【2019】2学期期末テストをふり返って ~順位・出題・1年英語~

こんな塾です

あらヤダ奥さん、冬ざますよ。こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。

 
 
 2学期期末テストの集計結果が出そろいましたので、今日はそのまとめ記事をお送りします。内容は3本立て、学年順位について、出題について思うこと、そして以前書いたブログの答え合わせです。
 
 
 

学年順位はこうなりました

 1位 6連覇達成!

 4位 自己記録更新!

 7位 自己記録更新!

 9位

 9位

 10位 自己記録更新!

 11位 自己記録タイ!

 11位

 28位
 
 ※赤字は上位5%を示す

 
 
 みなよく勉強していたので、見守っていた私としてはあまり驚きはないです。「もうちょっと取れたはずだったのに・・・チクショーッ!」というさくらっ子は、その悔しさをエネルギーにして受験勉強がんばりましょう! 3学期期末テストがんばりましょう!
 
 
 

今回の出題について思うこと

 君津市内の中学校の先生方が作成されるテストは、基礎・基本がどれだけ定着しているかを図る、いわば「王道」なものが多いです。

 生徒のみなさんにとっては、勉強しがいがあるはず。だって、しっかりテスト勉強をすれば、ちゃんと結果につながるような出題なのですから。これはありがたいことなんですよ。

 都会の学校では、「100点満点をとらせないために」とかいうわけのわからない理由で、中学レベルを逸脱しているようなとんでもない難問を出題する先生もいるようですから。授業で扱ってもいない、私立入試の問題をそのまま転用しちゃう、いわば「悪問」。そんなテスト、イヤですよねぇ。テスト勉強をする気がなくなってしまいます。
 
 
 

 さて、話を戻します。

 今回、さくらっ子にテスト問題を見せてもらい、実際に私も解いてみたのですが、いくつか気になる出題がありました。

 それらをちょっとメモしておきます。

 中学校の先生方を批判する意図ではありません。私はこの自分で書いたブログをあとになって読み返すことが結構あるので、ここにメモさえしておけば「あぁそうだった」と思い出して指導を修正することができるのです。そうです、完全に私の備忘録です(笑)。
 
 
 

●国語の『聞き取り検査』や『条件作文』は、通常の授業で扱っているのだろうか。

 定期テストは、「その期間に学んだことがどれだけ身についているか」「その期間に行った指導にどれだけ効果があったか」、学習者・指導者の双方がチェックするためにあるもの(だと私は考えている)。

 授業で扱っていないなら、定期テストに出題するのは違和感がある。
 
 

●国語、暗記前提での教科書本文の穴埋め。これを定期テストでやるのは、文科省のイメージする改革の方向と真逆ではないだろうか。

 暗記チェックなら授業で生徒たちにはたらきかけ、休み時間などを使ってどんどん挑戦させ、クリアできたら知識・理解(または関心・意欲・態度)に加点する、でよいのでは。
 
 

●社会の『時事問題』。これも授業中に扱っているのだろうか。

 今、中学生に知ってほしい時事を、地理・歴史・公民と関連付けながら語る。そういう授業をしていないなら、定期テストに出題すべきでないように思う。
 
 

●1問6点という配点のテストがあって驚かされた。

 これではさすがにバランスが崩れてしまいそう。しかもそれが2問も。このテストで内申点が確定することを考えると、ちょっと、なぁ・・・。
 
 

●記述問題の採点、基準の明確化を。

 大学入試でも記述式の問題について大きな話題を呼んだのは、その採点基準だった。定期テストでも、記述問題にはやはり採点基準の明確化・オープン化を検討してほしい。答案返却の際に、もう少しだけ丁寧に解説していただけると、生徒もスッキリするし、理解も深まるはず。
 
 
 

1年英語の平均点はどうなったかな

 はい、最後の話題です。

 期末テストの前に、1年英語についてこんな記事を書いていました。
 

1年英語は Unit 7 から一気に難しくなるので要注意!
屋根の職人さんたちを見かけることが増えてきました。こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。  今日のブログは、1年英語について。 もうすぐ2学期期末テストですが、今回の英語の平均点、かなり下がるこ...

 
 難所の Unit 7 が出題範囲になるので、平均点が下がるかも・・・というお話。 今あらためて読み返すと、我ながらよく書けている記事だと思います。えぇ自画自賛ですとも。アクセス数はイマイチでしたが(笑)。
 
 

 さて、1年英語の平均点、どうなったかな。
 
 
 

君津中 1年生 2学期期末テストの平均点

 
 
 うーん、やはり英語の平均点が 55点にまで急落しましたね。
 

 今回英語の得点が伸びなかった人へ。

 「たまたま失敗しただけで、ホントはもっといい点取れるもん」などと甘く考えるのではなく、深刻に受け止めるべきです。英語は積み上げ型の教科です。今のまま放置していると、学校の授業についていくことすら難しくなっていきますよ。

 もう一度期末テストの問題を解き直して、どこがわからなくなっているのか、さがしてみましょう。そして英語の先生のところへ行き、どのように勉強するべきか、相談してみるのがよいでしょう。
 
 

 (・・・ねぇ、社会と数学もマズイじゃないの。いったいどうしたの、君中1年生???)
 
 

周西南中 1年生 2学期期末テストの平均点

 
 
 うわぁ、あの出題範囲で平均 77点ですとぉ!?

 これは素晴らしい!!!
 
 

 (・・・英語はいいけど、社会どうしちゃったん? 南中1年生も社会がアカンのか???)

 
 
 
 
 
 以上、2学期期末テストのまとめ記事でした。
 
 
 

それでは今日はこのあたりで失礼します。

 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました