【令和4年度入試】公立高校の進路志望状況調査をチェックしよう

千葉県の高校入試
この記事は約5分で読めます。

 
 
 
なまはげおじさんです、こんにちは。

君津のさくら塾では、ただいま新年度生を募集しております。

 
今日は令和4年度の千葉県公立高校入試のデータ特集です。
 
 
 

今年度の入試の傾向は?

千葉県教育研究会の進路指導研究部会が、公立高校の進路志望状況調査を発表しました。

3学期の初日に、千葉県内(茨城&埼玉の一部も含む)の中学3年生にとったアンケートです。

集計は本当に大変だったと思います。進路指導研究部会の先生方、今年もありがとうございます。
 
 

49,780人から回答を得て、そのうち35,363人が公立高校を受験予定とのこと。全体の7割が公立志望で3割が私立志望、例年通りですね。
 
 

現中3生は、昨年度より約1,630人増えています。

それに合わせて県教委は公立高校の定員を増やしましたが、それが400人分しかないんです。
※第9学区の定員増は市原八幡のみ

よって、昨年度よりも倍率は上がるはず。
特に人口の集中する都市部の人気校!

それではさっそくデータを見ていきましょう。
 

 
情報量が多いので、絞ってチェックしていきます。
 
 
 

都市部と郡部

千葉県公立入試は、都市部は倍率が高く郡部はその逆、という傾向がずっと続いています。きっと全国どこも同じなんでしょうねぇ。

9つの学区の一番手校のようすをまとめました。
 

 
この表を見ると、人口分布がなんとなくわかりますね。倍率の数値が全然違いますもん。

「都市部」に該当するのは、第1・2・3学区(第4学区も含まれるのかな)、「郡部」が第5・6・7・8・9学区です。

第8学区、私の見間違えでなければ、全校全学科が 1.00倍に届いていません……。
 
 
 

上位校、千葉市内は激戦

まずは、内房エリア上位校のようすです。

 
県千葉は予想以上に集まりました。この報道を見て回避する人もいるんじゃないでしょうか、これは多すぎます。

逆に千葉東は少ないです。県千葉からどの程度流れてくるか。

木更津普通科幕総総合学科、受験予定の人はイメージ通りだったんじゃないでしょうか。まぁこんなもんでしょう。

君津普通科、今年は定員割れはまぬがれそうですが、うーん、集まりませんなぁ。このようすだと、次年度あたり、募集定員減になるかもしれません。

木更津理数科、これはキビシーーー。ド派手に割れるか、はたまた普通科から回ってきて 1.00倍に届くのか。今年もあるのか『スライド合格』。
  
 
 

第9学区、半分以上が定員割れ!?

第9学区の公立高校に、県千葉・千葉東・幕張総合の人気3校を加えてまとめてみました。

全日制平均が 1.13倍なので、これを基準に、

①1.13よりも高い学校
②低い学校
③1.00倍を割っている学校

の3グループに分けました。
 

まずは人気グループ。

 
袖ヶ浦普通科、例年と比較すると今年は凪いでいます。喜んでいる人、結構いるんじゃないでしょうか(油断しないでね)。

ビックリさせられたのは京葉です。昨年は定員割れしたんですが、打って変わって今年は集まりましたねぇ。市原市民が注目したのかな、どうだろ。
  
 
 

2つめのグループです。

 
市原八幡は、定員を40人増やして正解でしたね。需給が合致した格好です。

君津園芸科、おめでとうございます! 普通科に続いて、こちらも定員割れを回避できそうです。何人かは他校へ動くかもしれません。
  
 
 

1.00倍を割り込んだグループです。

 
上の方でふれたとおり、郡部はほとんどの学校学科が定員割れを起こしてしまいます。県教委もこれには頭を抱えており、現在新たな公立高校改革を進めているところです。

第9学区も大変なことになっています。4校とりあげます。
 

市原緑、危ういですが割れずに本番を迎えるのではないでしょうか。

木更津東普通科、ここ3年ほど人気だったのですが、久しぶりにピンチを迎えています。ただ、駅チカの好立地ですし、もうちょっとだけ増えそうな気はします。

袖ヶ浦情報コミュニケーションはどうなるかなぁ……今年の袖高は普通科もライバルが少なくてチャンスだから、あまり受験生は回ってこないんじゃないかな。

君津商業に人が集まらないのが不思議でしょうがないです。高卒からの就職にしろ、商業に関する大学進学にしろ、進路をしっかり考えたらこの高校は魅力的なんだけどなぁ。
  
 
 

受験生のみなさん、

あまりこうしたデータに惑わされないようにしてくださいね。

なぜその高校を受験したいのか

その気持ちと向き合って、受験校を決定してください。
 
 
 
 
 

以上、公立高校の進路志望状況調査についての特集記事でした。

何か聞きたいことのあるさくらっ子&保護者のみなさまは、いつものようにLINEを。
 

最後にもう一度。

ただいま新年度生の募集をしております。
 

 
それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました