さくら塾はまわりの塾とは雰囲気が違います

こんな塾です

 
 
 
 よく降りますなぁ。こんにちは、なまはげおじさんです。

 君津のさくら塾のブログへようこそ。

 今日はさくら塾の紹介記事です。
 
 
 

雰囲気が違う 

 こちらはちっちゃな進学塾、君津のさくら塾です。

 公立上位校への進学を目指している中学生たちが集まり、毎日コツコツと集中して勉強に取り組んでいます。
 

 このさくら塾、転塾してきたばかりの生徒に言わせると、
 

前いた塾とは全然違う!

どういうところが違うの?

雰囲気!

 
 そっかぁ、

 雰囲気が違う、かぁ。

 それはきっと、さくら塾の持つ良さ。

 地域の方にアピールしなくちゃ。  
 

 そこで、さくら塾が普段どんな雰囲気の中で授業をしているのか、それをまとめてみました。

 いわばブログでの体験授業です。

 どうぞご参加ください!
 
 
 

19:00 さくらっ子が集まり始める

 自席に荷物を置き、宿題を提出に来ます。

 前期の授業は 19:15~21:45 ですが、時間ギリギリに飛び込んでくるような人はあまりいません。みんな少し早めに着席して、授業の始まりを待っています。

 授業最初のミニテストに備えて準備をする人が多いです。

 ルーズリーフのメモを読み直したり、
 前回使ったプリントに目を通したり、
 テキストで問題演習をしたり。

 短い時間ですが、『英語教科書チャレンジ』や『歴史一問一答』などの課題に挑戦する人もいます。

 おしゃべりを楽しんだり、
 スマホをいじったり、
 ぼーっとしていたり、

 そんな過ごし方をしている人はいません。
 このあたりが「教室の雰囲気が違う」と言われるところなのかな。
 
 
 

19:15 数学

 授業開始。

 まずはミニテスト、前回の学習内容からの出題。

 さくらっ子が解いている間、私は宿題のようすをチラリと確認し、ミニテストの解き具合をこれまたチラリと確認します。
 
 
 

19:20 答案を交換して採点、得点の記録

 タイマーが鳴ったら、答案を交換し合って、それぞれが採点します。

 答案を自分ひとりで丸付けしていると気づかないようなミスや誤解を招きかねない表現も、他の人にチェックしてもらうことでそれに気づくことができます。

 マルつけをする側も、「マルつけをする能力」が問われます。自学する力がまだ弱い人は、採点ミスがチラホラと。このあたりも指導しています。
 
 
 

19:25 新しい単元の学習スタート

 さくら塾は補習塾ではありませんので、説明はなるべく短い時間でテンポよく行い、そのぶん問題演習の時間を確保することに努めています。
 カッコよく書いてしまいましたが、これが本当に難しいです。同じ内容を指導するにしても、授業に参加するメンバーが異なるので、まったく同じ説明をすることはありません。さくらっ子ひとりひとりの顔を思い浮かべながら、授業前に試行錯誤しています。 
 

 問題演習で私が気をつけているのは、細かく教えすぎないこと。

 自分自身で頭をフル回転させて考えるからこそ基礎力が伸びるわけで、そのために問題演習の時間を確保しているのです。あまり口を出してしまっては、かえってさくらっ子の成長のジャマになってしまいます。

 ですから、困っているさくらっ子を見かけても、すぐには教えません。ポイントをくり返しつぶやいてみたり、ヒントをそっと伝えたり。

 なるべく口を出さず、見守るようにしています。
 困ったときにすぐに教えてくれる塾が「わかりやすい塾」なら、さくら塾は「わかりにくい塾」でしょうね。
 
 

 誰かがその大問をすべて正答できたら、そこでいったんおしまいにして、まだ途中であっても次の例題へ進みます。

 自分のペースでは学習させていません。

 スピードが身につきませんし、
 適切な負荷もかからないので、

 それでは殻を破ることができないのです。

 あることがらを学びながら、同時に、まわりのさくらっ子の存在を(=疑似ライバルとして)感じていてほしいのです。

 小中学生には、この種の切磋琢磨は非常に有効です。そのための集団指導です。
 
 
 

20:10 数学終了、5分間休憩

 休み時間ではなく、休憩です。

 指示はなるべくドリンクを口にすることのみで、ほったらかしています。

 みな黙々と次の英語のミニテストの準備をしています。
 
 
 

20:15 英語

 授業再開。

 またミニテストからです。前回の学習内容の定着をチェックします。
 
 
 

20:20 答案を交換して採点、得点の記録

 採点の結果、定着が不十分であると判断された場合、教室から出て、自習室で前回内容の復習をします。その間、教室では授業が進んでいきますから、急いで復習し、教室に戻ってこなければなりません。

 このさくら塾のミニテストは、家で授業内容を復習してくることを促すもの。自学のできる生徒になってほしいという願いがこもっています。

 さくら塾のシステムに慣れてくると、
 少しずつ家庭学習の量が増えてきて、
 そして家庭学習が習慣になってきます。

 学習量が増えてきますから、
 自学の質そのものも上がってきます

 テスト勉強も効率的に進められるので、
 テストの得点や学年順位も上昇し、
 やがては『内申点』も向上します。

 自学ができるようになってくると、公立上位校進学に向けて進路が拓けてくるのです。
 
 
 

20:25 新しい単元の学習スタート

 英語の授業は、主に4パターンです。

 新しい英文法の解説、
 英文法の問題演習、
 教科書の音読和訳(=長文対策)、
 そして『英語教科書チャレンジ』。

 新しい英文法の指導をするときには、必ず既習のことがらを織り交ぜながら進めていくようにしています。いわゆるらせん型の学習ですね。新しいことを学びながら、同時に復習もしている。そんな授業を展開しています。

 単元のまとめには、『ブルームテスト』を用意しています。数学・英語を合わせると、月に2~3回です。さくらっ子はこのブルテに向けて計画的に復習し、単元の総仕上げとしています。
 
 
 

21:10 英語終了、5分間休憩

 この休憩時間は、残りの時間に自分がすることの準備。

 ドリンクを口にしたらすぐに、数学ミニテストの解き直しをしたり、『英語教科書チャレンジ』の準備をしたり、さくらっ子ひとりひとりが自分で考え、判断し、学習を始めます。
 
 
 

21:15 『自由に使える30分』スタート

 ここから30分間は、さくらっ子ひとりひとりが自由に使える時間になります。おそらくこんな取り組みをしている塾はあまりないでしょうね。 

 今日の学習内容についての質問、
 ミニテストの解き直し、
 『英語教科書チャレンジ』、
 課題になっている『歴史一問一答』、
 その日の宿題を進める、
 「やることリスト」の見直し、
 学校のワーク、

 さくらっ子によってやることはさまざま。
 受験期になると、進路相談をすることもあります。

 私は、さくらっ子の自学のジャマにならないように自習室で待機。ときに教室に入り、声をかけに回ります。
 
 
  

21:45 授業終了

 21:45、授業終了です。

 大手塾では質問者が列になったりして、迎えに来ている保護者がずいぶん待たされるなんてことがありますが、さくら塾ではそれはありません。『自由に使える30分』がありますからね。

 教室玄関でおしゃべりで盛り上がっておうちの方をイライラさせたり、コンビニや公園に集まってグダグダ過ごしたりもナシ!

 すぐに片づけて、机の上の消しカスを捨てて、全員即帰宅です。
 
 
 
 
 
 
 以上、ブログ上での体験授業、いかがでしたか。 

 さくら塾には、
 騒げる仲間はいませんが、
 受験に立ち向かう仲間がいます。

 教室で、
 自習室で、
 それぞれが未来に向かって頑張っています。

 自然に目に入るその後ろ姿に、
 励まされたり、
 刺激を受けたり。

 勉強を頑張ることが当たり前。

 さくら塾はそんな雰囲気でいっぱいの塾です。
  

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 千葉高校 千葉東高校 木更津高校 幕張総合高校 君津高校 高校入試

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました