9月に入ってすぐに定期テストをやるのはこの地域では厳しい

ローカルなお話

 
 
 
 ウッチー引退の報道にしょぼくれているなまはげおじさんです、こんにちは。

 さくら塾のブログへようこそ。

 今日もローカルなお話。
 
 
 

9月に入ったらすぐに定期テスト?

 3年さくらっ子が、塾内模試に挑んでおります。

 例年より1週間ほど前倒しして実施中。

 なんでも、9月に入ったらすぐに定期テストがあるそうで、そこから逆算したらこういう日程になってしまったのです。
 
 

 この「夏休み明けにすぐ定期テスト」、

 良くないですよ。
 
 

 メリットは、夏休み中に学習すべきことを明確にできるという点でしょうか。遊んでばかりじゃなく半ば強制的に自学を促すということですな。

 デメリットは、3年生もテスト対策しなければならないので、受験勉強だけに集中することができなくなるという点。
 

 これね、デメリットの方がはるかに大きいですよ。
 
 

 このエリアは伝統的に9月に体育祭を行っており、今年も規模こそ縮小すれど、9月第2週に予定している学校が多いです。

 つまり、2学期になったら、体育の時間が増えるんですよ。

 この猛暑の中で、毎日グラウンド。

 熱中症とのたたかい、with マスク。

 帰宅後、机に向かう気になれます?

 私にはとてもムリですね。
 
 

 ですから、受験勉強に集中して取り組むなら夏休みのうちに、というのが毎年このエリアの鉄則なんです。

 1年・2年・3年1学期の学習内容を復習し、問題演習にじっくり取り組み、基礎学力を少しずつ向上させるのには、かなりの時間がかかります。

 こまぎれのすきま時間ではなく、ひと続きの長い時間が必要なんです。

 それこそが夏休み。
 
 

 「夏休み明けにすぐ定期テスト」を予定してしまうと、受験生にとって貴重な夏休みの勉強時間を、テスト対策に使わなければならなくなってしまいます。

 デメリットの大きさ、伝わったでしょうか。
 
 

 近隣4校の9~10月の予定です。
 

 
 4校の中で、唯一君津中だけは、体育祭を中止しました(私は英断だと思います)

 これにより、君中3年生は、夏休みだけでなく9月の4連休あたりまで継続して受験勉強に打ち込むことができます。

 継続して、というのは大きなアドバンテージです。

 学習計画を立てやすくなるので、受験勉強の質の向上が見込めるからです。

 君中3年生のみなさん、行事がなくなってしまったことにしょんぼりしているかもしれませんが、目に見えない大きなプラス要素もあるんですぞ!
 
 

 「夏休み明けにすぐ定期テスト」をやるなら、それとセットで、「春に体育祭を移設」も断行しなければならないでしょう。

 そうでないと生徒が忙しくなるだけ。

 かわいそうですもん。
 
 

 体育祭自体も、内容を一新する時期かもしれませんよ。

 あと数年はコロナ禍が続きそうですし、「新しい生活様式」が叫ばれていますし。
 

 応援合戦なんてなくしてしまえば、事前練習の時間を大幅にカットできますよ。全校生徒が参加する「陸上競技の記録会」にすれば、春の体育の総まとめになってよいのではないでしょうか。

 学校も「新しい生活様式」の時代ということで。
 
 
 

体験授業について

 体験授業については、各校の行事予定をチェックしつつ、お申込みください。
 

 

わしゃぁ、いつ休めばええんじゃ?

 
 
 
 
 以上、9月に入ったらすぐに定期テスト???というお話でした。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました