【令和2年度】さくらっ子の入試をふり返って

こんな塾です

 
 
 
 自習室の大掃除を始めたら思っていた以上に台風15号の被害が深刻だったためそのまま模様替えを決行することになったなまはげおじさんです、こんにちは。さくら塾のブログへようこそ。
 
 
 

「運命の学年」

 今日は3月6日(木)、千葉県公立入試後期選抜の合格発表です。望んだ結果が得られた人もそうではなかった人も、みなさん本当にお疲れさまでした。
 
 
 

 コロナがねぇ……。

 こんな宙ぶらりんな形で入試を迎えることになるなんて。台風15号で体育祭をめちゃめちゃにされただけでも十分しんどかったでしょうに。

 みなさんはまさに「運命の学年」ですな。台風やコロナだけでなく、消費税増税に令和スタートなど、時代が大きく動く年に中学3年生の1年を過ごしてきたのです。

 想像してみてください。3年生のみなさんが、遠い将来、自分の子供に「私が中3のときはね」と語り掛ける姿を。
 

ママン
ママン

お母さんが中3のときはね、天皇陛下が代替わりして、夏休みはバカみたいに暑くって、秋には台風で街がめちゃくちゃになって体育祭が縮小されて、消費税がアップして、香港ではデモ隊と警察が街を破壊して、冬にはアメリカとイランが大げんかしそうになって、年が明けたら新型肺炎が世界中で大流行になって、突然日本中の学校が閉鎖されて卒業式もうやむやになって、そしてなぜかトイレットペーパーが買い占められたのよ。

 
 エピソードが大渋滞しとる。こんな話、聞かされた子どもがビックリするでしょうな(笑)。ふり返ってみると本当にすさまじい1年間でした。中学3年生のみなさん、あらためまして、お疲れさまでした。
 
 
 

3年さくらっ子の入試をふり返って

 ここからは本日の本題。3年さくらっ子の入試をふり返ります。 

 今年の結果はすでにこのブログに発表してあります。ありがたいことに、前期選抜までで全員が進学先を確定させることができました。詳しくはリンク先でご確認ください。 

●「さくらっ子の進学先
 

 テーマを3つ、「宿題」と「進路指導」と「私立人気」に絞ってお話していきます。
 
 
 

宿題を出さなくても

 さくら塾は、以前は大量の宿題を出す塾でした。しかし、「自学力の向上」を真剣に追い求めるようになってからスタイルを大きく変え、特に3年生には宿題を出さないようになりました。このお話は前にもしましたね、リンクを貼っておきます。 

●「3年生には宿題を出しません
 

 この学年は、方針転換後に1年生としてスタートしました。小学校を卒業した頃からずっと、「この内容を身につけるには、テキストをどれくらいやるべきだろう」と考えてきた初めての世代ということです。 
 

 今だから言えますが、私自身怖さもありました。定期テストの得点が急降下するようになるんじゃないか。復習確認テストで良い結果が出ないんじゃないか。入試で失敗するんじゃないか。不安を押し殺しつつ、手探りでさくらっ子とともに歩んだ3年間でした。 
 

 結果は、大成功。定期テストも復習確認テストも、そして入試でも素晴らしい結果を残すことができました。6人と笑顔で別れることもできました。  
 

 「進路目標を持ち、学習意欲が高く、ある程度の基礎学力のある生徒」であれば、大量の宿題で縛りつけなくても結果は出せる。そんな手ごたえを感じた3年間でした。
 
 
 

強引な進路指導はナシ

 私は、あまり「上へ、上へ」という進路指導は好みません。どこの高校に進学することになっても、そこでどれだけ伸びていけるかは本人次第ですから。このあたりは、「入試説明会」でまた。

 もちろん進学塾である以上、目立つ進学実績は欲しいです。また、さくらっ子には大学進学まで見越してさまざまなアドバイスもしますし、保護者のみなさまとも密にコミュニケーションをとって進路指導を進めていくのですが、
 

キミはココを受けなさい!

 
 ……などという強引な進路指導はしないのです。このあたりのお話はリンク先でご確認ください。
 

●「強引な進路指導はいたしません
 

 3年さくらっ子とのやりとりをちょっぴりご紹介しますと、
 

この成績なら、
県千葉も十分狙えるけど、
どうする???

さくらっ子
さくらっ子

県千葉……
うーむ……

ゆっくり考えてごらんよ

さくらっ子
さくらっ子

はい!

 
 そして、学校説明会と文化祭で、県千葉と千葉東を2回ずつ実際に見に行ったこのさくらっ子の決断はと言いますと、
 

さくらっ子
さくらっ子

先生!
県千葉と千葉東、
見に行ってきました!

どうだった?
(県千葉かな?)

さくらっ子
さくらっ子

千葉東が!
とってもステキで!
(お目目キラキラ)

そっかぁ!
(ズコー)

 
 別のさくらっ子。塾内模試を終えて、
 

伸びてきたねー!
千葉東も見えてきたよ!

さくらっ子
さくらっ子

(めっさ笑顔で)
木更津!
木更津がいいデス!

そっかぁ!
(即答されたー)

 
 とまあこんな感じでした。

 3年さくらっ子のみなさんには、自分で選んで入学する高校で、思いきりセイシュンしてほしいですな。そして、指定校推薦をどん欲に狙いにいってほしいです。ファイトやで!
 
 
 

私立人気の高まり

 今年の高校入試の重大なトピックスは、私立高校への人気の高まりでしょう。さくら塾でもその大きなうねりを感じる1年になりました。

 昨年までであれば木更津高校を目指していたであろう成績の生徒が、志学館高等部単願に踏みきりました。君津高校に前期合格のラインだった生徒が、翔凛高校単願にしました。ふたりとも、特待をもらってニッコニコ。両高校の先生方、存分に鍛えてくださいまし。

 公立ではなく、あえて私立を選択する。今までにない進路決定に、私も驚かされました。どれくらい驚かされたかというと、「『公立上位校を目指す』というのは、すでに地域のニーズに合っていないかも???」といまだに悩んでいるくらいの衝撃でした。
 

 なぜ私立を選んだか、その最大の理由、何だかおわかりでしょうか?
 
 
 

 そう、大学入試改革です。

 公立高校より、私立高校の方が入試改革への対応は良いのではないか。家族会議でそのようなお話になったとのこと、なるほどなぁ……。

 この「大学入試改革を心配して私立人気が高まっている」現象、千葉県や首都圏だけでなく、全国的な動きになっています。このブログをご覧になっている方の中でも、私も(または私の子も)公立入試は受験しなかった、という人もいるのでは。事実、結構な数の全国の公立高校が、この冬の入試で定員割れを起こしています。都道府県の教育委員会としては頭の痛いところでしょう。
 

 数年後、公立高校の定員割れが拡がり、大学進学実績で私立高校が大きく飛躍するはず。そうなると、「公立王国」と呼ばれた千葉県も、本格的に公立高校の整理・統合に動き出さざるを得なくなるかもしれません。

 ただ、ここにきて、また風向きが変わってきています。コロナ騒動のために、世界的な不景気になりそうだからです。それも、「超」のつくほどのひどい不景気に。そうなると、やはり私立よりは公立高校を選ぶご家庭が増えるのでしょうか。ちょっと先行き不透明ですな。
 
 
 

口頭開示について

 最後に違うお話を。 
 

 千葉県では、調査書および学力検査の結果について、口頭開示を受けることができます。これは全受験生の権利です。合否に関係なく、全力でぶつかったあなたのたたかいの記録です、どうぞ胸を張って受け取ってきてください。

 調査書はコピーをもらえます。コピー代として 10円必要なはず。受験票を忘れず持って行ってくださいね。県教委によると以下の日程だそうですよ。
 

開示期間
 3月9日(月)~4月6日(月)

開示時間
 09:00 – 16:30
 
 
 
 
 

 以上、さくらっ子の今年の入試をふり返るお話でした。3年さくらっ子のみなさん、開示を受けたらぜひそれを見せてください。後輩たちの貴重なデータになります。どうぞよろしくお願いします。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました