【2019】2学期中間テストの結果、全公開します

お知らせ

大家さんから養生テープをいただきました。なまはげおじさんです、こんにちは。さくら塾のブログへようこそ。

 
 今日のブログは、2学期中間テストの結果報告です。

 テストが終わってから11日ほど経過しましたが、実はいまだに全員分の答案用紙は集まっていません。どのようなミスがあったのか確認してから結果報告をしたかったんですけどね。得点は判明しましたので、この特集記事を作成することにしました。

 巨大台風19号の影響で、直前の仕上げが心配されましたが、結果やいかに。
 
 
 

5科計の結果

 ちっちゃな塾ですので、学年別にした詳細なデータを掲載すると、だれの得点なのかすぐに特定されてしまいます。そこで、3学年すべてのさくらっ子の資料をいっしょに集計したものを公開いたします。これがさくら塾のいつもの形式、あらかじめご了承ください。 

 なお、一の位は切り捨てて表示しております。例えば、397点であれば 390 としてあります。生徒の特定を避けるためです。ですから、もし 390 とあれば、「あぁ、390点台の生徒がひとりいるのだな」ととらえてください。

 それでは、こちらが2学期中間テストの5科計集計結果です。
 
 

 
 
 平均447点。

 もう少し、とらせてあげたかったなぁ・・・。
 

 直前の週末に巨大台風が通過していった影響は、やっぱり少なからずあると思います。
 

 金曜から強風が吹き荒れて騒々しかったですし、土曜はまるで勉強するなといわんばかりの大嵐、日曜は台風の後片付け。集中してテスト勉強できた人なんて、いなかったのではないでしょうか。

 週末にみんなで集まってテスト勉強をする『桜吹雪の日』というイベントがあるのですが、台風のせいで結局まるまる中止になってしまいましたし・・・。

 そう考えたら、みなよく頑張ったと言って差し支えない・・・でしょう。
 
 

 データが少ないですよね。

 これで在籍生徒全員です。

 人数が少ないのです。

 ただいま生徒募集期間でございます。

 コチラをお読みください。
 

【20年度】新年度生の募集について

 
 
 

教科別の結果

 はい、続きです。
 

 さくら塾では、5教科すべてに等しい時間を割り当てて指導しているわけではありません。後期の通常授業では数学・英語・理科をメインに授業をし、テストが近づくと国語・社会にスポットをあてています。

 この方式だと(数学・英語・理科はいいとしても)国語・社会が心配だ、という声がありそうなので、科目別の成績を掲載してみます。こんな書き方をするとさも自信ありげに見えそうですが、実はテスト直前の授業が台風のために中止になってしまったこともあり、国語と社会がほとんどノータッチに・・・。

 学年ごちゃまぜにしての教科別であれば個人の特定は難しいですから、得点をそのままオープンにしますね。

 

数学

 
 
 コツコツ努力してきても、本番で計算ミスをやってしまうことはあります。この数学という教科は、どうしても不安定なところがあります。みんな90点台をとれるだけの基礎学力はあるのになぁ。

ぐやぢい

 
 
 

英語

 
 
 全員が90点台をとることができました。

 2学期になってだいぶ難しくなってきたのに。

 これはうれしかったなぁ。

さくらっ子
さくらっ子

やったぁ!

 
 
 

理科

 
 
 今回は定期テストにふさわしい基礎的な出題が多かったので、もう少しとれてもよかったかなぁというのが本音です。

さくらっ子
さくらっ子

もうちょい

 
 
 

国語

 
 
 はい、精進いたします。点数の伸びなかったさくらっ子は、みな準備不足ですよ。まずは、ちゃんと漢字が書けるようにならんといけませんなぁ・・・。

「芭蕉」でなんでバツなの?

 
 
 

社会

 
 
 この教科ももう少しとれてたなぁ。いつもより仕上がりがいまいちといった印象。台風の影響をもっとも受けた教科はこの社会科だったかもしれません。

ぐぬぬ

 
 
 

90×5=450

 最後に、1学期期末テストのときと同じお話を。
 

 ひとつめ。
 さくらっ子のみなさんが地道に歩んできた道のりは、けっして間違った方向には行っていません。今回喜んだ人もそうでなかった人も、コツコツと努力を積み重ねていく気持ちを大切にしていきましょう。
 

 ふたつめ。
 次回、11月の2学期期末テストの目標点も、全教科90点以上・5科計450点です。いつも同じ数字ですけどね。どの教科でも90点以上を目指すのです!
 

 みっつめ。
 テスト勉強は、短期集中型の学習です。短期集中型で学んだことは、比較的短い時間で忘れていってしまいます。3週間から1ヶ月空けてから復習すると、長期記憶に置き換わりやすくなることが知られています。
 特に1・2年生は、出題範囲表が配布されるまでに、中間テストの出題範囲について、復習し直すとよいでしょう。この2学期は中間-期末の間隔が狭いので、中間テストの範囲からまた出題されることもあるかもしれませんよ。長期記憶になることも期待できますし、一石二鳥かも。
 

 
 以上、2学期2中間テストの特集記事でした。
 
 
 

風邪気味のさくらっ子が現れ始めています。みなさんお気をつけください。それでは今日はこのあたりで失礼します。

 

【20年度】新年度生の募集について

 

この記事についてのコメント