【2024】夏期講習のお知らせ

お知らせ
この記事は約5分で読めます。

 
 
 
なまはげおじさんです、こんにちは。

君津のさくら塾のブログへようこそ。

夏期講習についてお知らせです。
 
 
 

さくら塾の夏期講習

「スケジュール」
「講習内容と費用」

の2つに分けてご紹介します。
 
 
 

スケジュール

7月度授業は、
 7月25日(木)まで。

夏期講習は、
 7月26日(金)から8月24日(土)まで。

9月度授業は、
 8月26日(月)から。
 

※斜線の入っている日は、自習室が利用できません
 
 
 

講習内容と費用

各コースの講習内容と費用は以下のとおりです。なお、費用はすべて税込みです。
 
  

3年生

費用 
 ¥66,000 +教材費¥3,900
 ※さくらっ子の教材費は「年間教材費」に含まれています

日数 
 20日間+塾内模試1日

講習時間
 ・主に 09:00~12:00
 ・自習室は 17:30 まで利用可能 

内容 
 公立入試対策 
 ・既習内容の総復習
 ・実戦演習 

備考 
 目標;夏休みに400時間勉強する
 ・講習、自習すべての合計で
 
 
 

2年生

費用 
 ¥28,600 +教材費¥2,800
 ※さくらっ子の教材費は「年間教材費」に含まれています

日数 
 13日間

講習時間
 ・授業2時間+自習30分間
 ・自習室は 17:30 まで利用可能 

内容 
 2学期中間テスト対策
 ・国語 ← メイン①
   説明的文章読解/文学的文章読解/古文/国文法
 ・数学
   連立方程式の文章題
 ・英語 ← メイン②
   Unit4
   ※Unit4の新出英文法のうち「have to/must」は、夏期講習ではなく7月度の通常授業で学習を終える予定です
 ・理科
   質量保存の法則
 ・社会
   授業ではなく課題学習で行います

備考 
 1学期の総復習は行いません
 
 
 

1年生

費用 
 ¥28,600 +教材費¥2,800
 ※さくらっ子の教材費は「年間教材費」に含まれています

日数 
 13日間

講習時間
 ・授業2時間+自習30分間
 ・自習室は 17:30 まで利用可能 

内容 
 2学期中間テスト対策
 ・国語 ← 最重要科目
   説明的文章読解/文学的文章読解/古文/国文法
 ・数学
   方程式の解き方(中盤から仕上げまで)
   ※導入、序盤の指導は、夏期講習ではなく7月度の通常授業で学習を終える予定です
 ・英語
   英文法「三人称単数現在」「人称代名詞」
 ・理科
   問題演習;化学分野
 ・社会
   授業ではなく課題学習で行います

備考 
 1学期の総復習は行いません
 
 
 

夏期講習Q&A

すでにこういったご質問をいただいております。
 

夏期講習だけ受けられますか?

OKです。

夏期講習のみの参加も可能なのですが、いくつか注意点を。
 

①5教科平等のコマ割りではありません。

特に1・2年の社会科は、授業ではなく、暗記物の課題にチャレンジする形式で学習します。

そして、これまた1・2年生ですが、この夏にもっとも力を入れるのは国語です。この教科が全体の半分ほどになります。 ※1学期期末テストの結果を見て判断しました
 

②1・2年生の講習は、7月度授業とリンクしています。

国語・理科・社会は心配していません。講習のみ参加の生徒さんについて、大変になるだろうと考えているのが、数学・英語です。

この2教科は、7月度授業の続きを学習する予定なのです。どちらの教科も、学校の授業進度より少しだけ先の単元を進めているところです。

講習のみ参加ですと、授業についてくるのが大変になってしまうかもしれません(特に数学が)。

できれば、7月度からの入塾をお勧めします。
 
 
 

最後に、進学塾の中の人として。
 
夏期講習で頑張ったとしても、それだけで「2学期の成績が急激に伸びた!」というような劇的な変化を望むのは難しいです。

結果を出せるようになるにはある程度の時間と労力が必ず必要になるからであり、それには夏休みの間だけでは不十分だからです。それはどこの塾でも同じだと思います。
 
ここだと思った塾の門をたたいて、夏だけではなく、ぜひ秋、冬と、じっくり勉強に取り組ませてあげてください。
 
それがさくら塾でしたら光栄です。
 
 
 

お問い合わせ

募集は予告なく締め切ることがあります。あらかじめご了承ください。

ご質問や体験授業の申込みはコチラ。
 

 
 
体験授業の説明はコチラ。
 

 
 
さくら塾の特長についてはコチラ。
 

 
 
最後にもう一度。
 

 
 
それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました