4月から使われる英語補助教材「Bridge」を一足早くチェック!

なまはげコラム

 
 
 
 千葉県公立入試前期選抜、出願のようすは本日夕方以降、テスト会社等で発表の予定です。新聞には明日掲載かな。こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。
 
 
 

 今日は、新1・2年生が4月から学校で学ぶ英語についてのお話です。

 現1年生が3年生に進級する2021年に新学習指導要領がスタートし、それに合わせて教科書が一新されます。学ぶ内容がグッと増える予定。

 この4月からのイメージ図です。
 
 

 
 
 新学習指導要領での学習に移行するための準備として、この4月からの1年間は、各教科が移行期間になります。授業で使う教科書は現行のものなのですが、そこには書いていない内容も取り上げるということです。

 文部科学省がもっとも力を入れているのが英語。以前書いた 学習指導要領の改訂についての特集記事 では、
 
 

 
 
 ……のように大きく変わるとまとめています。 

 教科書に掲載されていない英文法を、どうやって授業するのだろうと心配していましたが、やはり文科省が補助教材を用意してくれました。
 
 

 
 
 あらかわいらしい。文科省の中の人、おつかれさまです。この補助教材が、全国の中学校でこの4月に配付されます。当然対象は新1・2年生です。

 目次に落書きをしてみました。
 
 

 
 
 もっと薄い内容を想像していたので、充実ぶりに驚きました。書きこんだ英文法のほかに、「主語+be動詞+形容詞+that節」なども準備されています。

 中身はこんな感じです。
 
 

 
 
 「もし1万ドル持ってたらなぁ……」、なるほどこれは生徒の食いつきが良さそうですな。イラストも豊富ですよ。授業はやりやすそう。
 
 
 

 この補助教材「Bridge」には、冒頭にこのようなメッセージがあります。
 
 

 
 
 どの単元のどのタイミングで「Bridge」を使うかは現場に一任するね、とのお達しです。おぉ、中学校の英語科の先生の眉間にシワが寄りそうだ。きっと君研英語部会で話し合いが行われたりしているのでしょう。大分では、県教委が公式サイトでこのあたりの話をまとめて公開しています。千葉県も県教委が具体的な指示を出すのかな。
 
 
 

 この「Bridge」、誰でも見ることができます。リンクを貼り付けますが、PDFファイルですのでパソコンまたはwifi利用でご覧ください。実物を見たい人はコチラ
 
 
 

 以上、4月に新1・2年生に配布される英語教材についてのお話でした。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。
 
 
 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました