今は中3生が精神的に不安定になりやすい時期かもしれません

ローカルなお話

2年さくらっ子がブルテ一発合格したよ! 大喜びのなまはげおじさんです、こんにちは。さくら塾のブログへようこそ。

 
 この地域でもう20年以上中学生と向き合ってきていますが、中学校の年間行事予定って、ほとんど変わっていないんですよね。ほとんど毎年同じリズムのくり返し。

 ですから、この時期になると中3生は不安定になるよなぁ・・・という期間が、毎年同じような頃に訪れます。おそらく、中学校の先生方も同じようなことを感じていらっしゃるのでは。どうかな。
 

 私が感じている、中3生が精神的に不安定になりやすい時期は、以下のとおり。
 
 

 
 
 まずは春、新年度当初。

 この時期に不安定になりがちなのが、女子生徒です。どこかのグループにおさまることができればよいのですが、それがうまくいかないと、気持ちがかなりしんどいことになってしまいます。

 特に今年は十連休もあり、3年さくらっ子をヒヤヒヤしながら見守っていました。
 
 

 次が夏、部活動引退。

 男女問わず、体を動かすことが好きな生徒が不安定になりがち。ちょうど夏休みに突入することもあり、悪い条件が重なると2学期始業式には別人になって現れるようなことも。
 
 

 2学期、体育祭。

 学校を挙げてのお祭りですから、盛り上がりが終わったあとの落差が大きい。もうみんなで大騒ぎできるような行事はありませんからね。元気な男子が不安定になりがち。
 
 

 そして今、合唱終了。

 最後の行事が終わり、定期テスト・復習確認テスト・三者面談が毎月連続します。いやでも卒業後の進路を真正面から考えなければなりません。この時期に心配なのは女子生徒ですね。

 ごく近い将来への不安や怖さからか、心の余裕のなさが原因か、人間関係のトラブルが起こりがちになります。気配りや思いやりといったあたたかな気持ちも薄れがちになり、炎上に延焼、二次・三次のトラブルにも巻き込まれがちになります。
 
 

 内房エリアで中3生のお子さんをお持ちの保護者のみなさん、しばらくの間はお子さんのようすをいつも以上に注意深く見守ってあげてください。

 すでに受験だけでも相当の心的負担になっているはず。これ以上背負わせることはありませんからね。
 
 

 期末テストが終わる頃になれば、みな受験生として覚悟を決めるようになりますから、トラブルも少なくなっていきます。毎年、ね。
 

 今は、注意すべき時期です。

 ちょいとアンテナを高く保ってくださいね。
 
 
 

何かあったら、まずはじっくり話を聞いてあげてくださいね。それでは今日はこのあたりで失礼します。

 

この記事についてのコメント

タイトルとURLをコピーしました