現高1の内申点が発表されているので君津市の中学校をチェック!

千葉県の高校入試

 
 
 
自習室で頑張る3年生、その姿に目を細めるなまはげおじさんです、こんにちは。

君津のさくら塾のブログへようこそ。

今日はデータもの、前編。
 
 
 

新制度初年度の内申点

県教委が、中学校別に現高1の内申点を発表しています。

入試のシステムを変更した初年度、

どのような傾向があるのでしょうか。

君津市内、全県平均の順でデータを見ていきましょう。
 
 
 

君津市内の中学校のデータ

君津市の公立中は7校。

すべて掲載します。
 
 

 
君津中は、理科と英語、全体の30%以上に「5」がつく大盤振る舞い。きっとかなりデキる学年だったに違いない。
その一方で、美術で「5」をもらえたのは10%にも満たない。絵がヘタクソだったのかな。
 
 
 

 
周西中は、英語の「5」が30%、技術家庭の「5」は3%、隣合わせなので目立つなぁ。
他校と比べて「1」の割合がかなり高い(5%を超える教科があるのはここだけ)、ひょっとしたらいろいろと大変だったのかもしれない。
 
 
 

 
周南中は美術に注目。
「5」が3%もいないが、「4」「3」で合計95%。
どんな評価基準なんだろう。
 
 
 

 
周東中、ここも美術が厳しい。
断言しよう、
君津市では、美術で「5」をとるのは至難の業である
 
 
 

 
上総小櫃中、ここも美術!
「5」が1人しかいない!
どうなってんだー!
 
 
 

 
周西南中、学年平均が100の大台に到達。
社会は「5」が40%も! 音楽は「5」「4」合計で88%も!
これはすごい。
 
 
 

 
八重原中、ここは他校と違う。
音・美・技の「5」が多い!
『5教科』との逆転現象が起きてるのはここだけ。
 
 
 

千葉県全体のデータ

県内公立中学校及び義務教育学校(369校)から県教委に提出された学習成績分布表を、1つの表にまとめた資料が公開されています。

科目別の全県平均ですね。

コチラです。
 

 
『5教科』とそれ以外の教科とでだいぶ違いますね。千葉県の評定のつき方についてまとめてみました。
 

千葉県の評定は『5教科』と『音美保技』で傾向が異なる
●『5教科』
 「4」「5」で50%
  →普通にやってれば「4」
   テスト高得点なら「5」
●『音美保技』
 「4」「3」で75%
  →普通にやってれば「3」
   かなり頑張ったら「4」
   めったにとれない「5」

 
つまり、『5教科』については、通知表の「3」はあまりよろしくない、ということ。全体の50%が「5」「4」なのですから。
 

「3」をもらっちゃった人、

この夏休み、お勉強頑張りましょうね。
 
 
 

評定は甘くなったのか

令和3年度入試から、『算式1』が廃止されました。
※評定の学年平均が高すぎる中学校は、その分減点される制度

評定はどうしても中学校間の格差が生じてしまいますが、それを是正することはもうしません。

ですから、この入試から、各中学校の評定が甘くなることが予想されていました。
 

君津市のデータです。
 

 
グラフです。
 

 
全体的にじわりと右上がりですね。

予想どおり。

今年はもう少し上がるかもしれません。
 
 
 
 
 

以上、現高1の内申点についてのお話、前編でした。

後編は、美術科についての特集を予定しています。

それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。

続き。
 


 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました