塾を探しているアナタにおくる、失敗しない塾の選び方

なまはげコラム

 
 
 
 こんにちは、なまはげおじさんです。

 さくら塾のブログへようこそ。

 今日は、以前書いた塾の選び方についてのお話、そのリライトです。
 
 
 

失敗しない塾の選び方

 塾選び、まず最初にすべきことは何でしょうか。
 

 チラシを手に取ること?
 ネット検索?
 ママ友への聞き込み?
 

 いえいえ、そうじゃないんです。

 まず最初にすべきことは……
 
 
 

ステップ1 話し合おう

 まず最初にすべきことは、何のために塾に通うのか本人と保護者とでじっくり話し合うことです。

 この「何のために」をはっきりさせておかないと、塾選びそのものがブレてしまい、入塾後に親子揃って後悔することになりかねません。
 

 中学生が十人いれば、「何のために」も十通りあるものです。パッと思いついたところを書いてみます。

 小学校の学習のテコ入れのために。
 特定の苦手教科の対策のために。
 家では勉強しないので。
 高校入試のために。
 知的な刺激を求めて。
 

 あなたとお子さんは、「何のために」塾をお探しですか?

 お子さんと徹底的に話し合うことを、強く推奨します。
 

えー
塾なんて行きたくないよー

 
 などとお子さんが言うのであれば、塾に通わせるのはやめた方がいいと思います。本人が「何のために」を見つけられていないのであれば、どんな塾に行っても成果は望めないですし、そうであればお金がもったいないからです。
 

 さて、本人と保護者が話し合って「何のために」を親子で共有できたら、いよいよ本格的な塾選びのスタートです。
 
 
 

ステップ2 絞り込もう

 たくさんのチラシ・ホームページ・ママ友のクチコミ、情報が多すぎて目移りしてしまいそうですが、我が子を通わせたい塾を何とかして絞り込んでいきましょう。
 
 

絞り込み① 「何のために」

 ポイントはやはり「何のために」を意識すること。
 

 小学校時代の復習をするためにと考えている人が進学塾を選んでもきっとうまくいかないでしょうし、むしろ学習意欲がなくなってしまうことすらありえます。

 ●●高校に行くためにと考えていたのに友だちがいるからという理由で補習塾を選ぶのも、学習効果は期待薄。

 将来の大学進学を見据えて適切な勉強のやり方を身につけるためにと考えている人は、ゆるい雰囲気の塾を選ぶべきではありません。

 まずは「1日1時間・週に2回」程度でいいから机に向かう経験を積むためにという人は、厳しいと評判の塾は避けた方がよいでしょう。
 

 「何のために」を意識すれば、大きくはずしてしまうことはないはず。これを意識するだけでも、かなり絞り込めるのではないでしょうか。
 
 

絞り込み② 集団?個別?自習系?

 絞り込むときにあわせて考えたいのが、塾のスタイルです。

 現在の主流は、大きく分けると次の3つ。
 

 切磋琢磨が期待できる集団指導
 きめ細やかな指導が期待できる個別指導
 授業ではなく自学自習がメインの自学系
 

 数学の計算問題に取り組むことをイメージしてみると、・・・

 自分のペースでじっくりやった方が伸びるのであれば個別指導だが、指導者がよほどの力量がなければ能力が頭打ちになる面も。

 競い合う中で正確性やスピードを意識させたければ集団指導だが、繊細な子はせかされがちな環境を嫌がる面も。
 

  どれも一長一短がありますから、これが中学生を指導する上で誰にでもベストのスタイルだ、と言えるものは存在しません。

 学校の三者面談で担任の先生から聞いた情報なども合わせつつ、我が子に最も効果的なスタイルを考えてみてください。
 
 

 ここまでで、お子さんを通わせたい塾の候補を2~3つに絞り込むことができたとして、続きです。
 
 
 

ステップ3 情報収集しよう

 候補の塾をよく知るために、情報収集をしましょう。
 
 

情報収集① インターネットで

 まずはネットです。

 ネットで情報収集すれば、その塾に関心があることは誰にも知られることはありませんし、夜遅く調べてもだれにも迷惑をかけません。

 今やどの塾もホームページやブログを持っていますから、検索して、探してみましょう。
 ちなみに、「君津市の人気の塾」のようなランキングに掲載されているのは、そのランキングサイトを運営している会社にお金を払っている塾だけです。当然さくら塾は登場しません(笑)。

 見つかったら、それをなるべく時間をかけて読み込みましょう。

 忘れずチェックしたいのは次の3つ。
 

●費用
 明示していない塾は避けるべき

●月あたりのおよその授業回数
 授業1回あたりの費用がわかる

●授業曜日と授業時間
 送迎可能かイメージしながら

 
 気になったところや疑問点をちょこちょことメモしながら、その塾のおおまかなイメージをつかんでください。
 
 

情報収集② クチコミで

 イメージがつかめたところで、ママ友ネットワークを活用しましょう。

 実際にお子さんをその塾に通わせているママ友にインタビューです。スーパーでの買い物のときや部活動の送迎などでばったり会ったときがチャンスです。

 通っているからこそ知っている、
 

ママン
ママン

そうだったのかー

 
 と思わずつぶやいてしまうような情報を教えてもらえるかも……。
 
 

 並行して、お子さん本人にも動いてもらいます。

 子どもネットワークですね。 

 ただ、こちらのネットワークは、ママ友のそれと比べると情報の質がやや落ちるのが残念なところ(笑)。授業は楽しいかどうか、宿題は多いかどうかなど、「何のために」塾に通うのかというもっとも大事な視点からずれた情報が多くなりがちです。

 情報の質を上げるために、あらかじめ、聞いておくべきことについて親子で作戦会議を開いたほうがよいでしょう。
 
 

 クチコミ情報収集での注意点は2つです。

 ひとつめは、クチコミを鵜呑みにしないということ。
 「あのコの成績が急上昇したからといって、ウチのコも必ずそうなるという保証はないんだよね」という冷静な捉え方です。

 ふたつめは、どういう生徒が通っているのかをおさえることです。
 中学校やクラスを選ぶことはできませんが、塾であれば保護者が選ぶことができます。孟母三遷。この集団の中で我が子を学習させたい、そう思えるような塾を見つけられたら最高ですよね。
 
 

 もし、クチコミによって得られた情報が、「何のために」から大きく外れてしまう場合や、お子さんの個性に合わないように感じた場合は、一度保留して別の候補を検討しましょう。
 
 
 

ステップ4 体験授業に参加しよう

 さあ、塾選びも佳境に入ってきました。

 お子さんを、体験授業に参加させましょう。
 

 体験授業はとても大切です。ネットやクチコミによる情報収集だけではわからなかったことを、実際に体験できるのですから。お子さん自身の体験による、究極の情報収集といえます。 

 体験授業でチェックしたいことはたくさんあるのですが、体験するのはお子さんであって保護者ではありません。事前に親子で話し合ってチェックポイントを考えてみても、当日お子さんが慣れない環境の中で緊張してしまって、任務を果たせずに終わるかもしれません。
 

 そこで、私からのアドバイス。

 体験授業のあと、お子さんに2つだけ尋ねてみてください。

 まず、授業の雰囲気

 「なんかみんなビシッとやってた」
 「ボケッとしてるヤツなんて誰もいなかった」
 「なんだか緊張した」

 こういったコメントが聞けたら合格点でしょう。

 そして、休み時間の雰囲気

 「学校と全然違ってた」
 「みんな勉強しながら過ごしてた」
 「誰も騒いでなかった」

 といった感想を聞きたいものです。
 

 逆に、良くない感想としては、

 「あんまり学校と変わらなかった」
 「集中して勉強できなかった」
 「とにかくにぎやかで楽しかった」

 こういったコメントが聞かれたら危険信号、見えている地雷というやつです。
  
 

ステップ5 入塾しよう

 「ここの塾がいい!」と親子で納得できる塾を見つけられたら、すぐにその塾に連絡を入れるのではなく、・・・ここまで読んでいただいた方なら、何をすべきかおわかりですね。
 

 そうです。

 もう一度、「何のために」この塾に入るのか、親子で確認をするのです。
 

 このステップをしっかり踏むことで、入塾してからお子さんがいろいろな理由でくじけそうになったときに、

 「あ、そうだった!」
 「この塾を選んだのは自分だ」
 「勉強するって自分で決めたんだ」
 「頑張るって約束したんだ」

 と、踏ん張ることができるはず。
 
 

 あとは、なるべく早く連絡をしましょう。席が埋まって断られてしまっては、ここまでの苦労が水の泡になってしまいますからね。

 鉄は熱いうちに打て、であります。
 
 
 
 
 

 以上、塾の選び方の特集をお送りしました。

 塾選びのコツは、何度もくりかえし書いてきたとおり、「何のために」塾に通うのかという視点を親子で保ち続けることだと思います。

 長い記事になってしまいました。お読みいただいたみなさんが、お子さんにぴったりの塾を見つけられることをお祈りしております。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました