「塗り残し」を見つけて、すべて塗りつぶせ!

さくら塾日記
この記事は約3分で読めます。

 
 
 
なまはげおじさんです、こんにちは。

君津のさくら塾のブログへようこそ。 

今日のブログは、3年さくらっ子に向けたものです。
 
 
 

Paint it all !

中学校に入学してからこの3年冬までの間、3年さくらっ子のみなさんはコツコツ勉強を進めてきました。

それはいわば、自分の脳みそに基礎・基本という名のペンキを塗ってきたようなもの。
 
 

……というわけで、受験勉強をペンキ塗りに例えてみようと思います。
 
 
 

脳みそに、隙間なくペンキを塗る。

国語・数学・英語・理科・社会、5色で、丁寧に。
 
 
 

人によって使えるハケの大きさは違います。

大きなハケで短い時間ですませる人もいれば、小さなハケなので多くの時間がかかる人もいるでしょう。  
 

また、ハケの使い方も違いが出ます。

工夫せず雑に使う人もいれば、頭を使って丁寧に扱う人もいます。 
 
 

そもそも、受験勉強というペンキ塗りは、塗らなければならない面積が広いんです。

サッとやるだけで完成にできる、きれいに塗りつくせる、そんな人はめったにいやしません。

それに、一度塗りではうまく色はつきませんし、やがて色はあせてしまいます。
 
 

だからみなさんは、家で二度塗りをし、また時間をおいて三度塗り…としてきました。

苦手な教科・単元ほど、何度も何度も塗り重ねてきたはず。

勉強は、量が本当に大切なんですよね。夏休みに戻ってやり直したい、なんて考えちゃう人もいるんじゃないかな。
 
 
 

さて、1月も終わりが見えてきました。
 

受験勉強もそろそろ仕上げを意識せねばなりません。

ペンキ塗りで例えるなら、「塗り残し」がないかの点検作業です。

今さくら塾でやっている基礎問題演習こそが、まさにその点検作業なのです。
 
 

丁寧に塗ってきたつもりでも、点検作業をしてみたら(=基礎問題を解いてみたら)、「塗り残し」が見つかった(=基礎知識の抜けが見つかった)、なんて単元もあるかもしれませんね。
 

いいんです、「塗り残し」が見つかっても。

あらためて塗り直せばいいだけ。まだ間に合います

入試本番に初めて「塗り残し」に気づくのはNGだけどね。
 
  

「塗り残し」とは、基礎問題を間違えてしまうことだけを指しているわけではありません。

どの教科の基礎問題にも言えることですが、なぜそうなるのか適切に説明できないなら「塗り残し」であると考える必要があります。

教科書に戻り、丁寧に確認しましょう。
 
 
 

3年さくらっ子のみなさん、公立高校入試本番までの限られた日々は、「塗り残し」を発見し、それを着実に塗りつぶすことに情熱を傾けましょう。
 
 

問題を解いていて正解できなくても、ガッカリする必要はありません。むしろラッキーなんです。

だって、それこそがあなたが探していた「塗り残し」、本番前に無事発見できたのですから。

あとはもう一度ハケを手にして、丁寧に丁寧に塗り直せばよいのです。
 
 
 

学校では、授業ではなく、プリントを使っての問題演習がメインになっているかな。

それって、まさに「塗り残し」発見のチャンスですよね。
 

すべて正答できたら自信にすればいいし、もし「塗り残し」が見つかったらしめたもの。

すぐにふせんなどにチェックをして、その日のうちに確実に塗りつぶす!
 
 
 

学校でも、

家でも、

さくら塾でも、

最終点検の始まりです!
 
 

「塗り残し」を見つけては、塗って塗って塗りつぶせ!
 
 
 
 
 

以上、公立入試まであと30日となった今日のブログでした。

それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
  

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました