【2020年度】新年度生の募集について

お知らせ

 
 
 
 2020年度の新年度生募集についてお伝えします。
 
 
 

こんな塾です

 さくら塾は、公立上位校進学に特化した進学塾です。

 高い内申点の確保と、自学力の向上を強く意識しています。

 詳しくはコチラの記事をお読みください。
 

【こんな塾です】はじめに読むページ
はじめまして、さくら塾のなまはげおじさんです。君津の進学塾、さくら塾のブログへようこそ。  さくら塾は、公立上位校(県千葉・千葉東・木更津・幕張総合・君津)に本気で進学したい人のためのちっちゃな進学塾です。 公立上位校...

 
 また、さくら塾について自己紹介した記事はコチラに集めています。あわせてご覧ください。
 

こんな塾です
さくら塾って、どんな塾なの? こちらの自己紹介記事をご覧いただき、イメージをつかんでいただけたらうれしいです。

  
 
 

こんな人に来てほしい

 さくら塾では、公立上位校へ本気で進学したい人を募集しています。

 県千葉・千葉東・木更津・幕張総合・君津。この5校に進学して、

 「内房エリアから難関大学や有名大学へ進学するぞ!」

 と野望を抱いている人にぜひ来てほしいです。
 
 
 

 新1・2年生であれば、

 「本気かと言われると困ってしまうけど、なんとなく公立上位校に進学したいと思ってるんです」

 という人でももちろんOKです。

 まだ高校入試とかよくわからないという人も多いでしょうし。

 「勉強がんばりたい!」

 そんな意欲のある人を歓迎します。
 
 
 

 しかし、新3年生は「本気」、言い換えるなら「強い決意」は必須です。

 なぜなら、公立上位校の入試は大変な激戦になるから。

 そして、入試までもう時間がないから。
 

 山登りで例えるなら、目指す頂(いただき)は想像以上に高いですよ。苦しいときやしんどいときが多くなります。「強い決意」がないと、勉強することがイヤになってしまうかもしれません。

 精神論はあまり好きではありませんが、公立上位校を目指すなら「強い決意」を持つことは非常に重要です。
 

 「強い決意」を持ち続けて登りきったときに目の前に広がる光景、イメージできますか。言葉にできないほどすばらしいものですよ。実は、頂上までの道中で苦しんだ経験こそが、人生の財産になるんですけどね。
 
 
 

 さて、このブログでは、さくらっ子(=在籍生)の定期テストの得点を公開しています。入塾を検討している方に、参考にしてもらうためです。

 ひょっとしたら、そのデータを見て「ついていけないかも・・・」としり込みしてしまう人もいるかもしれませんが、どうかちょっと待ってください。

 その「ついていけないかも・・・」という小さな恐れの気持ち。

 それがあなたの成長のジャマになっているかも……。
  
 

 現在の定期テストの得点が振るわなかったとしても、環境を変えることで数字が大きく変わることはめずらしくないんです。

 中学生はちょっとしたきっかけで大きく変わる年頃です。

 私も今まで何度もそういう「成長」を見守ってきました。
 

タイミング別、入塾前後の成績の推移を公開します
みんな、期末テストがんばれー! こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。  今日のブログは実データの紹介です。 中途入塾したさくらっ子の入塾前後の定期テストの推移を、折れ線グラフで表したものです。...

 
 本気で頑張りたいんだ、

 そのきっかけがほしいんだ、

 そんな強い気持ちを持った人との出会いを楽しみにしています。
 
 
 

 最後にもう一度。 さくら塾では、県千葉・千葉東・木更津・幕張総合・君津の公立上位校へ本気で進学したい人を募集しています。
 
 
 

入塾までのステップ

 さくら塾では、入塾テストで選別するシステムはとっていません。

 例外なくみなさまに体験授業を受けていただき、そのようすを参考にして、お引き受けできるか判断しています。詳しくはコチラの記事をご覧ください。
 

体験授業について
君津の進学塾、さくら塾のブログへようこそ。体験授業についてまとめ直しました。どうぞご覧ください。まずは体験授業からさくら塾に入塾することに決めているのですが、それでも体験授業を受けなければならないの?  と...

 
 それでは、入塾までのステップをご紹介します。
 
 
  

1.登録する

 メール・LINEまたは電話にて、ご質問にお答えいたします。

 体験授業への参加を希望なさる方は、その旨をお伝えください。

 『体験授業希望者リスト』に登録いたします。 

 その際こちらから確認させていただくことは次の3点です。
 ・お子さんのお名前
 ・公立上位校進学への意志
 ・連絡先
 
 
 

2.連絡を受ける

 2月1日(土)以降、『体験授業希望者リスト』に登録された方へ、体験授業の日時や持ち物について、順に連絡していきます。 
 
 
  

3.体験授業

 お忙しい中恐縮ですが、当日は必ず保護者とお子さんがいっしょに来てください。ご挨拶の後、パンフレットをお渡しします。

 さあ、さくら塾の授業を実際に体験しましょう。当日はゲスト扱いですが、普段の雰囲気は十分に感じることができるはず。

 授業の後、保護者面談を行います。体験授業でのようすや、さくら塾としてお引き受けできるかについてお伝えします。パンフレットについてご質問があれば、このときにお願いします。夜遅い時間ですので、10分ほどのごく短い時間です。 
 
 
 

4.家族会議

 体験授業を終えてお子さん自身がどう感じたのか、耳を傾けてあげてください。

 もし入塾を希望される場合、「何のために塾に通うのか」、また「何を目指してさくら塾に入るのか」など、親子でじっくり話し合ってください。  

 私は指導力に自信を持っていますし、また、さくら塾は素晴らしい進学塾であると自負しております。しかし、すべての生徒にとってベストな塾であるとは考えていません。
 できれば、さくら塾だけでなく、別の塾の体験授業にも参加して、十分に比較・検討することをお勧めします。
 お子さんの人生に大きくかかわることですから。

 
 

5.さくら塾に連絡

 入塾するしないにかかわらず、あらためてご連絡ください。

 遅くとも、体験授業の1週間後までにお願いします。

 なお、さくら塾からご連絡はいたしません。あらかじめご了承ください。
 
 
 

お問い合わせ

 さくら塾へのお問い合わせの方法は、全部で3通りあります。
 

 このブログの「お問い合わせ」ページLINE公式、そして電話です。
 

 以下の特集ページをご覧いただき、お好きな方法をお選びください。
 

お問い合わせの方法は3通りあります
   こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。    今日のお話は、外部の方に向けたものです。   ちょっと聞いてみたいことがあるのよねぇ体験授業を申し込みたいんだけど  など...

 
 
 
 
 

 以上、新年度生募集についてのお知らせでした。みなさまからのお問い合わせ、お待ちしております。
 
 
 

この記事についてのコメント