千葉県公立高校入試のシステムを知ろう! 『調査書』前編

千葉県の高校入試

こちら千葉県君津市にあるちっちゃな進学塾、さくら塾ですよ。こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。

 シリーズ『千葉県公立入試のシステムを知ろう!』の第2弾です。
 過去記事はコチラ。
 

千葉県公立高校入試のシステムを知ろう! スケジュール前編 
ゲリラ豪雨とたたかう夏。こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。 入試全体のスケジュールをつかもう  公立上位校への進学を本気で目指すなら、勉強そのものをがんばるのは当然のこととして、受験のシステ...
千葉県公立高校入試のシステムを知ろう! スケジュール後編
えぇい、吉本ではなく台風の情報を教えてくれ! こんにちは、なまはげおじさんです。さくら塾のブログへようこそ。   シリーズものです。 「スケジュール前編」はコチラ。   それでは続きでございます。 2学期以降の...

 
 国立・県立・市立・私立とさまざまな高校がありますが、どこを受験するにしても必要になる書類が『調査書』です。

 千葉県公立高校入試のシステムを語るこのシリーズでも、絶対に外せないキーワードです。そこで今日は、『調査書』の特集記事をお送りします。
 

これが千葉県の『調査書』です

 『調査書』とは、中学校でこのような生活を送っていた生徒ですよ、という自己紹介シートのようなものとお考えください。学習の記録や出欠の記録、特別活動の記録などで構成されています。

 こちらが千葉県の形式です。
 

 
 うーん、細かい。
 『調査書』というより、もはや表ですよね。「学級活動」はココ、「生徒会活動」はココ、「学校行事」はココ、といった具合にこの欄にはこれを書くという区分けがキッチリされています。
 こうしたほうが、受け取る高校側としては処理がラクなのでしょう。
 

 千葉県方式の『調査書』で、もっとも注目すべきなのは、「必修教科の評定」です。画像を拡大したものがコチラです。
 

 
 千葉県の『調査書』では、3年生だけでなく、1・2年生の成績(=内申点と呼ばれます。5段階評定です。)も記載されるのです。千葉県の中学生は、1年生のうちから手を抜くことなくしっかりやらなければなりません。これが、神奈川県や東京都との大きな違いです。

 ・・・神奈川県や東京都の『調査書』、見てみます?
 
 

神奈川県の『調査書』

 ネットで検索してみました。
 やはり千葉県のものとはいろいろ異なりますねぇ。
 

 
 千葉県との最大の違いは、1年生の成績についての欄がないこと。高校側が知りたいのは、2年・3年での成績だけということでしょうか。

 1年生の時に「1」をとっていたとしても、一切関係ナシなんですねぇ。神奈川県の中学生は、ヤンチャをするのは1年生まで、なんて合言葉があったりして(笑)。
 

 成績についてもうひとつ。
 各教科の評定だけでなく、観点別評価についても記載するようです。細かいなぁ。高校の先生方も「関心・意欲・態度」をチェックしたりするんでしょうか。・・・しないよなぁ(笑)。
 

 学習の記録以外は、千葉県のものよりだいぶ簡略化されている印象です。「特別活動の記録」とあるだけで、「学級活動」「生徒会活動」「学校行事」と分かれてはいません。これいいですね。学校行事で目立つ活躍ができなかったとしても、千葉県と違ってそれ専用の欄がないので気に病まなくていい。

 ほかには、「出欠の記録」「行動の記録」「部活動の記録」の欄もありませんね。「出欠の記録」は高校側のもっとも知りたいデータのひとつですから、「行動の記録及び所見」あたりに記載するようになっているのでしょう。ちがうかな?
 

東京都の『調査書』

 東京都の現行のものは見つけられなかったので、古いデータをダウンロードしたり情報をつなぎ合わせたりして自作してみました。

 剛田武くんという架空の生徒をイメージしたのですが、
 

 
 それについては深い意味はないのでツッコミはナシでお願いします。

 東京都の『調査書』、だいたいこんな感じのようです。
 

 
 横長スタイルなんですね。見やすいなぁ。

 注目は、「各教科の学習の記録」。
 1年生どころか、2年生の成績を記入する欄もない
 都立入試で使われるのは、3年生の評定のみです。

 1・2年生の時には提出物なんて一切提出せず、授業中は寝てばかりで、定期テストも勉強しないから全教科がひどい点数、とにかくあらゆることをダラダラやっていた・・・としても、3年生になってからしっかりやれば入試は(書類上は)OKということなのでしょうか。

 その反対に、1・2年生のころからまじめにコツコツがんばっていたのに、体調不良などで3年生の定期テストに大失敗したら、・・・悲劇でしょうね。
 

 ちなみに、都立入試では、本番でテストをやらない音楽・美術・保体・技家の4教科の内申点を2倍するのだそうです。ジャイアn剛田くんの場合は、

 (2+5+5+3)×2+(5+3+3+5+4)

 という計算をして、換算内申50点(満点65点)となるそうです。
 4教科のウエイトが重い!
 音楽や美術の先生に嫌われたら、もうそれだけで大ピンチですな。
 

 いやぁ、東京都方式はコワイですなぁ・・・。

 なまはげおじさんは、千葉県方式のほうがいいなぁ。
 
 

 はい、本日のまとめ。
 

 千葉県の中学生は、1年生からコツコツがんばろう!

 
  

千葉県の『調査書』の具体的な解説は、後編で特集します。それでは今日はこのあたりで失礼します。 

 
 
 
 続きはコチラ。
 

千葉県公立高校入試のシステムを知ろう! 『調査書』中編
君高の学校説明会、蒸し暑かろうなぁ。心配しているなまはげおじさんです、こんにちは。さくら塾のブログへようこそ。  シリーズ『千葉県公立入試のシステムを知ろう!』の第2弾・調査書編です。 前編はコチラ。   前編...

タグ さくら塾 君津 千葉 進学塾 公立上位校 木更津高校 君津高校 木高 君高 高校入試

この記事についてのコメント