中学生が体育会系の部活動で汗を流すべき4つの理由

なまはげコラム

 
 
 
 遠藤関の取り組み、ナマで見たかったなまはげおじさんです、こんにちは。国技館の観客はみんなスカッとしたんだろうなぁ。さくら塾のブログへようこそ。
 
 
 

 本日のブログも過去記事に手を入れたもの。周西小・南子安小・貞元小・北子安小・大和田小・坂田小などに通っている小学6年生のお子さんをお持ちの保護者の方へ向けた記事です。
 
 
 

 多くの小学6年生は、今月末に新入生説明会が予定されているようです。進学予定の中学校を実際にみんなで訪れて、説明を聞いたり、部活動を見学したり参加したりします。

 部活動。

 中学に入ったら、何部に入ろうかな、とワクワクしている人も多いことでしょう。
 
 
 

 しかし、全員が部活動を楽しみにしているかといえば、……うーん、どうでしょうか。中には憂鬱に感じている人もいるかもしれません。

 センパイがコワイ、

 人間関係が大変そう、

 すごく疲れそう、

 お休みがほしい、

 メンドクサイ、などなど……。
 
 
 

 進学塾のプロ講師としては、部活動なんてやってないでその時間に勉強しよう、などと言うべきなのかもしれませんが、実は私はそうは思っていません。

 意外に思われるかもしれませんが、中学生は部活動に参加すべきと考えています。

 できればスポーツの部に。
 
 

中学生は体育会系の部活動に参加すべき!

 
 
 私がそう考えるのは、4つの理由があります。
 
 
 

 まず、健康面

 若い頃にカラダを鍛えておくことは、本当に大切です。若いころに運動をしてこなかった人が、大人になってから急に思い立って運動を始めるとどうなるか。心臓に過大な負荷をかけることになってしまうので、かえってカラダに良くないこともあるのだそうです。

 中学時代に運動してカラダを動かすことは、未来の健康への貯金といえるかもしれません。
 
 
 

 次に、社会人になるための練習ができるから。

 場面に応じた挨拶や、上下関係のある中でのふるまいについて、経験を通じて学ぶことができます。学校外でのクラブ活動では、どうしても技術面の指導に重点が置かれ、こういった生活面の指導はおざなりになりがちです。プロ選手を目指すとか、技術を極めてそれで大学へ推薦入学を狙うとか、そのような特殊な事情がなければ、地元の中学校の部活動でもまれる方がプラスだと思います。
 
 
 

 3つめは、居場所づくりという意味で。

 思春期の中学生は、ときにぶつかり合い、人間関係がこじれることがしょっちゅうあります。特に、女子生徒。もしクラスの人間関係で疲れてしまうようなことが起きたとしても、部活動に所属していれば、そこで心を休めることができるでしょう。

 学校内で複数の居場所をつくるという意味で、部活動に参加する意義は大きいです。
 
 
 

  最後は、精神面です。

 大会で納得できる結果を出したい。一度でいいからレギュラーになりたい。絶対にレギュラーから外されたくない。あの背番号をつけてみたい。何とかこのプレーができるようになりたい。

 そういった強い想いを胸に秘めて日々全力で練習に取り組んできた経験が、受験で生きてくるのです。なぜか。入試直前の受験生は、絶対にこの高校に進学したいという強い想いを胸に秘め、日々全力で勉強に取り組みます。思ったようにうまくいかないかもしれないという不安も強く感じてはいますが、なるべくそちらには目を向けず、自分がやるべきことに集中し、ひたすらにコツコツと努力を積み上げていく。スポーツと勉強、やることはまったく違いますが、精神的な追い込まれ方は実はよく似ているのです。部活動で鍛え上げられた精神面、受験で役に立たないわけがない。

 実際、毎日の基礎練習にまじめに取り組んでいた体育会系のさくらっ子は、受験終盤のプレッシャーに負けずに頑張り抜くことができます。精神的な踏ん張りがきくんですね。
 
 

 
 
 この4つの理由から、新1年生のみなさんにはぜひ体育会系の部活動に参加してほしいと思っています。
 
 
 

 君津市では、今年度から部活動の新ガイドラインが適用されました。昔のように、年がら年中休みなくひたすら練習&遠征&大会なんてやっちゃうようなメチャクチャな部は、もうなくなりました。朝練がなくなったので親子ともども早起きする必要もなくなりましたし、土日はどちらかが必ずオフです。中学生も保護者も、負担はだいぶなくなりましたよ。

※ひょっとしたら例外もあるかもしれません。活発すぎる部に入ってしまうと、学習面に大きなマイナス要因になってしまいます。情報収集 is 大切。
  
 
 
 
 

 以上、小学6年生の保護者のみなさまへ向けた、部活動について思うこと、でした。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。
 
 
 

この記事についてのコメント