【最新版】これが千葉県の『調査書』です!①

千葉県の高校入試

 
 
 
 今日で7月が終わるだなんて・・・さっぱり実感がわかないなまはげおじさんです、こんにちは。

 さくら塾のブログへようこそ。

 今日は、『調査書』の特集記事をお送りします。以前書いたもののリライト、最新版です。
 
 
 

これが千葉県の『調査書』です

 国立・県立・市立・私立とさまざまな高校がありますが、どこを受験するにしても必ず必要になるのが『調査書』です。
 

 『調査書』とは自己紹介シート。

 中学校でこんな生活をしてましたよ、という情報を記入する書類なんです。
 ※3年時の担任の先生が作成します。
 
 

 令和3年度入試から、フォーマットが一部(ホントに一部だけ)変更されました。

 こちらが新しくなった千葉県の形式です。
 

 
 変更されたのは、「教科の学習の記録」の欄、ただそれだけです。昨年度までの『調査書』がどんなものだったか気になる人は、以下の記事でご確認を。
 

 
 

千葉県の『調査書』の特徴

 千葉県方式の『調査書』の最大の特徴は、「必修教科の評定」です。

 画像を拡大したものがコチラです。
 

 
 「第1学年」「第2学年」「第3学年」とありますな。

 千葉県の『調査書』では、3年生だけでなく、1・2年生の評定も記載されるのです。

 これが千葉県最大の特徴!
 あ、評定ってご存じですか? いわゆる『内申点』ですね。
 

 千葉県の中学生は、1年生の成績から調査書の記載対象。3年生になってから頑張ろうでは間に合いません。

 これが、神奈川県や東京都との大きな違いです。

 

 ・・・神奈川県や東京都の『調査書』、見てみます?
 
 

神奈川県の『調査書』

 ネットで検索してみました。

 やはり千葉県のものとはいろいろ異なりますねぇ。
 

 
 気づきましたか?

 1年生の成績についての欄がありません

 1年生の時に「1」をとっていたとしても、一切関係ナシなんですねぇ。神奈川県の中学生は、ヤンチャをするのは1年生まで、なんて合言葉があったりして(笑)。 

 成績についてもうひとつ。
 各教科の評定だけでなく、観点別評価についても記載するようです。細かいなぁ。高校の先生方も「関心・意欲・態度」をチェックしたりするんでしょうか。
 ・・・しないよなぁ(笑)。

 
 

 学習の記録以外は、千葉県のものよりだいぶ簡略化されている印象です。「特別活動の記録」とあるだけで、「学級活動」「生徒会活動」「学校行事」と分かれてはいません。

 これいいですね。

 例えば、「学校行事」で目立つ活躍ができなかったとしても、千葉県と違ってそれ専用の欄がないから、特に気にしなくていいですもんね。

 ほかには、「出欠の記録」「行動の記録」「部活動の記録」の欄もありませんね。「出欠の記録」は高校側のもっとも知りたいデータのひとつですから、「行動の記録及び所見」あたりに記載するようになっているのでしょう。ちがうかな?
 
 

東京都の『調査書』

 東京都の現行のものは見つけられなかったので、古いデータをダウンロードしたり情報をつなぎ合わせたりして自作してみました。

 剛田武くんという架空の生徒をイメージしたのですが、
 

 
 それについては深い意味はないのでツッコミはナシでお願いします。

 東京都の『調査書』、だいたいこんな感じのようです。
 

 
 横長スタイルなんですね。見やすいなぁ。

 注目は、用紙の大半を占めている「各教科の学習の記録」。

 1年生どころか、2年生の成績を記入する欄もない。

 都立入試で使われるのは、3年生の評定のみです。
 

 提出物なんて一切提出せず、

 授業中は寝てばかりで、

 定期テストも全教科がひどい点数、

 あらゆることをダラダラやっていたとしても、

 3年生になってからしっかりやれば、入試は(書類上は)OKということなのでしょうか。
 

 その反対に、1・2年生のころからまじめにコツコツがんばっていたのに、体調不良などで3年生の定期テストに大失敗したら、・・・悲劇でしょうね。
 
 

 ちなみに、都立入試では、受験本番でテストをやらない音楽・美術・保体・技家の4教科の内申点を2倍するのだそうです。

 ジャイアn剛田くんの場合は、

 (2+5+5+3)×2+(5+3+3+5+4)

 という計算をして、換算内申50点(満点65点)となるようです。

 4教科のウエイトが重い!

 音楽や美術の先生に嫌われたら大ピンチ! 
 東京都方式はコワイですなぁ・・・。この点は千葉県方式のほうがいいなぁ。
 
 

 というわけで、1年生の成績から『調査書』に記載されるのは近県では千葉県だけということ、おわかりいただけたでしょうか。
 

 千葉県では、1年生の成績から『調査書』の記載対象!

 
 
 
 
 

 以上、新たに書き直した『調査書』特集第1弾でした。続きはまた後日。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました