沖縄県、休校へ

なまはげコラム

 
 
 
 今日は気圧の関係で体調を崩す生徒が多そうですな。何とか乗り切ってほしいなまはげおじさんです、こんにちは。

 君津市のさくら塾のブログへようこそ。

 今日はコロナ関連のお話。
 
 
 

沖縄県、休校へ

 沖縄県が大変です。リンクは琉球新報。

 沖縄でコロナ新たに244人感染
重症患者は過去最多の23人(6月4日朝)

 
 沖縄県の人口が約145万人、千葉県は約627万人なので、沖縄の新規感染者数244人は千葉県換算で1055人となります。これはマズイ。
 

 記事をざっとまとめると、

・新型コロナ病床、占有率が99.5%
・3日判明のクラスターは5件
 医療機関/中学校/県立学校/家族/家族
・直近1週間の10万人あたりの新規感染者は124.83人
 なお全国平均は17.29人
未成年の感染拡大が続いている

 となります。

 学校で複数のクラスターが発生しているのが非常に気になります。昨夜のニュース番組でも、沖縄県の医療関係者がやはりこの点を指摘していました。未成年の感染者が急増しているそうです。また、昨年に比べると検査で検出されるウイルスの量がかなり多くなっているのだとか。むむむ。
 
 

 沖縄県の感染者数のデータはコチラ。
 

 
 おそらくピークアウトし始めてはいますが、5月中旬以降高止まりになっているのも確か。GWに観光客が多く訪れた影響なのかもしれません。
 
 

 昨夜、沖縄県は独自の対策を打ち出しました。リンクは琉球新報。

沖縄の県立学校7日から2週間休校
コロナ対策 小中学校にも休校要請へ

 
 こちらの記事もざっとまとめますね。

県立学校は7~20日を休校と決定
 小中学校も揃えるよう依頼
部活動は中止
 県内の大会も中止
保育園は登園自粛や臨時休園を依頼
・大型商業施設は土日休業の要請
・全イベントの延期・中止の要請

 今までとられてきたコロナ対策とはちょっと違いますね。飲食店の酒類提供についてだけでなく、未成年の感染拡大をどう防ぐか、その点に力を注いでいるようです。昨年に引き続き、休校に踏み切りました。しかし、沖縄県の小さな子どものいるご家庭、これでは出勤しづらくなってしまいますね。家計大ピンチでは。
 
 

 さて、千葉県は。

 ここのところ関東の新規感染者数はピークアウトしつつあります。内房エリアでは散発的に感染者が確認されてはいますが、懸念されていたほどGWの影響は出ていません。ちょっとホッとしています。

 しかし、インドで大流行している「デルタ株」、あれが日本国内で続々確認されているのが気になります。とんでもない感染力らしいので、一気に感染が広がる可能性があるようです。

 もしそうなったら、沖縄県よりも人口の多い南関東では、よりひどい状況になるでしょう。そのときは、「沖縄方式」の採用が検討されるかもしれません。学校休校・保育園休園。突然そんなことを言われたら……困っちゃうよなぁ。

 昼間の間、子どもたちをあずかってくれる親戚が近くに住んでいたらいいんですけどね。そうでないなら、「沖縄方式」が採用されたらどうするか、今のうちに考えておくべきなのかもしれません。
 
 
 
 
 

 以上、沖縄県が休校に踏み切ったというお話でした。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました