この冬は部活動には高リスク

なまはげコラム

 
 
 
 今夜はすこぶる冷え込むそうですよ、お気をつけください。こんにちは、なまはげおじさんです。

 さくら塾のブログへようこそ。

 今日は、中高生の部活動のお話。
 
 
 

部活、怖くないですか?

 今年に限っての投げかけです。去年までなら、何とも思っていなかったこと。

 それは、冬のこの時期に中高生が部活動を行うのって怖くないですか?、ということ。

 保護者のみなさまはどうお考えでしょうか。マスクを着けたまま運動するわけにはいかないでしょう。密にもなるでしょう。大きな声も出すでしょう。飛沫も飛び散るでしょう。その場に無症状の感染者がひとりいるだけで、感染するリスクがあるのです。

 もし我が子が新型コロナに感染してしまったら……。

 家庭内感染、特に高齢者と同居なさっているご家庭は大問題です。実際、どういう対応をとればよいのか、さっぱりわかりません。マスコミはこういうことを伝えてほしいですな。

 勤務先にも連絡を入れて、対応を仰がねばならないでしょう。勤め人ならまだしも、私のような自営業者だとしたら収入が途絶えてしまいます。

 第3波の真っただ中の今、保護者のみなさまに問いかけます。冬のこの時期に中高生が部活動を行うこと、怖くありませんか?
 
 

イチフナ、臨時休業に

 イチフナが、今、大変です。

 イチフナとは、船橋市立船橋高校のこと。普通科(学年6クラス)は船橋市民だけしか入学できませんが、商業科と体育科(ともに学年2クラス)は全県OK。部活動の強豪校として全国的に有名です。今年も多くの部が、冬の全国大会に出場を予定しています。

 しかし、大会出場どころの騒ぎではなくなっています。校内でクラスターが発生し、9日(水)からしばらくの間休校措置をとることになったようなのです。

 ご存じのとおり、最近では、コロナ感染者が出ても学校閉鎖をすることはほとんどなくなってきています。小中学校でさえ、学年閉鎖や学級閉鎖など、インフルエンザ対応に近いものが主流。学校閉鎖をしてしまうと、授業が進まなくなってしまうからなのでしょう。

 ところが、イチフナは学校閉鎖(臨時休業)に踏み切りました。実はイチフナのクラスター、かなり大規模なものになってしまっているようなのです。イチフナの公式サイトによると、

 12月5日(土) 職員1名感染確認
   9日(水) この日までに職員3名生徒3名感染確認

 という経緯が公表されていますが、これ以降は情報公開がありません。翌日以降、感染者数が一気に増えてしまい、対応に苦慮しているようなんです。
 

 市保健所によると、同校では11日までに男子バスケットボール部員37人や女子バレーボール部員16人の感染が判明しているが、新たに感染が分かった2人は両部以外の生徒という。

千葉日報 12日(土)

 
 37 + 16 + 2 = 55

 55人!?

 1つの学校の中で、感染者数が 55人!? そりゃ臨時休業にせざるを得ませんな。あまりに多すぎますもの。

 ちなみに下の画像は、船橋市議会議員の石川りょう氏が11日(金)にtwitterに投稿した資料です。
 

 
 あれ?感染者、70人になってるぞ!? それに加えて、「発症日」の欄に「12月△日」と書いてある人が多いのが気になります。発症してしまっている方が少なくないようです。ひどくならないことを心からお祈りいたします。 
 

 13日(日)夜のニュース。

 市立船橋高校では、男子バレーボール部員14人を含む生徒15人の感染が分かり、感染者は計87人(教員13人、生徒74人)になった。

千葉日報 13日(日)

 
 そろそろ止まるかと思ったのですが、そううまくいかないようです。
 
 

部活動で感染?

 島根県松江市の立正大沼南高校で8月に起きたクラスター、108人まで広がりました。これはサッカー部の寮生活によるもので、密になりがちだから起こったのではないか、そう考えられていましたよね。

 しかし、イチフナでは寮生活ではなく、多くの生徒が自宅から通っているとのこと(サッカー部は例外、カレン・ロバート氏のエピソードで有名)。どうやら運動部で練習したりする中で感染が広がったようなのです。報道発表でも、バスケ部●名だの女子バレー部▲名だのといった表現になっていましたから、やはりそういうことなのでしょう。

 夏に予定されていた、現中3生や高3生の代の総合体育大会は、残念ながら中止されました。青春がクライマックスの直前に突然打ち切られた格好で。あれは本当に気の毒でした。

 しかし、今のイチフナのようすを見て思うのは、あのときの中止の判断はやはり正しかったのではないか、ということです。やはり部活動でも感染する可能性があるのです。

 ましてや、今は冬。空気は乾燥し、気温はさらに低くなっていきます。ウイルスにとっては、これからが勢力を拡大するシーズンです。『第3波』のピークは今ではなく、これから訪れるはず。
 
 

 以上のことから、今年に限っては、冬の間の部活動は控えるべきだと考えます。千葉県だけの話ではなく、全国的にブレーキをかけるべきではないでしょうか。
 
 
 
 
 

 以上、中高生の部活動のお話でした。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました