体験授業について

こんな塾です

君津の進学塾、さくら塾のブログへようこそ。体験授業についてまとめ直しました。どうぞご覧ください。

まずは体験授業から

さくら塾に入塾することに決めているのですが、それでも体験授業を受けなければならないの?

 
 というお問い合わせをいただくこともありますが、
 

恐れ入りますが、体験授業にご参加いただけないでしょうか


 と必ずお願いしております。
 

 百聞は一見に如かず、といいます。想像していたものと違うなんてこともあるかもしれません。たとえさくらっ子の弟妹であっても、例外なく体験授業に参加していただいております。 
      
 

何のために体験授業をするのか

 なぜそこまで体験授業への参加にこだわるのか。

 これには2つ理由があります。   
 
 
 

さくら塾を体感してほしいから 

 ひとつめの理由は、体験生の視点から。

 さくら塾を実際に体感してもらうためです。
 

 大手進学塾から移籍してくる生徒の多くが、雰囲気の違いに驚きます。さくら塾では、大勢の生徒のうちの一人としては扱われませんからね。

 また、実際に体験してみたら抱いていたイメージとまるで異なっていた、という感想を耳にすることもあります。実際に体験してみないとわからないこともあるでしょう。
 

 公立上位校に本気で進学したい人のための進学塾、実際に体験して、感じてもらいたいのです。
 

 ひょっとしたら、「期待していたのと違うな」「私には合わないな」と感じることもあるかもしれません。特に指導者である私ことなまはげおじさんは、某ママンいわく「個性的な先生」とのことですので(笑)。相性問題は大事です。

 そのときは入塾を見送ってくださいね。無理に引き留めるようなことはいたしませんから。
 
 
 

どんな生徒なのかを見てみたいから

 体験授業への参加にこだわるもうひとつの理由は、指導者の視点から。

 どんな生徒なのかを実際に見るためです。

 

 このことについて、次の項で詳しくお話します。   
    
 
 

なまはげおじさんはこういうところに興味津々

  体験授業での私ことなまはげおじさんは、新しい段ボール箱を発見したネコのように興味津々で体験生に接しています。

 さくら塾に入って来たところから体験授業の終了までを通じて、次のようなことを観察しています。
 
 
 

学習意欲は「本気」かな?

 さくら塾は、公立上位校に本気で進学したい人のためのです。

 小学生や新1年生であれば「なんとなく目指してみたい」でもOKですが、学年が上がるにつ入れて必要になるのは必死さです。この意味で、体験生の「本気」の度合いを観察しています。

 
 昔はね、あまりに態度がひどいので途中で帰ってもらうようなこともあったんですけどね、最近はそんなやる気のない体験生は来なくなりましたね(笑)。
 
 
 

現在の基礎学力はどうかな?

 今現在の授業についてこられるだろうか。これは現実的なハードルです。

 少人数とはいえ、あくまでも一斉授業。個別指導塾ではありませんからね。いくら伸び代を感じたとしても、入塾してから大変な苦労をさせてしまっては、せっかくの学習意欲がしぼんでしまいかねません。

 このため、体験授業に参加するのは、それまでの復習をするときや、新たな単元の指導が始まる頃などがオススメです。このブログで授業進度をお知らせしていますので、チェックしてみてください。
 
 
 

3年冬までの伸び代はどうかな?

 のびしろ。私の指導力でこの生徒をどれだけ伸ばすことができるだろう。それをひたすらイメージしています。

 時間が無限にあるのであればよいのですが、高校入試は3年の冬。期限を切られているのです。

 体験授業の間、私の頭はフル回転しています。  
 
 
 

コミュニケーションがとれるかな?

 教える-教わるという関わり合いは、コミュニケーションの積み重ねです。コミュニケーションがとれないようでは、いくら基礎学力が高くても、さくら塾ではその高い資質を伸ばしきることができません。

 具体的には、あいさつができるか、こちらの指示に対しての返事ができるか、わからないものをわからないと伝えられるか、そういったごく当たり前のことです。
 
 
 

さくらっ子との相性はどうかな?

 ここでいう相性とは、実は学校で体験生がさくらっ子(=在籍生)をいじめている、といったような意味です。その生徒が新たに加わることで、さくらっ子が居心地の悪さを感じるようなことは避けたいのです。

 私は中学生の学習指導に携わってもう20年以上の経験がありますから、呼び出して聞かずとも、観察していれば気づけます。「あ、これはダメかな」、そう判断した場合には、入塾をお断りすることもございます。あらかじめご了承ください。

 とはいえ、10年ほどやっておりますが、今までこの理由でお断りしたことはないんですけどね。
 
 
 

 以上、学習意欲・伸び代・現在の基礎学力・コミュニケーション・相性、これら5つを観察しています。


 いわば、体験授業が入塾テストそのものであるとお考えください。 
    
 
 

体験授業についての諸注意

 体験授業は何時から始まりますか。

 どのくらいの時間行いますか。

 また、何を持っていくべきですか。

 準備すべきことはありますか。
 

 そういったいわゆる連絡事項は体験授業を行う時期によって異なりますので、申し込みをいただいたときにお伝えしております。

 なお、現在、体験授業の授業料・教材費はいただいておりません。   
   
 
 

注意;体験授業のあとにお時間をください

 体験授業のあとに保護者面談を行わせていただきます。夜遅い時間になりますので10分程度の短いものです。

 まず報告(こういう学習をしました)

 次に感想(観察していて感じたこと)

 最後に結論(入塾を希望された場合お引き受けできるか)

 以上3点をお話いたします。

 そのあと、質問にお答えし、体験授業がおしまいになります。    
   
 
 

注意;いつでもどうぞ、ではありません

 学習塾の窓ガラスには、「生徒随時募集!」と張り紙のしてあるところが多くあります。経営を考えると本音を言えば私もそうしたいのですが(笑)、入塾に適したタイミングがあるのもまた事実。

 入塾の時期のタイミングが悪いと、さくらっ子が今学んでいる授業内容に追いつくために、何日も継続して自習室に通っていただくことになるのです。これは生徒にも保護者にも大変な負担です。

 そこで、さくら塾では、積極的に体験授業の申込を受け付ける期間と、そうではない期間とに分けています。

 今がどちらの時期なのかは、このブログ上でひっそりとアピールしておりますので、 以下のリンク先でご確認ください。
  

【20年度】新年度生の募集について

 
 ただ、3月より4月に途中入塾するのはたしかに大変ですが、5月に途中入塾しようとするともっと大変です。2学期以降の途中入塾も年に数件ありますが、当分の間は毎日自習に来ますと覚悟を持ってさくら塾を選んだ人ばかり。

 入塾が遅くなるほど、追いつくのに苦戦します

 ですから、親子ともどもがんばるぞ、となりましたら、申込受付期間を待つのではなくすぐにでもご連絡ください。 最初に苦労するのは承知の上という方でしたら、可能な範囲で対応いたします。
 
 
 

【重要】 体験授業のご予約

 体験授業のご予約は、以下のリンク先からお願いします。
 

お問い合わせ
   さくら塾へのお問い合わせの方法は3通りあります。 詳しくは、コチラのページをご覧ください。   お電話は平日の 14:00 - 17:00 にお願いします。0439-52-8446   以下はお問い合...

 
 電話はあまりつながりませんので、LINE公式やお問い合わせフォームのご利用をお勧めします。
 
 

以上、さくら塾の体験授業についてのお話でした。

 

この記事についてのコメント