進学塾ですが、英語の教科書をフル活用しています

こんな塾です

こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。

さくらっ子は英語も強いのです

 もうすぐ期末テストです。

 さくら塾では、英語の授業で教科書指導も丁寧に行っています。進学塾の中ではちょっとめずらしいのではないでしょうか。

 そのため、さくら塾に通う生徒(=さくらっ子)は、定期テストの英語で崩されることがほとんどありません。

 教科書指導の核になっているのが、『英語教科書チャレンジ』です。

 全体イメージはこちら。
 
 

 
 
 単語→和訳→音読→速読→暗唱→暗記の6ステップです。この表が教室に掲示され、ひとつクリアするたびにスタンプが押されます。

 こんな感じです。

 

 
 
 ご覧のとおり、誰がどこまで進めているのかが一目瞭然なので、取りかかりの遅いのんびりさんでも「あ、急がなくちゃ!」とスイッチが入りますし、また、「あのコには負けたくない!」とよい意味での競い合いも生まれています。
 
 
 

これがさくら塾の『英語教科書チャレンジ』です 

 それでは、単語→和訳→音読→速読→暗唱→暗記の6ステップについて、実際にはどのように取り組んでいるのかご紹介していきます。

①新出単語を覚える

 まずは英単語です。

 その単元の新出単語のリストを覚えます。
 
 

 
 
 覚えられたら、なまはげおじさんのところに来て、
 

さくらっ子
さくらっ子

Unit 0 の単語のテスト、お願いします!

 
 と声をかけるわけです。

 すると、このようなプリントが印刷されます。 
 
 

 
 
 新出の単語や連語をすべて埋めたら、なまはげおじさんに提出。採点してもらい、すべて正しく書けていたら合格です。

 間違いがあったとしても、特にペナルティはありません。

 正しく覚えているつもりだったけど、実は間違ったスペルのままで暗記していて、定期テストの答案返却で初めてそのことに気づかされた・・・なんていう「中学生あるある」は、さくらっ子には起きません。
 
 
 

②教科書本文を和訳する

 
 
 一文ずつ私が音読するので、それを和訳していきます。

 もちろん、SVOCだの、修飾・被修飾だの、この句を1語で言い換えるなら何かといったような英文法指導や、この it は何を指しているのか、この英文と対比関係になっている文はどれかという掘り起こしは、事前の一斉指導でみっちり行っています。ええ、みっちりと。これで、入試本番の初見の英文でも、大意はバッチリつかめるようになるはずです。そのためにみっちり。

 また、交代しながら全員で和訳していく、いわば「王道スタイル」で、全文和訳の学習をすませてあります。

 和訳のテストでは、なまはげおじさん特有の「圧」を受けながら、授業内容を思い出して、その場で日本語に直していきます。
 
 
 

③教科書本文を音読する

 「定期テストにはスピーキングはないのだから、教科書が読めなくても問題ない」という考え方は、間違っています。

 読めなければ、本文の内容は頭に入ってこないからです。

 その場しのぎの勉強で定期テストを乗りきれても、受験にはまったく活かせなくなってしまいます。目・口・耳を連動させて、フレーズを吸収していくのです。

 そのための音読

 はずかしがらず、元気よく取り組みます。

 美しく正しい発音にはこだわっていません。注文をつけるのはアクセントと抑揚くらいですね。
 
 
 

④教科書本文を速読する

 この速読と、次のステップの暗唱は、最終ステップである暗記の前段階です。

 まずは速読

 リズムよく何度もすばやく読むことで、頭に本文をたたきこみます。ストップウォッチを片手に、設定された秒数以内で音読できたら合格です。

 結構タイヘンなのですが、これをやっておくと、いざというときにフレーズをスッと思い出すことができるのです。

 定期テスト2週間前くらいになると、さくら塾からは英語でお経を唱えるような声が聞こえるので、道を歩いている人はたいそう不気味だろうと思います。あれはホラーなことではなく、さくらっ子が速読の練習をしているのです。

 早口が苦手だったり、速読をやらなくても暗唱できたりといったタイプのさくらっ子は、この速読を跳ばしてもOKとしています。
 
 
 

⑤教科書本文を暗唱する

 5つめのステップは、暗唱です。

 このステップでは、教科書を持たずになまはげおじさんのところに来て、何も見ないで本文を音読します。

 速読ができたら、暗唱はカンタンですよ。

 何度も何度も声を出して読み込んでいますからね。

 知らず知らずのうちに、教科書本文を覚えているはずです。
  
 
 

⑥教科書本文を暗記する

 さあ、最終ステップ、暗記です。

 何も書かれていない紙に、教科書本文を再現します。
 
 

 
 
 ここまでできたら、教科書はもう大丈夫でしょう。

 本番前に短時間見直すくらいで十分のはずです。

 
 

覚えたフレーズを、公立入試に活用しよう

 この『英語教科書チャレンジ』は、定期テスト対策でもありますが、実は受験対策でもあるのです。

 千葉県公立入試では、毎年20語程度の英作文が出題されます。

 大問6、配点はなんと8点
 

 この2月の前期選抜の出題がこちら。
 
  

 
 
 「明日数学のテストがあるね。いっしょに勉強したい?」と声をかけられたら、何と返しますか。そういう出題です。

 英語が得意であれば気のきいた英文を書くことができるのでしょうが、そうでない人にとってはこの大問6はかなりしんどい出題です。
 

さくらっ子
さくらっ子

(なにを書けばいいんだろう・・・困った・・・教科書に書いてあった英文で何か使えそうなのはなかったかなぁ・・・。)

 
 そのための『英語教科書チャレンジ』なのです。

 入試の英作文や英検の二次試験などで追い込まれたとき。そんないざというときに、教科書本文のフレーズをパッと思い出せる、そうなったらステキだと思いませんか。
 

 今回の英作文でしたら、たとえばココ。
 

 
 
 このフレーズを思い出せたとしたら、
 

 Yes , but I can’t study with you .
 I have many things to do ,

 like cleaning my room and washing dishes .

 
 なんて英文を思いつけるかもしれません。
 

 教科書本文には、入試で使えるフレーズがたくさんありますよ。

 ひとつでも多く身につけたいですね。

 
 

 さあ、3年さくらっ子の『教科書チャレンジ』が本格的に動き始めました。1・2年さくらっ子も、センパイに負けずにがんばりましょう。
 
 
 

それでは今日はこのあたりで失礼します。

タグ さくら塾 君津 塾 進学塾 木更津高校 君津高校 木高 君高 高校入試

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました