いこと。 

このまま大手塾に在籍していたら、きっと我が子も背伸びを強いられるに違いない……というお話でした。
いろいろぼかしております、お察しください。

この生徒はその後、さくら塾から希望通り■■高校に進学し、体育会系部活動で思いきり青春したあと、某公立大学に現役で進学しました。
 
 
 

なぜ大手塾は進路指導が強引なのか?

上のエピソード、きっと多くの方が、

「あぁ、あるよねそういう話。」

という感想を抱いたのではないでしょうか。 
 

ここで疑問が生まれます。
 

校舎を何校も設置している大手進学塾は、なぜ進路指導が強引になるのか。
 
  

その最大の理由は、生き残るためです。
 

短くまとめます。
 

校舎を何校も展開する
 ↓
人件費・店舗家賃など維持費がかかる
 ↓
多くの生徒に来てほしい
 ↓
保護者の目を引きたい
 ↓
目立つ数字(=進学実績)は必要不可欠 
 

難関校・上位校への合格実績、

これが新規顧客獲得に欠かせません。

合格実績は派手なカンバン、

カンバンが輝けば生徒も増える。

『地域No.1』は絶対に譲れないのです。
 
 

大手塾の内部でも競争があります。

難関校への合格者数を校舎ごとに競わせて、給与や昇進に反映させるところもあります。
※都心部のお話です、内房エリアの内情はわかりません。
 
 

これが、大手塾の進路指導が強引になりがちな理由です。
 
 
 

黒いエピソード①

合格実績について、大阪編。

「そちらの合格者数実績デタラメですよね?」

と大手進学塾どうしで裁判になったことアリ。

進学実績は死活問題なんです。
 
  

黒いエピソード②

生徒獲得について、神奈川編。

他塾に通う成績の良い生徒の個人情報を自塾の生徒から聞き出し、某大手塾がリストを作成していたことが発覚。

新聞に取り上げられるなど騒ぎになりました。

さすがの私もこれにはドン引き。
 
 
 

さくら塾の進路指導

それでは、さくら塾の進路指導のお話です。

短いですよ。
 

さくら塾では強引な進路指導は行いません
 

公立上位校を目指す人のための塾ですが、進学実績にはそこまでこだわっていません。
 

こだわっているのは、ひとりひとりの進路決定までの過程です。

努力を重ねた結果の進路であれば、その高校でもきっと充実した学校生活を送ることができると思うからです。

他人に勧められた学校ではなく自分で選んだ高校であれば、多少の困難にも負けず踏ん張ることができると思うからです。
 

毎日の努力を全力で支え、
受験校の決定報告を待つ。

それがさくら塾のスタンスです。
 

模試の結果を見てアドバイスもしますが、偏差値に合わせて進学先を選ぶような指導はいたしません。
 
 

もしもさくらっ子が、公立上位校ではなく、それ以外の高校を選んだら?
 

自らの進みたい道を見つけられたのですから、私はその意思を尊重し、全力で応援します。
 
 

これが、さくら塾の進路指導です。
 
 
 
 
 

以上、進路指導についてのお話でした。

それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました