文頭に「なので」って書いちゃダメ!

学習のお話
この記事は約4分で読めます。

 
 
 
なまはげおじさんです、こんにちは。

君津のさくら塾のブログへようこそ。

今日は、中学生向け、記述問題対策のお話です。
 
 
 

入試で減点されない文を書こう

中学生のみなさん、あなたは文を書くことは得意ですか。
 

うーん、あんまり……

むしろ苦手でーす

 
うむむ、やはり。

文を書くことがあまり得意ではないという中学生、実は多いんですよ。
 
 

しかし、いつまでも苦手なままではいけません。

高校入試がありますから。
 
 

千葉県公立入試では、作文のほかにも、理科や社会で記述問題が毎年出題されています。
 

きっとみなさんの入試でも、文を書かせる問題は出ますよ。
 
 

必死に勉強して基礎知識を身につけていたとしても、それを適切に表現できなければ得点にはならないのが記述問題。

おかしな文だから減点、なんてことになったら本当にもったいない!
 

入試で減点されない文を書けるようになろう!

 
ここで、減点対象になる「おかしな文」の5つの特徴をご紹介します。
 

「おかしな文」の5つの特徴
主-述の不一致
主語と述語がねじれている
例)私の好きなマンガは、「鬼滅の刃」が好きだ。

接続語
適切な接続語を使えていない

語彙
適切な言葉を選べていない
例)化学反応して白いやつが出てくる。

漢字
適切に漢字を使えていない
例)消ひ税は10%である。

語尾
「~だ」「~です」が混在している
例)…である。私はそれに賛成です。

 
この5つが「中学生やらかしポイント」です。

減点されている文(=読んでいて頭痛のしてくる文)は、この5つのどれかが(または複数が)入っています。
 

中学生のみなさん、あなたの書いている文は大丈夫ですか。
 
 
 

このうちの接続語について、もうちょっとだけ詳しくお話します。主役は、「なので」です。
 
 
 

ここで問題です

接続語について、まずは次の問題をどうぞ。
 

問.次の2文をつなげて、意味の通る文を作りなさい。
・私は国語が苦手だ。
・勉強時間を増やすつもりだ。

 
「国語が苦手」→「勉強時間を増やす」という関係ですから、順接でつなぐだけ。

あてはまる答えは1つではありません。

いくつか例をあげますね、あなたの考えに近いものはあるかな。
 

ア;私は国語が苦手だ。
  だから、
  勉強時間を増やすつもりだ。

イ;私は国語が苦手だ。
  なので、
  勉強時間を増やすつもりだ。

ウ;私は国語が苦手なので、
  勉強時間を増やすつもりだ。

 
実は、この3つ、すべてが正解というわけではありません。

「おかしな文」に気づけたかな?
 

ア~ウのうち、入試でマルをもらえないのはどれでしょう?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

答え。

入試でマルをもらえないのは、イ。
 

イ;私は国語が苦手だ。
  なので、
  勉強時間を増やすつもりだ。

 
……という表現は、減点(=またはバツ)になるのです。
 
 
 

「なので」は使う場所に注意

このエリアの中学生だけなのかな、やたらに「なので」で文をつなぐ人が多いんですよ。

あのですね、「なので」を使うことには問題がないんですが、使う場所には注意しないとマズイんです。
 

「なので」は、

・断定の助動詞「だ」
・接続助詞「ので」

を組み合わせてできている語です。
 

つまり、「なので」は単独の接続詞ではありません。

ですから、文頭に「なので」を使ってはいけないのです。

知ってましたか?
 
 

もう一度 イ の文を見てみましょう。
 

イ;私は国語が苦手だ。
  なので、
  勉強時間を増やすつもりだ。

 
文頭に「なので」が使われていますよね。

これはダメ!
 
 

ウの文は文頭ではないのでOKですよ。
 

ウ;私は国語が苦手なので、
  勉強時間を増やすつもりだ。

 
 
 
最後に。

中学生のみなさん、

文頭の「なので」はやめましょう。

学校の定期テストでは見逃してもらっているかもしれませんが、入試の採点は厳しいですよぉ……。
 
 
 
 
 

以上、記述問題のポイントと、「なので」についてのお話でした。

それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました