十連休が終わり日常が戻って来るのですがさくらっ子のみなさん準備はよろしいか

なまはげコラム

いつものメガネを修理に出しました。別のおもしろメガネでがんばるなまはげおじさんです、こんにちは。今日はさくらっ子向けの内容です。

最終日の今日は「調整日」にしましょう 

 新年度が始まって1カ月もたたないうちに入った十連休。
 4月にクラスみんなでつくったルールや人間関係など、すべてさっぱり忘れ去られてしまっているのではないかと心配しているなまはげおじさんでございます。

 関連記事はこちら。 

今年はクラスの人間関係が落ち着くまでに時間がかかりそうでちょいと心配
おぉシティよ、おまえもか。こんにちは、なまはげおじさんです。つながりを作っておきましょう 学校の新年度2週間目も終わろうとしています。 さくらっ子たちも、そろそろ新しい環境になじみ始めてきたところでしょうか。 ママ...

 心配性のなまはげおじさん(笑)。

 まぁあまり心配ばかりしていてもおもしろくないですし、頭髪が抜けていってしまいますから、現実的かつ前向きに、十連休の最終日を過ごしたいものです。

 明日から久しぶりに学校生活が再開されます。
 日常が戻って来るのです。

 
 ・・・ワクワクします?
 それとも、気分が落ち込んじゃいます?

 どちらにしても、連休気分のまま日常に戻ると、いろいろと失敗してしまったりする可能性が高くなりそうですよね。
 

 そこで十連休最終日の今日を、「調整日」にすることを提案します

 さくらっ子のみなさん。
 アタマとココロの両方を調整して、明日からに備えましょう。

まずは、予定の確認をしましょう

 連休明け、ほとんどの学校が生徒総会でスタートかな。
 

 
 生徒総会のほかにも、すぐに復習確認テストが予定されていたり、はたまた修学旅行があったり、なかなかのハードスケジュール。連休ボケなんてしてられませんね。

 さくらっ子のみなさん(特に3年生)は、学習面についてPDCAサイクルを強く意識していると思います。PDCAサイクルは、学校生活にも活かせます。場当たり的に活動するのも楽しいものですが、それではちょっとこどもっぽいですよね。このあと何の行事があるのかを視野に入れて、計画し・活動し・ふり返り・改善していく。このサイクルを回していくことでクラスは洗練されていきますし、雰囲気が良くなっていきます。

 ・・・というわけで、十連休最終日の今日は、学校が再開されたらどのような予定があるか、確認しておくことを強く推奨します。まずは、P(=計画する)からですね。

 予定の確認をするだけでも、アタマもココロも、自然と学校モードに切り替わっていくはずです。

次に、やるべきことの整理をしましょう

 学校行事の予定は、みんなでやること。
 それとは別に、あなた自身だけのやるべきこと、これの整理をしましょう。

 小学生とは異なり、中学生くらいになると、人それぞれやるべきことがいろいろたまってきますよね。
 そしてそれが、漠然としたプレッシャーになり、いつもモヤモヤしたものを抱えているような気持ちになりませんか? こうなるともはや、ちょっとしたストレス要因ですよね。

 そこで、やるべきことの整理です。ここでいう「整理」とは、いわゆる「見える化」のことですね。『To do リスト』を作成するわけです。1・2年さくらっ子は to do とか言われても何のことだかわからないと思いますので、『やることリスト』でOKですよ。

 3年さくらっ子、something to do のリスト、ってことですよね。
 不定詞の形容詞的用法でございますぞ、もちろんわかっていましたよね?

 『To do リスト』は、そんなに工夫をこらしたものにする必要はありませんよ。ササッと作ればよいのです。例えばこんな感じ。

 
 こうして、自分自身のやるべきことを見える化してあげると、アタマの中がそのぶんだけクリアになるのです。
 するとモヤモヤが晴れていきますから、ココロもラクになってきます

 また、『To do リスト』作成によって、優先的にやるべきことは何かに気づけるかもしれません。

 
 さっそく作ってみます?
 カラフルなものにする必要はないでんですよ。
 時間がもったいないので、ササッと作るのがコツですよ。

そして、準備すべきものを確認しましょう

 さくらっ子のみなさん、十連休明けの明日、学校に提出すべきものはありませんか
 連休明けから怒られてしまうようなことのないようにね。

 また、明日の授業は何の教科がありますか。
 どんな単元を学びますか。
 教科書・ノートをカバンに入れましょう。

 そして、校外学習に必要になるものはもう揃えましたか。
 事前にあわてて買いそろえることになるよりも、今のうちに余裕を持って準備する方がよいかもしれませんよ。
 これについては、お家の方と相談してくださいね。

時間が許すなら、ぜひ読書を

 さくらっ子のみなさん、ここまで読んでくれてありがとうね。

 どうでしょう。
 だんだんと、日常モードに切り替わってきましたか?

 ただね、あんまり急いで日常モードに切り替えてしまうと、ココロがビックリしてしまうかもしれません。

 そんなときには読書がいいですよ。
 どんなジャンルのものでも構いません。
 本の世界に没頭することで、ココロをリラックスさせてあげましょう。

 時間が許すなら、ぜひ読書を楽しんで、十連休を締めくくってください。

 そこまで含めて、十連休最終日の今日は「調整日」にしてください。

だいじょうぶ、なんとかなる 

 おまけ。
 今年に限っての話ですが、この地域の中学校の1学期は、次の4つのパートに分けられると考えています。
 

 第1期 新年度スタートから十連休まで
     ・新たな学校生活のスタート
     ・とりあえずの人間関係の構築

 第2期 十連休明けから校外学習まで
     ・人間関係の再構築=クラス内での居場所づくり
     ・学校生活への不適応を起こす生徒が現れ始める?

 第3期 校外学習のまとめから期末テストまで
     ・学校全体がようやく勉強モードに?
     ・クラスへの不適応を起こす生徒が現れ始める?

 第4期 期末テストの答案返却から終業式まで
     ・2学期の体育祭&合唱の役員決め
     ・部活動全力モードスタート?
     ・勉強は再び忘れ去られてしまうのか(笑)?

 
 例年は第1期と第2期がくっついているのですが、今年は分けて考えるべきでしょうね。

 めんどうに感じることもあるかもしれないけれど、それでも学校は楽しいよね、と生徒みんなが思えたらステキですよね。
 

 いまクラスでうまくいっているさくらっ子にお願いしたいのは、ときどきでいいのでクラスの中を俯瞰して見て(メタ的に観察して)、ひとりぼっちで過ごしているクラスメイトがいないか気にしてあげてほしいということです。

 そのままそっとしてあげたほうがいいのかもしれないですし、そうではなく話をする輪の中に入れてあげた方がいいのかもしれません。ケースバイケース。どちらにしても、ひとりきりのクラスメイトがいないか気にしてあげてほしいなぁ、そうなまはげおじさんは思うのです。
 

 いまクラスが楽しくないさくらっ子には、無理に輪の中に入ろうとしなくてもいいんだよ、とアドバイスしたいです。

 学校には、塾と違って、さまざまな行事があります。行事は、人間関係を改善していくきっかけという側面もあります。校外学習に体育祭に合唱・・・。もりだくさんの行事があるのです。だいじょうぶ、そのうち何とかなりますって。

 なんだったら開き直って、休み時間は読書タイムにしてもよいのです。ココロも落ち着くでしょうし、本好きな人が声をかけてくるかもしれませんよ。

 
 さて。
 1学期第2期のスタートですよ。
 気持ちも新たに、そして少しだけ肩の力を抜いて、楽しんでいきましょう!

サブメガネは、なぜか目が痛くなるのです・・・ううぅ・・・それでは今日はこのあたりで失礼します。

タグ さくら塾 君津 塾 進学塾 木更津高校 君津高校 木高 君高 高校入試

この記事についてのコメント