一ヶ月 先はコロナの 霧の中

さくら塾日記
この記事は約2分で読めます。

 
 
 
こんにちは、なまはげおじさんです。

君津のさくら塾のブログへようこそ。
 
 
 

昨日は暖かい一日でした。

私は朝から夕方まで教室で仕事をしていたのですが、暖房をつけることなく過ごせましたよ。

さすがは内房笑
 
 
 

昼食後にかかりきりになっていたのが、次年度の準備です。

新しいテキストの選定
お金関係の調整
お知らせ作成

などは順調に進めることができています。

チラシの原稿はこれからですが。
ガンバリマス
 
 
 

ところが、ここに来て、順調どころか一旦リセットしなければならなくなったものがあるんです。

年末に一度は組み立てたのに。

昨日の夕方はずっとコイツをいじってました。
 

なんのことかといいますと、

3月・4月の授業予定です。

各学年の新年度初回授業日が、いまだに定まらないのです。
 
 

原因は、ご存知オミクロン株。

1ヶ月先が見通せないんですよ。

ましてや3月・4月の日本がどうなっているのかイメージするなんて、ちょっとした妄想みたいなものです。
 
 

デルタ株のときを参考にすると、

感染者数がさらに増加
 ↓
首相、緊急事態宣言
 ↓
人流低下
 ↓
第6波の終わり

となるのか。
 

それとも、オミクロン株は弱毒なので感染してもリスクは高くないと判断して、 

感染者数がさらに増加
 ↓
首相、静観
 ↓
 ↓
 ↓
第6波の終わり

という展開もありうるか。
 

どっちもありそう

 
さあ困りましたよ。

はたして第6波はどれだけ続くのか。
 

まったくわからん

 
3月上旬から新年度をスタートしたとして、さくらっ子全員が授業に参加できるのか。
 

自宅待機の人がいるかも

どうすればいいのー!?

 
ほとほと困り果てて、教室をあとにしたのでした。
 
 
 

さくら塾保護者のみなさま、

新年度のお知らせは、もう少々お待ち下さい。
 
 
 
 
 

それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました