異例の1年、3年生の学校の授業進度はどうなってる?

ローカルなお話

 
 
 
 ジェフの試合がある日は朝から胃が痛くなるなまはげおじさんです、こんにちは。また5点とられちゃうのかな。

 さくら塾のブログへようこそ。

 某中学校3年生の出題範囲表を見て感じたことを、つらつらと書いてみました。
 
 
 

休校措置による遅れは取り戻せたのか?

 昨日の記事で、2年生の授業進度について特集しました。3ヶ月に及んだ休校措置、その遅れを取り戻し、順調にカリキュラムを消化できている教科が多かったのが印象的でした。

 さて、3年生はどうなっているでしょう。

 千葉県では1月半ばに私立入試があり、毎年3年生の80~90%が受験しています。そのため、中3の数学と英語は、12月中に教科書指導を終えるのが進度の目安になっています。多くの私立高校は、入試で理科と社会のテストを行わないので、この2教科は1月いっぱいまで教科書を消化していることが多いです。

 とはいえ、英語は教科書すべてを指導しなくても、英文法さえおさえることができればOK。ですから心配する必要はありません。

 数学がねぇ……。
 
 
 

数学

数学、教科書終わるのかなぁ

おやおや
出題範囲はどうなってるの?

これですー

 

 

うわぁ
まだこのあたりかぁ

 
 『5章 図形と相似』のあとには、

 『6章 円の性質』
 『7章 三平方の定理』
 『8章 標本調査』

 と、実に教科書は50ページほど残っているのです。
 

 2学期もあと1か月ほどでおしまいになるし、1月半ばには私立入試もあるし、受験生としては「教科書が終わるのか?」と不安になっても仕方がないかな。
 

 でもね、おそらく大丈夫です。

 次の資料を見てください。
 

データをすべて並べると大変見にくくなるので、ここ数年のものだけピックアップ。

 
 たしかにここ数年の中でも遅い方ですが、去年(台風の影響で2学期の授業が進まなくなったっけ)も同じくらいのペースだったんですよ。

 中学校を外から見ていた毎年ヒヤヒヤしていますが、どの学年も、年内に『7章 三平方の定理』までは終わっています。去年もね。

 ですから、今年もきっと何とかなる。
 と思う。
 何とかなるんじゃないかな(笑)。

 ひょっとしたら、1日に2回数学があったりするかもしれないし(OBの証言による)、3日で5回も数学やるかもしれないし(OB証言)、授業のペースが急に上がるかもしれないけれど(OB談)、まぁたぶん大丈夫。教科書の学習は終えられるんじゃないかなぁというのが私の見立てです。
 

大丈夫、大丈夫♪

 塾に通わず高校入試に挑戦しようとしている人へ。
 当面の間は、数学の問題演習メインでやっていくようにしてくださいね。おそらく学校の授業では、問題を解く時間を十分に確保することができないでしょうから。3年の図形問題は受験の華、立ちふさがる強敵になります。たっくさん問題を解いて、倒し方に慣れてくださいね。
 
 
 

理科

 数学の話だけで終える予定だったのですが、某中学校3年理科の出題範囲に度肝を抜かれたので、あえてとりあげますよ。

 理科はですね、休校による進度の遅れを取り戻すべく、実験や観察をバッサバサとカットして授業を進めていったようで、……結果としてここ10年でもっとも進度が速くなっています。

 過去最速。

 なんと、11月上旬で教科書内容の学習のすべてを終えてしまったみたいです。

 11月上旬で!

 教科書おしまい!

 11年めのさくら塾ですが、今までそんな話聞いたことありませんよ。
 

 2学期期末テストの出題範囲、OBたちのものと比べてみました。
 

 
 こりゃスゲェ。

 近隣私立高校では入試で理科のテストがないので、「1月中旬の私立入試までに教科書内容を終わらせなければ!」と慌てる必要もないのです。これが数学や英語とは事情の異なるところ。※渋谷幕張などの進学校では5教科入試が主流になりつつあります。

 そのため、このあたりの中学校では、2学期期末テストで地学分野の出題があること自体、めったにないことなんです。それなのに、まさか教科書の最後まで全部とは……!
 

 休校の遅れを取り戻そうとするうちに、気がつけばえらく速い授業進度になっている。これは某中学校だけなのか、近隣の中学校すべてがそうなのか、ちょっと気になるところです。
 
 
 

理解できる→得点できる

 最後に、受験生のみなさんに強調しておきたいことがあります。

 それは、

 学校の授業についていける、
 先生の説明を理解できる、

 ということと、

 問題を解ける、
 テストで得点できる、

 というのは、まったく別のことだという点です。
 

 テストで確実に得点できるようになりたければ、たくさん問題を解くこと、それしかありません。学校の授業のあとが、本当の勉強の始まりなのです。頑張りましょうね。
 
 
 
 
 

 以上、某中学校3年生の授業進度についてのお話でした。遅れをだいぶ取り戻し、高校入試に問題なく挑むことができそうです。ヨカッタ、ヨカッタ

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました