主体的に学習に取り組む態度は全教科「A」でありたい

なまはげコラム
この記事は約5分で読めます。

 
 
 
なまはげおじさんです、こんにちは。

君津のさくら塾のブログへようこそ。

今日は通知表のお話、中学生向けです。
 
 
 

学校の先生はあなたの味方です

通知表の中でも、「主体的に学習に取り組む態度」について書いてみます。

ぜひ、あなたの通知表を広げてみて、それを見ながらじっくり読んでみてください。
 
 
 

観点別評価

通知表の5段階評定は、観点別評価によって「5」「4」「3」「2」「1」が決まります。
 

観点別評価とは、
「知識・技能」
「思考・判断・表現」
「主体的に学習に取り組む態度」 
という3つの項目のこと。

 

テストが0点でも、観点別評価がすべて「C」でなければ、「1」はめったにつきません。

その逆もしかり。

テストが満点でも、観点別評価に1つでも「B」があれば、「5」にはならないのです。
 
 
 

昨年から、観点別評価の項目が変更され、3つに減らされました。

コチラ特集記事です。
 

 
4項目から減らされた新スタイル、今年で2年目です。通知表のスカスカしてる感じ、いまだに慣れません笑
 
 
 

主体的に学習に取り組む態度

さて、今日のお題は、3項目の中の1つ、「主体的に学習に取り組む態度」です。

この項目、昨年度から「A」が取りにくくなったんですよ。
※詳しくは上の特集記事
 かなり難しい内容なので、中学生は読み飛ばしてもOKです

 
 

あなたの通知表、もう一度チェックしてみてください。

「主体的に学習に取り組む態度」、どんな評価をされていますか?
 
 

「A」がある?

それは教科担任の先生からの

「いいね!」
「グッドボタン」

のようなもの。

どうぞ胸を張ってください。
 
 

もし、9教科すべてで「A」だとしたら、それは本当に素晴らしいことですよ。

9人の異なる大人が、あなたの勉強に取り組む様子を見て、

「うむ!」

と高評価してくれたんですから。

きっと、職員室でも、

「あのコはいいねぇ」
「頑張ってますよね」
「応援したくなるね」

なんて話題になってるハズ。
 
 
 

……ひょっとしたら、こんな人もいるかもしれません。
 

えー、「B」?
私がんばったのになぁ

なんでこの教科は
「A」じゃないの?

 
私のことだ、と思ったあなた!

2学期は挽回しましょうね。

「主体的に学習に取り組む態度」をオール「A」にするために、まずは、良くなかったところを見つけましょう。

授業態度?
提出物?
言葉遣い?
学習姿勢?

他にもありそうですが、1学期をふり返って、あなたに当てはまるのはどれでしょうか。
 

……???
思い当たらない……

 
ちゃんとやってたつもりなのに、「主体的に学習に取り組む態度」が「A」じゃなかった。

原因がわからん!

そんなあなたに質問です。

「主体的に学習に取り組む態度」が「A」ではない教科、いくつありますか?

1教科だけ?

複数教科ある?
 
 

分けて書いてみますね。
 
 
 

1教科だけある場合

ほかの8教科は「主体的に学習に取り組む態度」が「A」なのに、特定の1教科だけ「A」ではなかった。

これね、はっきりとした原因があるはずですよ。

その教科の様子、
教科担任の先生とのやり取り、

思い出してみて。
 

他の8教科が「A」なのだから、もともと先生方から頑張り屋さんと思われてるはず。

その原因さえ改善できれば、きっと2学期は「A」に上がりますよ。
 
 

思い当たることがない?

むむむ。

それは、教科担任の先生に聞くべきですね。

クレームを言うんじゃなくて、より良い自分になるための助言を求めるわけです。
 

どういうところを改善すべきかアドバイスをお願いします!

 
学級担任の先生や、お家の方に、間に入ってもらうのもアリですよ。

※文句を言いに行くわけじゃないですからね。
 非常識な態度をとって先生方を困らせちゃダメ!
 
 
 

複数教科ある場合

1教科だけではなく、いくつかの教科で「A」ではないものがついていて、それでいてその理由がわからない人。

これね、とてもマズイ状態です。

あなたの鏡がゆがんでるかもしれません。
 
 

あなたは「ちゃんと」やってるつもりでも、周りの大人はそう評価していないということは、あなたの「ちゃんと」がズレているんです。

なぜなら、周りの大人はすべて、評価のプロフェッショナルである、プロの教員だから。

客観的にあなたの学習を見つめて、冷静に評価しているからです。

先生方の評価がおかしいと断ずるのは、ムリがあります。

※通知表は、教科担任→学級担任→学年主任→教務主任→教頭先生→校長先生の順で、厳重にチェックされるんです。万が一おかしい評価があったとしても、途中で誰かが気づいて、教科担任へ戻されて、正しい評価に直されます。
 

厳しいことを書いてゴメンナサイ。

でもね、まっさらな心で、
 

私は本当に
「ちゃんと」
やれてたのかな?

 
と、ふり返るべきですよ。
 

あなた自身を映し出す鏡、
そのゆがみを直しましょう。
 
 

どういうところを直すべきかわからない、具体的に言葉にできない、という人は、教科担任ではなく学級担任の先生に相談にのってもらうのがオススメです。

学級担任とうまくいってない人は、学年主任の先生に。
 

学校の先生は、あなたの味方ですよ。
 
 
 

ちなみに。

改善点を意識できるようになると、不思議なことにテストの点数も伸び始めるんですよ、コレが。

ホントだよ。
 
 
 
 
 

以上、「主体的に学習に取り組む態度」についてのお話でした。

それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました