大変だ、公式戦が ひらけない!?

なまはげコラム

 
 
 
 君津市・木更津市・千葉県の公式サイトを一日に何回もチェックしているなまはげおじさんです、こんにちは。さくら塾のブログへようこそ。
 
 
 

 取り上げたい話題が3つあるのですが、今日はそのうちのニュースものにします。
 
 
 

部活動、大会開けず

 先日、高校3年生について特集しましたが、今度は中学3年生についてのお話です。
 
 

夏の全中、中止へ

 毎年8月に予定されている全中(全国中学校体育大会)が、中止の方向で最終調整に入ったようです。NHKのニュースサイトはこちら
 
 

理由は公平性

 NHKは、「義務教育のもとで行われる中学生の大会として、公平性が担保できないことを大きな理由にあげています」と報じています。ここでいう公平性とは、感染が広まって練習のできない地域と、そうでない地域が現れるということなのかな。
 中止の理由はてっきり『3つの密』を防げないからかと思っていましたが、そうではないんですなぁ。あ、そうか、『3つの密』という文言を出してしまうと、来年以降も全国大会を開けなくなるかもしれないからか。公式戦は、人と人との距離がどうしても近くなりますもんね。
 
 

全中の予選大会は?

 千葉県の中学生が全中に出場するには、支部総体→県総体→関東大会→全中と勝ち上がっていかねばなりません。頂点である全中が中止になろうとしていますが、その予選大会はどうなるでしょうか。

 関東大会について。
 関西地方では、全中の出場校を決める近畿大会について、すでに中止が決定したそうです。中止を検討するのではなく、中止で確定。ということは、おそらく、関東大会も同じような判断が下されるはず。高い確率で、関東大会も中止になるでしょう。

 県大会について。
 毎年7月末に行われている千葉県総体はどうなるでしょうか。出場選手だけでも相当な人数になりますし、応援する部員も密集して声を出すことになります。多少遠くても県内開催であれば、保護者も我が子の勇姿を見に来るでしょう。会場が広くないだけに、プロ野球やJリーグの公式戦よりもはるかに「密」になります。
 3ヶ月後、その頃の世論が、1つの会場に数百人も集まることを許容してくれるかどうか・・・うーん、やはりこれも今年は中止になるのかなぁ。

 支部総体について。
 7月中旬の君津支部総体、ほとんどの3年生はこの大会で中学校の部活動を引退します。地元の公共の体育館や、大きめの中学校を会場にして、朝から夕方までかけて行われます。「密」になるかって?うむ、「密」になりますなぁ。
 でもなぁ、支部総体までまで中止になってしまうと、3年生が出場できる大会がなくなってしまいますぞ。もし例年と同じような支部総体が無理になったとしても、できたら1回戦だけでも引退試合としてやらせてあげてほしいものですなぁ。

 毎年8月頭に行われている吹奏楽コンクールも、今年の開催は難しいんじゃないでしょうか・・・。
 
 
 

大会中止の影響

 夏の公式戦のほとんどが中止になったとしたら、どんな影響があるのでしょうか。3年生のメンタルはもちろん心配ですが、進学塾のブログですのでそのあたりのお話は学校の先生方に丸投げすることにして(ごめんなさい)、受験がらみのお話を3つ。
 
 

影響1;『調査書』

 みなさんご存知のとおり、受験をするには『調査書』が必要です。この生徒はこういうことを頑張って3年間過ごしたんですよ、という内容がA4用紙1枚にまとめられているものですな。

 その『調査書』、「部活動の記録」という欄もあるのです。
 
 

 
 
 タケノコ掘り部という部活動があったとしましょう。どんな活動をするのかは知りませんが、この地域伝統の部だとしましょう。ね。

 例年だったら、3年夏の支部総体で活躍するので、この欄には「君津支部総体団体戦優勝」だの「千葉県大会出場」だのギッシリ書き込んでもらえるはずですが、今年はそれがなくなるわけです。

 支部総体が例年通りに開けなかったとしたら、今年の受験生はみんなこの欄が寂しくなってしまいますなぁ。1・2年生の頃から公式戦で活躍できていた人はいいですけど、そうでない人がほとんどでしょう。
 
 

影響2;幕張総合

 さくらっ子のあこがれる公立上位校、県千葉・千葉東・木更津・幕張総合・君津の5校。最後の前期後期制だった令和2年度入試(=現高1の代)では、5校のうち幕総だけが『調査書』による加点を行いました。それも50点も。国語100点・数学100点・英語100点・理科100点・社会100点、そして『調査書』50点。高すぎないかい???

 自他ともに認める部活動高校である幕総では、毎年毎年、中学時代に大会で大活躍したスター選手を欲しがっています。令和2年度では、50点のボーナスをあげるからウチにおいでよ、ということですな。

 さて、中学生の夏の公式戦が中止になってしまったら、幕総の入試はどうなるのでしょうか。2年生の頃の新人戦の実績を重視するのかな。でもなぁ、3年生になってから体も技術も精神面もグンと成長する選手もいるからなぁ。

 幕総の先生方、頭を抱えてるんじゃないかなぁ・・・。
 
 

影響3;私立高校

 私立高校は全国どこでも経営が難しい時代です。そもそも生徒数がどんどん減っていますから、生き残るためには、わかりやすい数字が必要です。

 実績。

 大学進学実績もそうですし、部活動の実績もそうです。毎年実績を積み重ねて、それをアピールすることで、多くの生徒を呼び込んでいく必要があります。

 ですから、部活動に力を入れることで経営を安定化させようとしている私立高校は、近県だけでなく全国から有望選手を呼び込んでいます。県大会や関東大会での情報を集めて、全国大会で確認し、声をかけたりするわけです。「特待生としてウチに来ませんか?」「大学進学まで面倒見ますよ」などなど。関東大会や全中は、私立高校のスカウティングの場という側面もあるのです。

 さて、関東大会も全中も開けなくなるとしたら、私立高校は有力選手集めに苦労することになります。情報もデータも不足するでしょうから。

 そうなるとどうなるかな・・・部活動の強化そのものから手を引く私立高校も出てくるかもしれませんね。どうかなぁ・・・。
 
 
 
 
 

 以上、部活動の大会が開けないかもしれないというお話でした。3年生のみなさん、いきなり強制的に引退させられるようなことにはならないと思います、その心配はしなくていいでしょう。できる範囲で構わないので、筋トレやストレッチを欠かさず続けてくださいね。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。どうぞ健やかな一日をお過ごしください。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました