【2020年完全版】内房エリア公立上位校;県千葉・千葉東・木更津・幕総・君津の合格実績はどうなってるの?

千葉県の高校入試

追記
 5月7日の特集で未掲載だった千葉東高校のデータを補足しました。

 
 
 
 みなさんよい子にしてひきもっていますか? こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。
 
 
 

 今日のブログは、さくらっ子が憧れてやまない内房エリアの公立上位校;県千葉・千葉東・木更津・幕総・君津の5校について、久しぶりの特集記事です。

 これら公立上位校には、いったいどれだけの実力があるのか。高校の実力のひとつの指標といえば、やはり大学合格実績でしょう。調べてみました。進学実績ではありませんので、そこは間違えないようにお願いします。昨年度の特集ページはコチラ 

 各校の進路指導部の先生方がホームページで公表してくださった資料を参考にして、今回のデータを作成しました。週刊誌の特集記事などではなく、第一次資料を利用しているということです。

 各校の資料をそのまま掲載するのはいろいろまずいと思われるので、私が手打ちで資料を作成しました。さくらっ子はよくわかっていると思いますが、私は比類なきうっかりさんですので、間違っているところがあるかもしれません。もしミスにお気づきでしたら、優しく教えてくださるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
 
 
 

公立上位校の合格実績

 それでは1校ずつご紹介を。くり返しになりますが、進学実績(=その大学に進学した生徒数)ではなく、合格実績です。今年は私立大学の合格実績についても掲載しました。

 この「私立大学の合格実績」ってのが、扱いに困るシロモノでして。どういうことかと言いますと、ひとりの受験生がその大学の複数の学部・学科に合格した場合、1名とカウントしているのか、2名ないし3名とカウントしているのかがわからないんですよ。どの高校もおそらく合格した学部・学科数じゃないかなぁ・・・。

 それでは5校の実績を順番にご紹介します。もしその高校に進学できたら、学年順位で上位何%にいたら有名大学へ進学できるのか、そういったイメージを持ちながらデータをチェックしてみてください。
 
 

千葉高校

 卒業生316名、国公立大学現役合格者数122名。元データはコチラです
 

主な国立大学

 東京大   14名
 京都大   7名

 北海道大  4名
 東北大   4名
 名古屋大  5名
 大阪大   2名
 一橋大   8名
 東京工業大 13名
 東京外語大 3名

 千葉大      34名
 筑波大    10名
 横浜国立大  1名
 お茶の水女子 5名

  以上すべて現役生
 

主な公立大学

 福島県立医大 1名
 岐阜薬大   1名
 静岡県立大  1名

  以上すべて現役生
 

主な私立大学

 早稲田大  107名
 慶應大    66名
 上智大    34名
 東京理科大  79名

 明治大    72名
 青山学院大  13名
 立教大    37名
 中央大    33名
 法政大    36名
 学習院大   9名

  以上すべて現役生
 
 

 現在、大学進学実績において、千葉県の公立高校はこの県千葉県船橋の2トップ状態になっています。少し離れて千葉東東葛飾が2校を追いかけているイメージです。

 というわけで千葉県公立高校の頂点;県千葉ですが、今年も素晴らしい実績を出しましたねぇ。学年順位にしてだいたい120番くらいまでにいれば、現役で国公立大学へ進学することができます。中でも9名が国公立大学の医学部医学科に合格したそうですよ。医学科の学費は国公立と私立とではもう天と地の差ですから、あえて遠く離れた地方の国立大学医学部医学科を狙う人もいるのでしょうな。

 県千葉で高校生活を送ることで得られるメリットは、クラスメイトの多くが全国レベルの猛者ばかり(=クラスの3分の1が現役で国公立大学に合格)ということでしょう。普段のミニテストや、数か月ごとの定期テストの結果から、自分の現在地をリアルに推し測ることができるわけです。学校に通っているだけで刺激受けまくりですよ。

 なお、上の私立大学のリストのうち、指定校推薦で早稲田大に7名、慶應大に2名、独協医科大医学部に1名合格しているとのこと。・・・医学部? 指定校推薦で医学部だと!? しゅごい。
 リストにはありませんが、私立大学の医学部医学科に合格した人も少なくないようですよ。
 
 
 

千葉東高校

追記 5月12日
 5月7日の特集で未掲載だったデータを補足しました。

 卒業生359名、国公立大学現役合格者数108名。。元データはコチラです

主な国立大学

 東京大   1名 

 北海道大  1名
 東北大   6名
 一橋大   2名
 東京工業大 2名
 東京外語大 4名

 千葉大      56名
 筑波大    9名
 お茶の水女子 2名

  以上すべて現役生
 

主な公立大学

  記載なし
 

主な私立大学

 早稲田大   20名
 慶應大    13名
 上智大    29名
 東京理科大  43名

 明治大    70名
 青山学院大  24名
 立教大    58名
 中央大    34名
 法政大    58名

  以上すべて現役生
 
 

 ようやく発表された千葉東のデータですが、残念ながら今年も全データの公開とはならず、有名どころの合格者数のみとなっています。ここに掲載されていない大学に進学していった卒業生の心情を思うと(「その他」としてすら掲載されていないってのはどうなんでしょう)、なんだかなぁという感じです。

 国公立大に現役で108名。県千葉に負けてないととらえることもできますし、生徒数が1クラスぶん多いからそこそこ差があるととらえるかはあなた次第です(笑)。現役生3桁は素晴らしい結果です。

 今年も千葉大にたくさんの合格者を出しましたね。西千葉駅周辺で7年間青春を送る生徒は56名、ここ5年間で最多です。ここまで多いと、西千葉駅界隈は東高生とその卒業生に牛耳られているといっても過言ではないでしょう(笑)。

 おもしろいなと思ったのが、公式サイトに踊る「難関国公立大学に23名現役合格(医学部医学科含)しました!」の文字です。
 

 
 これね、おそらく「旧帝+一橋+東工+筑波+お茶水」のことかなと思うのですが、こういうくくりって、高校ごとにずいぶんと異なるんですよね。時間のある方は、渋谷幕張(「東大+東工+一橋」が最上位になっている)や県千葉(そもそもくくりがない)のサイトと比べてみてください。進学校それぞれの価値観や目指しているものの違いを感じることでしょう。
 
 
 

木更津高校

 卒業生318名、国公立大学現役合格者数46名元データはコチラです

主な国立大学

 北海道大  1名
 一橋大   1名
 東京外語大 1名

 千葉大      16名
 筑波大    3名
 横浜国立大  1名
 お茶の水女子 1名 

  以上すべて現役生
 

主な公立大学

 千葉保健医療大 5名
 東京都立大   1名 

  以上すべて現役生
 

主な私立大学

 早稲田大  1名
 慶應大   4名
 上智大   4名
 東京理科大 7名

 明治大   19名
 青山学院大 11名
 立教大   20名
 中央大   12名
 法政大   36名
 学習院大  10名

  以上すべて現役生
 
 

 昨年度の現役生の国公立現役合格者数は62名、今年が46名。むむむ、えらく落ち込みましたなぁ、木高に何があったんでしょうか。・・・台風か? 台風15号のせいか? なら仕方がない。
 木高のサイトをよく見ると、国公立進学者42名とありますから、どうやら国公立大の合格者のうち4名ほどあえて浪人した方がいるようですな。さらなる高みを目指してでしょうか、頑張ってほしいものです。

 さて、木高OBの私から、ちょっと辛口なコメントを。

 木高生は、多くが木更津・君津・富津・袖ヶ浦の4市の中学校でトップを張っていた人ばかり。ですから、なんとなーく「私ならMARCHくらいなら何とかなるでしょ」なんてぼんやりと思ってる人が多いのですが、いやいやそんな甘いものじゃないですからね! 各大学10~30名程度しか合格できていないというこの現実をしっかり見つめてください。

 木高に入学して、そこから国公立大や有名私大への進学をイメージしている中学生のみなさん、木高で学年およそ30番くらいにいないと相当厳しい、そう考えておいてください。木高に合格することはゴールではありません、そこからが本当の勝負の始まりです。
 
 
 

幕張総合高校

 卒業生714名、国公立大学現役合格者数26名元データはコチラです

主な国立大学

 千葉大      5名
 筑波大    1名 

  以上すべて現役生
 

主な公立大学

 千葉保健医療大 2名
 東京都立大   1名

  以上すべて現役生
 

主な私立大学

 早稲田大  15名
 慶應大   2名
 上智大   4名
 東京理科大 9名

 明治大   42名
 青山学院大 19名
 立教大   36名
 中央大   12名
 法政大   69名
 学習院大  17名

  以上すべて現役生
 
 

 昨年度の現役生の国公立大合格者数は48名でしたから、今年はほぼ半減と言っても差し支えないでしょう。たしかに国公立大については不振でしたが、だがしかし、この私立大の合格者数の多さはいったい何事だ!? 特に早慶上理の結果には驚かされました。木高、完敗です。

 指定校推薦や一般入試だけでなく、幕総といえば部活動で有名ですからスポーツ推薦もあったのかもしれませんな。そのあたりは学校見学会に行ったら教えてもらえるものなんでしょうか。謎。

 これまで、幕総の入試は、中学時代に部活動で華々しい実績を残した人に有利でした。実力者ばかりで部を編成し、大会で活躍し、ひょっとしたら大学進学につなげていたかもしれません。しかし今年の幕総は、現中3生のスタープレイヤーを集めるのは難しそう。総体が開けなさそうですもんね。

 でもそれは、幕総に憧れる一部の選手には大変なチャンスかもしれませんよ。どんな選手かといえば、中学時代の大会実績はパッとしなかったけれど高校入学後にグンと成長する、そういうタイプの人のことです。スポーツ大好きで幕総に憧れている受験生のあなた、今年の入試は学力勝負になるかもしれませんぞ。今はひたすら机に向かいましょう!
 
 
 

君津高校

 卒業生284名、国公立大学現役合格者数14名元データはコチラです

主な国立大学

 千葉大      4名  

  以上すべて現役生
 

主な公立大学

 千葉保健医療大 3名

  以上すべて現役生
 

主な私立大学

 早稲田大  1名
 上智大   1名
 東京理科大 1名

 明治大   1名
 青山学院大 1名
 立教大   2名
 法政大   4名
 学習院大  2名

  以上すべて現役生
 
 

 子どもの数が減っているので、大学側も定員を絞ってきています。私立大学については、文科省から「定員をもっと少なくしないと補助金あげないからね」という恐ろしい締めつけもあり、大学入試はかなり厳しい時代になっています。

 ・・・それにしても寂しいデータになりました。千葉大への現役合格者数は幕総とほぼ変わらないのですが、私立大の合格実績ではかなりの差がついてしまいました。うむぅ。

 ところで、さくら塾からも君高に進学していった人が何人もいるのですが、女子の多くがナースを目指しているという印象を持っています。いえね、入試直前期に面接練習するじゃないですか、君高受験生の女子に将来の夢について質問すると高確率で「看護師ですっ」て返ってくるんですよ。なんでやろ(笑)。

 君高の公式サイトが発表しているデータをよく見ると、「専門学校」というくくりとは別に「看護系専門学校」という欄が用意されています。今春の卒業生のうち「看護系専門学校」に進学したのは16名、やっぱり多いんだ。私の一方的な思い込みではなかったようです(笑)。
 
 
 
 
 

まとめてみよう

 はい、表にしてみましたよ。
 
 

 
 
 
 
 
 以上、公立上位校の現役合格者数の特集でした。

 なお、千葉県私立高校の頂点である渋谷幕張のデータはこちら
 卒業生354名、国公立大学合格者数150名。
 
 東京大56名
 京都大9名
 
 北海道大 3名
 東北大  1名
 一橋大  11名
 東京工業大16名
 東京外語大1名
 
 千葉大  23名
 筑波大  7名
 
 早稲田大  148名
 慶應大    87名
 上智大    21名
 東京理科大  56名
 
 東大56名! おお。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました