【2022】公立上位校に合格するために必要なこと【国語編】

千葉県の高校入試
この記事は約3分で読めます。

 
 
 

こんにちは、なまはげおじさんです。

君津のさくら塾のブログへようこそ。

今日は千葉県の中3生向けのお話です。
 
 
 

慣れと基礎力

先日県教委が公開した、今年の入試のデータ。

公立上位校に合格するために必要なことは何か、まとめ直しつつ考えてみました。
 
 
 

今年の傾向をチェック!

県教委が開示した得点分布のグラフです。
 

 
90点以上とれた人はほぼいませんし、80点台すら全体の2%程度です。

千葉県の国語、高得点のとりにくさは全国屈指といえます。
※詳しくは『千葉県の国語はなぜ高得点がとりにくいのか』をどうぞ。
 

県千葉千葉東など最上位校の受験生でも、国語は80点とれたら大成功

木更津幕張総合なら、60点台でも失敗ではありません。ほかの教科で十分取り返せます。
 
 
 

千葉県独特の出題形式をチェック!

現行の国語の大問は、こんな並びです。

 大問一 聞き取り検査
 大問二 漢字(読み)
 大問三 漢字(書き)
 大問四 説明的文章読解
 大問五 文学的文章読解
 大問六 古典
 大問七 条件付き作文

独特の出題形式です。

千葉県の国語はなぜ高得点がとりにくいのか』でまとめたように、時間とのたたかいであり、焦りとのたたかいでもあります。 

事前練習は不可欠。

学校の復習確認テストで体験できますが、それだけでは経験値として不足かもしれません。

塾に通っていない人は、外部模試などに挑戦するのがよいでしょう。
 

模試などで千葉県の出題形式に慣れよう

 
 
 

今年はあまりに難しすぎた

現高1の代の入試、県教委が発表した問題ごとの正答率を、グラフにまとめ直してみました。
※部分点ありの場合、1点でも得点できた受験生の割合をグラフ化
 例;3点10%,2点20%,1点30% → 合計60%
 

 
正答率30~50%はオレンジ、30%を下回る難しい問題は赤系で表示しています。

オレンジ 6点
赤系   35点
 

……うん、赤が多すぎる。これじゃ上位層も総崩れになりますよ。

以前特集したときは、「オレンジ問題を得点できれば80点も夢じゃない」なんて書きましたが、今年は70点にも届きません。

オレンジと赤の比率、逆じゃありません?
県教委の中の人、難易度の調整に失敗しましたね。
 
 

とにかく得点しづらかった今年の国語。

それだけに、簡単な問題でミスしてしまった人が、ライバルに差をつけられてしまったことは想像に難く(かたく)ありません。

基礎問題をミスせず確実に得点すること。これが本当に大切な攻め方と言えます。
 

誰もが正答できる問題で、確実に得点しよう

 
 
 

カギは作文にあり!?

大問七の条件付き作文についてもグラフにしました。

コチラです。
 

 
意外ですよね。

8点以上稼げている人が結構いるんです。

合計34.2%、
全体の3分の1以上です。

作文はしっかり対策すれば、貴重な得点源になるかもしれませんよ。
 
 

条件付き作文を得点源にしよう

 
 
 

千葉県公立入試は基礎力重視で!

以上、2022公立入試、国語編でした。
 

公立上位校に合格するには、高い得点力が必要です。

しかし、それは、難しい問題がスラスラ解ける力、という意味ではありません。
 

必要なことは、

千葉県の出題形式への慣れ
高い基礎力

の2つです。
 

ここでの「高い基礎力」とは、誰もが正答できる問題で確実に得点できる力(=ディフェンス力)であり、そしてもう1つ、正答率の低い問題でも投げ出さずに考えることのできる力(=オフェンス力)でもあります。

公立上位校に合格するには、ディフェンス力もオフェンス力も、どちらも大事ですよ。
 
 
 

それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

 
 
 

タグ さくら塾 君津 塾 進学塾 木更津高校 君津高校 木高 君高 高校入試

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました