【こんな塾です】はじめに読むページ

こんな塾です

 
 
 
 こんにちは、こちらは君津市の進学塾、さくら塾の『はじめに読むページ』です。これを読んでくだされば、さくら塾はいったいどんな塾なのか、イメージできるようになると思います。
 
 
 

 さくら塾に指導者はひとりだけ。
 

はじめまして、さくら塾のなまはげおじさんです。

 
 中学生の学習指導に携わること20年以上。近隣の中学校のようすや、地元の高校について、しっかり把握しているプロ講師です。

 どうぞよろしくお願いします。
 
 
 

 2010年7月にさくら塾を立ち上げたきっかけが、生徒ひとりひとりをしっかり指導したいという強い想いでした。20人、30人といった集団を前に授業をしていると、生徒に教えるというよりもクラスを指導する感覚にだんだんとなってしまい、私自身が納得できるような、そんな質の高い指導をすることが難しくなっていきました。十数年思い悩んだ結果、独立してちっちゃな進学塾を開くことにしたのです。
 
 
 

 原則として学年6名。授業準備の段階では、どの生徒がどこでつまずくかをイメージし、その対応まで考えています。授業では、ひとりひとりの表情を観察し、ノートを見て、名前を呼んで声をかけ、励ましたりヒントを出したり褒めたり(たまに叱ったり)しています。ときには生徒どうし互いの存在を意識させて刺激し合うようしかけることもあります。生徒はみんな前向きで、そして意欲的な態度で授業に取り組んでいます。

 いま私は毎日が充実しています。「あぁ、こういう授業がしたかったんだ」という毎日を過ごせているからです。胸を張って断言できます。さくら塾は、いいですよ! オススメできる塾です。
 
 
 

 前置きが長くなりました、ごめんなさい。それではさくら塾の紹介を始めます。
 
 
 

対象生徒を絞った塾です

 さくら塾の紹介を始めるにあたって、まず最初にお断りしておきたいことがあります。それは、さくら塾が公立上位校(県千葉・千葉東・木更津・幕張総合・君津)に本気で進学したい人を対象にしているということ。立ち上げ当初は誰でもウエルカムでしたが、今ではそうではありません。この経緯についてもう少し詳しく知りたい方は、コチラをお読みください。

 対象生徒を絞ったちっちゃな塾ですから、以下の方にはさくら塾はオススメできません。

●第一志望が渋谷幕張のような私立進学校の方(さくら塾のカリキュラムではおそらく間に合いません、ごめんなさい)
●第一志望が県千葉・千葉東・木更津・幕張総合・君津以外の公立校の方(ごめんなさい)
●他中のトップ生徒と競い合いたい方(競い合うほどの人数がいません、ごめんなさい)
●学校の授業を大切にしていない方(調査書が心配です、ごめんなさい)
 
 
 

さくら塾の特長

 さくら塾は、公立上位校に進学するために、『少人数一斉』『じっくり数学』『基礎徹底』の3つを大きな柱としています。さっそくご紹介します。
 
  
 

少人数一斉

  大きな塾が「質問しづらいし、その他大勢のひとりとして扱われている気がする」のは、教室の生徒が多すぎてひとりひとりを見られないからです。

 先生が頻繁に交代しがちなのが『個別指導あるある』。「ウチの子を本当に理解して指導してくれているのか心配」と不安の声を伺うこともめずらしくありません。

 さくら塾の少人数一斉指導には、仲間と刺激し合える集団授業の良さがあります。また、ひとりひとりの表情を見て名前を呼んで、丁寧に指導し見守ることができる個別指導の良さも併せ持っています。シンプルですが非常に学習効果が高いのです。
 
 
 

じっくり数学

 公立上位校を目指す上で最大の壁になるのは、積み上げ型の教科である数学です。理科や社会のように単元ごとにやり直しのできる教科とは違い、一度つまずくと学校の授業についていくことが難しくなり、通知表でも厳しい評価をされてしまいます。

 そこでさくら塾では、授業時間のほぼ半分を数学に使い、基礎・基本を身につけられるようじっくり指導しています。

 英語もまた、積み上げ型の教科です。ですから、普段のさくら塾は、数学・英語を中心にして授業を進めていきます。テスト期間になると、数学・英語ではなく、国語・理科・社会の時間がメインになります。
 
 
  

基礎徹底

 公立高校入試では、すべて教科書に記載されている内容から出題されます。もうすぐ公立入試の制度が変更されますが、それでも基礎重視は変わりません。

 今は思考力を問う問題こそが大切であると叫ばれていますが、基礎・基本が身についていない状態では思考力を問う問題など解けるはずがありません。

 ですから、さくら塾では基礎・基本の指導にこだわっています。
 
 
 

さくら塾スタイル

 実際にさくら塾ではどのような学習をしているのか、まとめてみました。
 
  

授業最初にミニテスト

 授業時間になったらすぐに新しい学習を始めるのではなく、まずミニテストを行います。出題は、前回の授業内容から。つまり、宿題として復習してきた内容が、そのままテストになっているわけです。満点とって当たり前。家でしっかり復習して前回内容を身につけることができているのか、その度合いが数値化されます。

 毎回の得点は教室に掲示され、その結果によって翌月の座席が変更されます。少人数とはいえ集団だからできる切磋琢磨です。ミニテストの得点が安定している生徒は、定期テストの結果も高いところで安定しています。
 
 
 

自分で説明できなければダメ

 生徒を解けるようにするのは難しくありません。本質を理解すること、そして身につけることが本当に難しいのです。

 私が生徒に常に語っているのは、理解できたかどうかの判断基準は、自分の言葉で誰かに説明できるかどうかだよ、ということ。授業ではしょっちゅう「なぜこうなるのかわかる?」「友だちが なんでー? と聞いてきたら、説明できるかな?」と問いかけています。
 
 
 

宿題 中学生は自学の初心者

 昔は大量の宿題を出す塾でした。授業ではどうしても問題演習の量が不足しますから、それを補うために必要と考えたのです。

 しかし、今はやめました。
 

 将来の大学受験では、どのような勉強をどの程度やるべきか、自分で考え実行していくことが必要です。そうした自学のできない受験生は、高校で伸びません。 自分流の自学のスタイルを確立し、常にそれをアップデートしていける生徒こそが、有名大学や難関大学へ進学できるのです。

 生徒に大量の宿題を出せば短期的に成績を上げることは可能ですが、それは将来につながる自学とはいえません。大学受験を考えるとプラスにならない。そう考えて、大量の宿題を出すのをやめたのです。
 

 1・2年生は毎回必ず宿題が出ます、かなり少ない量ですが。今日の学習内容を身につけるために必要だと感じたらそれもやっておいで、そう声をかけています。3年生は春からずっと宿題を出しません。受験勉強を意識して、どのような復習をすれば学習内容が身につくか、考えて勉強させています。
 
 
 

ブルームテスト

 通称ブルテ、単元末テストです。公立入試に必要になる基礎・基本に絞って作成しています。

 ブルテは何度でも受けられますが、合格できるまでその教科の授業に参加できないというルールがあります。みんなが新しい内容を教室で学習しているのに私だけ自習室で追試を受けるなんてイヤだ、と生徒は必死で勉強してきます。一発合格にこだわる生徒は、学年最上位層になっていきます。

 ひょっとすると、授業日以外に自習室に来て何度も追試に挑戦する、なんてこともあるかもしれません。すると、結果としてたくさんの基礎問題を解くことになりますから、基礎力がめきめきと向上していきます。あの単元のブルテには苦労させられたけど、おかげで定期テストは大成功できた、という人も珍しくありません。

 ブルテを通じて、さくらっ子はその単元の基礎力を確実に向上させています。
 
 
 

定期テスト対策も全力

 全力で取り組むなどと書くと誤解を生みそうですが、テスト勉強の具体的な指示はなるべく控えています。さくらっ子自身にどのような方法で勉強すべきかを考えさせながら、自学自習を進めさせています。入塾直後はようすを見ながらアドバイスを重ねますが、その後はなるべくじっと見守るよう心がけています。

 さくらっ子ひとりひとりが自らテスト勉強を計画し、どうすれば暗記できるか、どうすれば解けるようになるか、自分なりに頭をフル回転させ、試行錯誤しながらテスト勉強に取り組んでいる…それがさくらっ子のテスト勉強の姿です。

  定期テストは結果ももちろん大切ですが、自学自習を試行錯誤する機会という意味で、過程こそが重視されるべきと考えています。ですから、過去問の配布などの禁じ手は一切行っておりません。そんなことをしてしまうと、受験勉強の進め方がわからず、大事なところで苦しむことになるからです。

 具体的な定期テスト対策としては、1週間前に〆切日を設けて『学校のワーク1周目』の点検をし、また『英語教科書チャレンジ』で教科書学習の仕上げをします。直前の土日は全員でテスト勉強をする『桜吹雪の日』で徹底的に反復しています。
 
 
 

ひとりひとりをしっかり見ています

 
 
 ちっちゃな塾の最大の長所です。

 ひとりひとりの表情を見て、名前を呼んで声をかけて、ほめて、叱って、励まして。その成長に感激して。なまはげおじさん、毎日大忙しです。
 
 
 

さらにくわしく・・・

 こちらのサイトでは、『こんな塾です』というシリーズで、より詳しくさくら塾を説明しています。順次記事を追加しておりますので、どうぞご覧ください。
 

こんな塾です
さくら塾って、どんな塾なの? こちらの自己紹介記事をご覧いただき、イメージをつかんでいただけたらうれしいです。

 
 
 

ここにあります

 さくら塾は、君津中央図書館や公民館(生涯学習センター)のすぐそばにあります。君津市役所やローソンもすぐ近くです。住所は、君津市久保2-6-7 1F です。 
 
  

 
  
 大通りを入ったところですので、落ち着いた雰囲気です。エトワール君津という大きなマンションの目の前です。目立つ看板などはありませんが、1Fですので迷うことはないかと思います。(駐車場がございませんのでご注意ください。)
 
 
 
 
 

 このブログをきっかけに、さくら塾に興味を持っていただければ幸いです。 
 

 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました