【こんな塾です】はじめに読むページ

こんな塾です

 
 
 
 さくら塾のブログへようこそ。

 こちらは『はじめに読むページ』です。これを読んでくだされば、いったいどんな塾なのか、ぼんやりとイメージできるはず。

 さくら塾に興味を持っていただければ幸いです。
 
 
 

さくら塾に指導者はひとりだけ

はじめまして、さくら塾のなまはげおじさんです。

 
 2010年7月にさくら塾を立ち上げたきっかけが、生徒ひとりひとりをしっかり指導したいという強い想いでした。20人、30人といった集団を前に授業をしていると、生徒に教えるというよりもクラスを指導する感覚にだんだんとなってしまい、私自身が納得できるような、そんな質の高い指導をすることが難しくなっていきました。十数年思い悩んだ結果、独立してちっちゃな進学塾を開くことにしたのです。 

 中学生の学習指導に携わること20年以上。近隣の中学校のようすや、地元の高校について、しっかり把握しているプロ講師です。

 どうぞよろしくお願いします。
 
 
 

ちっちゃな塾にこだわってます

 学年6名集団授業です。

 授業準備の段階では、どの生徒がどこでつまずくかをイメージし、その対応まで考えています。

 授業では、ひとりひとりの表情を観察し、ノートを見て、名前を呼んで声をかけ、励ましたりヒントを出したり褒めたり(たまに叱ったり)しています。ときには生徒どうし互いの存在を意識させて刺激し合うようしかけることもあります。

 生徒はみんな前向きで、そして意欲的な態度で授業に取り組んでいます。

 いま私は毎日が充実しています。「あぁ、こういう授業がしたかったんだ」という日々を過ごせているからです。胸を張って断言できます。さくら塾は、いいですよ! オススメできる塾です。
 
 
 

対象生徒を絞っています

 さくら塾は、ひとりで運営しているということ、また少人数一斉という集団授業方式をとっていることもあり(個別指導ではありません)、対象生徒を絞っています。

 誰でもウェルカムにしてしまうと、授業での学習目標や指導レベルをどこに合わせるかがどうしてもぼやけてしまい、誰にとっても良いことはないと判断したのです。立ち上げ当初からの紆余曲折を経たものです。経緯についてもう少し詳しく知りたい方は、コチラをお読みください。

 さくら塾が対象にしているのは、公立上位校(県千葉・千葉東・木更津・幕張総合・君津)に本気で進学したい人。はっきりとした進学目標を持っていて、さくら塾の一斉授業についてこられるだけの基礎学力があればウェルカムです。

 公立上位校を目指す人のための塾ですから、以下の方にはさくら塾はオススメできません(●は生徒向け、〇は保護者向けです)。

●学校の授業を大切にしていない人
 (塾に来る資格がないです、ごめんなさい)
●マイペースで勉強したい人
 (それでは殻は破れません、ごめんなさい)
●教室で「その他大勢」でいたい人
 (大手塾に行ってください、ごめんなさい)
〇安い塾をお探しの方
 (もっと安いところがあるかも、ごめんなさい)
〇特別な対応が必要な方
 (対応できる人員がいないのです、ごめんなさい)

 ひとりきりの塾なのでいろんな方を引き受けることは難しいけれど、そのぶんご縁のあった方を全力で応援しよう、そう考えております。
 
 
 

さくら塾の特長

 さくら塾は、公立上位校に進学することをゴールとは考えていません。高校入学後もコツコツと努力を続けていずれは難関大学・有名大学に挑戦してもらいたい、そう考えています。

 そのために、『基礎学力の育成』『自学力の向上』を大きな柱としています。
 
 

★基礎学力の育成

 千葉県の公立高校入試では、すべて教科書に記載されている内容から出題されます。教科書に載っていない定理や法則は不要です。入試制度が変更されても、その方針に変更はありません。

 ですからさくら塾では、基礎学力の育成にこだわっています。また、そのために、さまざまな仕掛けを用意しています。
 

授業は基礎・基本重視

 公立上位校を目指す塾とはいえ、さくら塾の授業は基礎・基本の習得を重視したものです。いたずらに発展問題を扱うことはありません。教科書に戻ることも珍しくありません。身につけるべき基礎的な知識や基本的な考え方をきっちりとおさえ、問題演習に取り組んでいます。
 

暗記してスタンプ

 暗記すべき基礎的な知識は、学習課題としてプリントを与えます。小ステップの暗記テストです。合格すると、その都度教室に掲示した名簿にスタンプが押されていく仕組みです。それぞれの頑張りの見える化です。ちょっとした競争なのですが、さくらっ子は意欲的に取り組んでいます。
 

仕上げにブルームテスト

 ブルームテスト、これは単元末テストです。公立入試に必要になる基礎・基本に絞って作成しています。合格できるまでその教科の授業に参加できないというルールがあります。
 何度も追試に挑戦すると、結果としてたくさんの基礎問題を解くことになりますから、基礎力がめきめきと上がっていきます。「ブルテには苦労させられたけど、おかげで定期テストは大成功できた」という人も珍しくありません。ブルテを通じて、さくらっ子はその単元の基礎力を確実に向上させています。
 

 常に公立入試を意識して、基礎・基本にこだわって指導しています。前期は数学と英語を、後期はそれらに加えて理科を学習しています。
 
 
 

★自学力の向上

 将来、難関大学・有名大学に進学するには、勉強すべきことを自分で考え実行していく力を磨いていくこと、すなわち自学力の向上が必要です。指導者に指示されたことしか勉強しないような人は、高校で伸びません。 自分流の自学のスタイルを確立し、常にそれをアップデートしていける人こそが、有名大学や難関大学へ進学できるのです。

 勉強すべきことを自分で考え実行していく。そんな生徒を育てるために、常日頃からさくらっ子にさまざまなはたらきかけをしています。
 

宿題の削減

 以前はたくさんの宿題を出していました。成績向上につながりますが、勉強すべきことを自分で考えているわけではないので、「質」の高い自学とはいえません。そう考えて、大きく変えました。

 現在のさくら塾では、学年が上がるにつれて宿題の量は減っていきます。3年生になると原則宿題はナシです。

 ただ、家庭学習がゼロになるわけではありません。授業の最初に前回学んだことについてのミニテストがあるので、さくらっ子はそこで満点を取ることを小目標にしています。そのため、宿題がなくても、いつどのように復習すべきかを考え、実行するようになります。
 

テスト勉強も自分で考えて

 定期テストが近くなると、みんなで自習室にこもって勉強するのですが、そこでは一切指示は出しません。自分が納得できる結果を出すためには、どの教科をどのように勉強していくべきか、ひとりひとりが自ら考え、実行しています。答案返却後の解き直しを通じて、テスト勉強のふり返りも促しています。

 観察していると、定期テストを経験するたびに、テスト対策の「質」が少しずつ上がっていることがよくわかります。
 

 自学では、PDCAサイクルを意識するよう、口を酸っぱくして伝えています。 
 

 

ここにあります

 
 さくら塾は、君津中央図書館や公民館(生涯学習センター)のすぐそばにあります。ローソンの裏と表現すればピンとくるでしょうか。住所は、君津市久保2-6-7 1F です。 
 
  

 
  
 大通りを入ったところですので、落ち着いた雰囲気です。大きなマンションの目の前です。目立つ看板などはありませんが、1Fですので迷うことはないかと思います。駐車場がございませんのでご注意ください。 
 
 
 

お問い合わせ

 
 なお、『こんな塾です』というシリーズで、さくら塾の自己紹介をしています。順次記事を追加しておりますので、どうぞご覧ください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました